平成20年度気仙沼スケートボード協会年間事業報告(気仙沼スケートボード協会報第123号)

画像

平成20年度気仙沼スケートボード協会事業報告

年間事業報告


5月25日
第1回スケートボードスクール
雨天中止。
6月22日
画像

第2回スケートボードスクール
参加者6人
RAMPknockdown(ランプコンテスト)共催
エントリー、ノービスクラス6名。エキスパートクラス、10名。
7月27日
第3回スケートボードスクール
雨天中止
8月24日
第4回スケートボードスクール
雨天中止
9月28日
第5回スケートボードスクール
参加者6人
10月26日
第6回スケートボードスクール
参加者8人
パークスタイルコンテスト共催
エントリー、ノービスクラス、8名。エキスパートクラス、16名。
11月23日
第7回スケートボードスクール
参加者6人

気仙沼スケートボード協会事業の団体活動や地域社会に対する成果、効果


画像

  • 団体活動への成果、効果

  • コーンとパイロンによるセクション管理体制の確立。
  • 地域社会への成果、効果

  • セクション管理体制の確立による一般市民からのクレーム低下。(ほぼゼロ)
    その結果による更なるスケートボードへの理解の増加。
    新規スクール受講者も増えた。

    今年度の事業から見えた課題、解決策


    画像

  • 課題

  • セクション整備が間に合わず大きな大会は行えなかった、
  • 解決策

  • 冬場のセクション整備を充実させる。滑走面のNFボードへのシフトも実現させたい。

    今後の事業展開と施策


  • 今後の事業展開

  • 画像

    スクールリピーターの技術向上。大会運営の充実。
  • その為の施策

  • 大小織り交ぜた大会運営の実施。

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 0

    この記事へのコメント

    きんの
    2008年12月12日 08:02
    最大で最強の敵「雨」にやられた一年だったイメージですよね(>_<)冬場の整備も充実させるとなると冬もケー・ウェーブに来て整備作業するんですか?
    ちば
    2008年12月12日 08:39
    まあ雨はなんともならんので敢えて解決すべき課題とはしなかった。
    整備については冬場でも普通に気仙沼に居たりするので適当にやっときます。

    この記事へのトラックバック