裏夏油日報(捏造とパウダーの狭間で)

Screenshot_20200314-161945~01.png
一関より更新。
IMG_20200313_171745~01.jpg
そんな昨今はパックマン256の60分耐久に挑戦する毎日でしたが
IMG_20200314_091650~01.jpg
昨日は煮詰まったので僅かに降雪のあった夏油高原へ向かいます。内鱒沢ライブカメラ付近から積雪路となり「割と雪付いてるのかも?」とドームに入り準備。その後kimさんらとA0で様子見すると木曜の降雪層がサンクラストした上に5cm程の新雪で「ちょっとマイナスは無いかな?」となる滑走感。そんな様子見の後は本日もsasaさんとササバック理論を検証しながらドームへ帰還し(結局出来てない)
Screenshot_20200314-152557~01.png
サンクラストしていない斜面探して横岳方面へ旅立ちます。その後色々調べて滑走地を横岳コルに定めた後は
Screenshot_20200314-152750~01.png
横岳南壁が安定していたのでビッグマウンテン風写真捏造作成を目指して
Screenshot_20200314-152909~01.png
幾人かが挑戦します。まあなんとかなったかな?(スプレーは飛ばなかったけど)
Screenshot_20200314-152958~01.png
そんな捏造タイムの後は期待の横岳コル北斜面の滑走に入りますが
Screenshot_20200314-153021~01.png
とりあえず一名が罠に嵌り死亡確認(笑)
Screenshot_20200314-153357~01.png
しかし罠を避ければ雪質は非常に良く
Screenshot_20200314-153438~01.png
オマケに某テツ君が以前飛んだナチュラルビッグキッカー通過ルートなんかも出来ます。(目指せ初見でbs540ビタ着)
Screenshot_20200314-153125~01.png
ツリー側も快適。ぶっ飛ばすたっちゃん。 https://t.co/hy18F1y6CI
Screenshot_20200314-153635~01.png
しかしその後のブナ林は相変わらずウネリ激しく未知の地形が連続するので適当な所で滑走停止し
Screenshot_20200314-152641~01.png
木曜に発見した横岳北壁のショートカットルートにて一ゴン山頂駅付近に帰還し(これはホントに不思議な感覚だわ)
IMG_20200314_135341~01.jpg
本日はフードコートのシャッター閉まる事もなくゆっくりカツカレー食べながら写真整理に勤しむ筆者でした。
IMG_20200314_131842~01.jpg
トップ写真は横岳南壁にて筆者。
「お前らは甘い!捏造とはこうするんだー!」と突っ込む筆者でしたが結果は.......。(現地にいた人に聞いてください)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント