アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「バックカントリーツアー」のブログ記事

みんなの「バックカントリーツアー」ブログ

タイトル 日 時
裏夏油mov High Session
裏夏油mov High Session 2017年の夏油高原と栗駒ハイシーズンを勝手に振り返ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/24 10:12
裏夏油日報(危険だらけの………)
裏夏油日報(危険だらけの………) 気仙沼より更新。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/02 19:28
裏夏油日報(ハイエリア散歩)
裏夏油日報(ハイエリア散歩) 一関より更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/31 06:21
裏夏油日報(遂に彼処へ.........)
裏夏油日報(遂に彼処へ.........) 仙台プレミアムアウトレットより更新。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/28 13:38
裏夏油日報(中毒斜面)
裏夏油日報(中毒斜面) キャンプグランドベアーベルより更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/27 05:54
栗駒日報(裏掛けの壁にて)
栗駒日報(裏掛けの壁にて) 一関より更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/03/26 06:43
裏夏油日報(ラストパウダー間近?)
裏夏油日報(ラストパウダー間近?) 一関より更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/24 06:51
裏夏油日報(噂の斜面ルート化、名前はまだ無い)
裏夏油日報(噂の斜面ルート化、名前はまだ無い) 一関より更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/19 05:33
裏夏油日報(久々に裏夏油フロンティア、噂の斜面へ)
裏夏油日報(久々に裏夏油フロンティア、噂の斜面へ) 気仙沼より更新。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/13 22:00
裏夏油日報(311セッション、人海戦術ak)
裏夏油日報(311セッション、人海戦術ak) 一関より更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/12 06:47
裏夏油日報(雑誌撮影四日目、雪の筆者最終日)
裏夏油日報(雑誌撮影四日目、雪の筆者最終日) 一関より更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/08 06:35
裏夏油日報(撮影三日目、雪降らない)
裏夏油日報(撮影三日目、雪降らない) 夏油高原スキーヤーズベッドより更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/07 06:15
裏夏油日報(撮影二日目、横岳にて)
裏夏油日報(撮影二日目、横岳にて) 夏油高原駐車場より更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/06 06:00
裏夏油日報(撮影取材初日です)
裏夏油日報(撮影取材初日です) 一関より更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/05 06:08
栗駒日報(青抜け安定 雪質千変万化)
栗駒日報(青抜け安定 雪質千変万化) 一関より更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/01 08:55
裏夏油日報(兎森越え三日目 ak)
裏夏油日報(兎森越え三日目 ak) すき家より更新(これは落ち着かない) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/28 07:05
裏夏油日報(二日連続兎森)
裏夏油日報(二日連続兎森) 夏油高原カフェテリアより更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/26 20:31
裏夏油日報(久留米よりの来客)
裏夏油日報(久留米よりの来客) 一関から更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/26 06:56
裏夏油日報(天候安定、雪も安定)
裏夏油日報(天候安定、雪も安定) 一関より更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/15 05:36
裏夏油日報(爆風でしたが)
裏夏油日報(爆風でしたが) ガストより更新 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/02/14 07:06
裏夏油日報(パックだらけなので)
裏夏油日報(パックだらけなので) 夏油高原カフェテリアより更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/12 18:49
裏夏油日報(南岸接近前に)
裏夏油日報(南岸接近前に) 一関より更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/10 05:54
裏夏油日報(良い雪探して兎森)
裏夏油日報(良い雪探して兎森) 一関より更新。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/02/07 06:01
裏夏油日報(スプリット部隊でakツアー)
裏夏油日報(スプリット部隊でakツアー) 夏油高原カフェテリアより更新。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/02/05 20:25
裏夏油日報(S字前から上部雪庇斜面へ)
裏夏油日報(S字前から上部雪庇斜面へ) 久々にぶっコケてムチウチ気味な筆者です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/01 06:01
裏夏油日報(ベタ雪初シューターからマイナス谷踏査など)
裏夏油日報(ベタ雪初シューターからマイナス谷踏査など) 本日も夏油高原カフェテリアより更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/30 15:37
裏夏油日報(晴天パウダー)
裏夏油日報(晴天パウダー) 夏油高原カフェテリアより更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/29 16:38
裏夏油日報(マイナス3踏査へ)
裏夏油日報(マイナス3踏査へ) 一関より更新。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/22 06:15
裏夏油日報(いとーくんのスプリット修行)
裏夏油日報(いとーくんのスプリット修行) 久々にガストより更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/17 07:23
須川日報(ラスト滑走かな?)
須川日報(ラスト滑走かな?) 久々に更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/05/04 07:20
栗駒日報(東栗駒山滑走)
栗駒日報(東栗駒山滑走) 一関より更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/28 06:34
裏夏油日報(ラストパウダーなのかな?)
裏夏油日報(ラストパウダーなのかな?) 一関より更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/26 05:41
栗駒日報(晴天快晴からの)
栗駒日報(晴天快晴からの) 気仙沼より更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/06 21:16
裏夏油日報(取材最終日)
裏夏油日報(取材最終日) 気仙沼より更新。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/04 17:35
裏夏油日報(akでthe day後編)
裏夏油日報(akでthe day後編) 前回より続く。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/29 17:26
裏夏油日報(akでthe day前編)
裏夏油日報(akでthe day前編) 気仙沼より更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/28 19:45
裏夏油日報(激重からパウダーまで)
裏夏油日報(激重からパウダーまで) まーた雨っぽいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/19 06:33
裏夏油日報(ピステパウダーの日)
裏夏油日報(ピステパウダーの日) 気仙沼より更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/17 16:23
裏夏油日報(兎森北壁ルート開通)
裏夏油日報(兎森北壁ルート開通) 枝豆食べながら更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/12 06:12
裏夏油日報(ピステから山まで)
裏夏油日報(ピステから山まで) 久々にTSUTAYAのカフェから更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/02/10 17:20
裏夏油日報(低温+晴天+良雪=最高)
裏夏油日報(低温+晴天+良雪=最高) えびせん食いつつ更新。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/08 06:47
裏夏油日報(第三回名無し踏査からの地獄巡り)
裏夏油日報(第三回名無し踏査からの地獄巡り) 国体結果見ながら更新。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/07 05:50
裏夏油日報(好天悪雪)
裏夏油日報(好天悪雪) 今日もウメハラ読みながら更新。(アキバセガ懐かしい) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/05 05:40
裏夏油日報(マイナス3からの)
裏夏油日報(マイナス3からの) 久々にガストより更新。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/01 13:38
裏夏油日報(マイナス谷踏査からの)
裏夏油日報(マイナス谷踏査からの) ウメハラ読みながら更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/31 05:46
裏夏油日報(第一回マイナス踏査)
裏夏油日報(第一回マイナス踏査) 今日も一関から更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/27 06:20
裏夏油日報(第二回兎森踏査)
裏夏油日報(第二回兎森踏査) 今日も一関から更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/24 06:13
裏夏油日報(山頂ボウル踏査)
裏夏油日報(山頂ボウル踏査) 今日も一関から更新 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/17 06:15
須川日報(ラスト滑走?)
須川日報(ラスト滑走?) 一関より更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/10 06:50
須川日報(ギリギリ感)
須川日報(ギリギリ感) 初夏を感じるこの頃。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/05/03 09:25
栗駒日報(ラストいわかがみ平はアドベンチャー)
気仙沼より更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/27 21:48
裏夏油日報(ラストかな?)
忘れた頃に更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/24 06:15
栗駒日報(東栗駒にて)
久しぶりにガストより更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2015/04/13 07:52
栗駒日報(久しぶりに大日沢)
一関より更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/04/05 06:03
裏夏油日報(ラストパウダーなのかな?)
久々に更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/27 06:03
栗駒日報(御駒ヶ岳探訪)
久しぶりに更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/22 06:28
裏夏油日報(今季ベストパウダー?)
一関より更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/15 06:25
栗駒日報(ガスガス)
はい、昨日は久しぶりに夏油を離れ栗駒に向かってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/08 06:52
裏夏油日報(撮影最終日)
一関より更新。 さて火曜より某誌の撮影班と合流した筆者でしたが ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/03/07 06:24
裏夏油日報(良い雪を探して)
一関より更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/04 06:42
裏夏油日報(重雪)
一関より更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/01 06:29
裏夏油日報(戻ってまいりました)
誤って蔵王の記事削除してしまった筆者です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/20 16:20
裏夏油日報(またパウダーあり)
久しぶりに夏油行ってない筆者です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/06 16:05
裏夏油日報(パウダーはあった)
一関より更新。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/05 03:06
裏夏油日報(困った時は名無し山)
恵方巻食べながら更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/01 06:04
栗駒日報(雪質色々)
今日はガストより更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/01/26 07:51
裏夏油日報(練習日?)
一関より更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/24 05:21
裏夏油日報(吹雪)
さてノコノコと昨日も夏油高原へ向かってみた訳ですが ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/01/18 05:29
裏夏油日報(色々テスト)
ガストより更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/16 17:29
裏夏油日報(午後の部 名無し山紀行)
そんな午前の部も終わり一休憩した筆者は板をスプリットに変えて13時頃午後の部を始動。とりあえず一ゴンで今季初マイナス踏査と思ったのだが外に出てみたらガラガラと閉まっていく一ゴンシャッター。なんとも凄いタイミングで一ゴン運休となり路頭に迷う筆者だったが気を取り直しニゴン乗車。名無し山踏査に向かう事とした。(既にS君登坂済みだが) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/01/14 06:17
栗駒日報(大日沢にて)
さて、忘れた頃に更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/30 03:55
栗駒日報(ラスト御沢かな?)
久しぶりに朝ガストより更新。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/19 09:51
栗駒日報(敗退ですね)
久しぶりに夏油以外の山に向かいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/04/03 18:52
裏夏油日報(徳島さん係最終日)
前日の赤福折詰騒動も静まらぬまま ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2014/03/23 20:22
裏夏油日報(パックの日)
遂に徳島さんに見つかってしまいました………。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/03/23 05:54
裏夏油日報(練習日でしたが)
久しぶりに気仙沼より更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/17 20:06
裏夏油日報(午後の部 秘境マイナス4へ)
さて午後の部です。 兎森方面から帰還し一息ついた後は二班に別れ午後の部が始まり ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2014/03/16 21:32
裏夏油日報(モナカ時々パウダー)
三月も半ばを過ぎましたね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/16 08:47
裏夏油日報(撮影最終日 悪天候再び)
黙祷のタイミングを初めて気仙沼で過ごした筆者です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/03/11 18:12
裏夏油日報(撮影三日目、晴天にて)
311を久しぶりに気仙沼で過ごす筆者です。 さて撮影三日目の日曜日、天気予報に反して何故か良い天気の夏油高原に意気揚々と到着した筆者でしたが荷物を下ろして定位置に向かおうとすると何故かブーツインナーの片方が無いと言う異常事態に気づく(どうなってんだよ)。どうすればこうなるんだろー?となりながらも「撮影どうすんの?」とか「レンタルでインナーだけ借りれんのかな?」とか思いは逡巡。その後、定位置につき「ブーツインナーが片方無いよー」とか状況説明して爆笑されたあとにインフォメーションに行ったらなん... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/03/11 10:30
裏夏油日報(雪地獄散歩)
今季、夏油のパンフレットって何回位修正してんのかなー?とふと疑問に思った筆者です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2014/03/09 04:01
裏夏油日報(なんとも猛烈な降りの日)
久しぶりに裏夏油日報です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/08 05:20
八甲田日報(二日目、雪降った)
自宅より更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/03/03 22:45
八甲田日報(硫黄岳にて)
八甲田山荘より更新。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/03/02 19:43
裏夏油日報(またもやak方面、敗北編)
今回の八甲田遠征にて晴天伝説崩れそうですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/26 06:56
裏夏油日報(午後の部へ)
ガストの女子会率高くて怖い筆者です。 さてakツアー終えて定位置に帰還した筆者さんは午後の部はSらさん係となり ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/25 19:40
裏夏油日報(連日ak,akにて)
再びガストから更新(ガストに住んだ方が良いな) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/02/25 18:14
裏夏油日報(連日ak、スタートボウルにて)
またガストより更新(そんなにガストが好きなのか、俺?) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/25 07:37
裏夏油日報(午後の部)
さて今季初akツアーを終え定位置に帰還した筆者は ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/02/24 21:15
裏夏油日報(今季初akツアー後編)
前回より続く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/02/24 20:11
裏夏油日報(今季初akツアー前編)
久しぶりに水沢ガストより更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2014/02/24 18:39
裏夏油日報(外人の本気?)
冷麺祭りのヤマトより更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/21 18:22
裏夏油日報(嵐の前の静けさに)
前回程の雪降りとなっていなくて安堵の筆者です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/15 05:57
裏夏油日報(終章 名無し山も爆撃)
久しぶりにTSUTAYAのカフェより更新。 前回より続き名無し山鞍部へ到達した一行は名無し山観光登山に入り ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/13 19:21
裏夏油日報(中盤 兎森北璧路爆撃)
格之進でたらふく肉食った筆者です。 それでは前回から続きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/13 03:29
裏夏油日報(序盤戦 マイナスにて)
ワイドショーはスノーボードネタ満載なんでしょうか? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2014/02/12 13:55
裏夏油日報(本日も良い雪)
朝ガストより更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/11 06:51
裏夏油日報(南低の日だったが)
久しぶりに夏油高原温泉より更新。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

2014/02/09 19:41
裏夏油日報(天候激変)
初めて風邪でぶっ倒れた倅を見た筆者です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

2014/01/29 15:36
裏夏油日報(またもやパウダー探索)
今日もガストより更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/27 19:55
裏夏油日報(パウダー探索)
久しぶりに夏油高原温泉から柿ピー食べながら更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2014/01/26 19:48
裏夏油日報(まだ深い)
連日のラッセルに体重減少の筆者です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/22 13:09
裏夏油日報(午後の部 ボワンボワン天国へ)
さて午後の部です。 12時キッカリに一ゴン乗り込んだ一行は軽い雪が有ると思われるマイナスへと旅立った訳だがしかしそこにあったのは連絡路を突破出来ない程の深く重い雪……。結局連絡路の突破は諦めてツボ足でマイナストップへ向かったがそこから先の林間もかなり深く重くリードの筆者は殆ど動けなかった(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2014/01/21 06:46
裏夏油日報(午後の部 夏油ボウル踏査へ)
はい、午後の部です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2014/01/18 06:27
裏夏油日報(初マイナス踏査へ)
さて勢いでマイナス踏査だ!となったわけだが「装備がありません!」と言う状況もあり全員参加は難しいかと思われたのだが ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2014/01/10 03:29
栗駒日報(栗駒北壁踏査)
さてここ数日栗駒山の真湯ゲートは雪崩と降雪で閉ざされており ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2013/05/11 03:49
栗駒日報(御駒ヶ岳など)
夏油高原営業最終日に一ゴン故障で一ペア営業らしいが二ゴンやれようーと思う筆者です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/06 07:44
栗駒日報(ラストいこいの村は右往左往)
だいぶ咳も収まった筆者です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/24 03:26
月山日報(午後の部 大団円へ)
さて昼休憩も終えた一行は最終バス(ネイチャーセンター前17時10分)に合わせて姥裏一の沢(仮称)を滑る事は決定したが時間的に見て姥ヶ岳をハイクアップするにはまだ早く、かと言ってコースはもうズタズタであまり滑りたくは無い状況。 そんな中思いついたのがかつて無い走りの良さを見せる四谷川を利用した姥ヶ岳東斜面の滑走。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2013/04/17 05:21
月山日報(月山リフトオープン 午前の部)
今日はガストよりのんびり更新。 さて昨日は月山リフトオープン日と言う事で日帰り遠征を仕掛けるべく朝5時に一関インターから4名が出発。一路山形は西川町を目指します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/04/16 14:16
栗駒日報(新雪滑らず)
月山はなかなか良さそうな天気になりそうですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/14 17:44
裏夏油日報(またまたラスト新雪)
栗駒より帰還した筆者です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/04/13 16:07
裏夏油日報(ラスト新雪かな?)
エイプリルフールに嘘をついた事が無い筆者です。(これは嘘) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/04/01 20:05
裏夏油日報(残り物日報)
久しぶりに気仙沼宅から更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/03/28 15:37
裏夏油日報(エンジョイ&エキサイティング)
久々に山の中に戻って来た筆者です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

2013/03/27 05:28
裏夏油日報(圷さん来たる)
夏油でのラストパウダーセッションはいつなのかが気になる筆者です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/03/24 09:17
裏夏油日報(ちょいパウ)
さて久しぶりの夏油スーパードームからの更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 25

2013/03/17 19:03
栗駒日報(御沢滑走へ)
倅さんのスキーデビューを生温かく見守った筆者です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

2013/03/14 06:41
栗駒日報(登頂編)
禍福は糾える縄の如しな筆者です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/13 05:47
裏夏油日報(夏油復活)
311から始まる変化に未だ翻弄される筆者です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2013/03/12 02:28
裏夏油日報(取材協力です)
あまりに素早く八甲田からブーツが届き驚きの筆者です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2013/03/06 06:02
八甲田日報(二日目、見える世界)
はい、八甲田山荘に思い出では無くブーツを置いてきた筆者です。 そんな本日、八甲田遠征二日目は全員6時に起床。朝風呂後は ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2013/03/04 20:29
八甲田日報(初日)
はい、裏夏油会八甲田遠征初日です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2013/03/03 17:33
裏夏油日報(終日良い日)
はい、昨日は4時に一関宅で起床した筆者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/27 06:44
裏夏油日報(ドン深)
本日は早めに夏油高原温泉の床で目覚めた筆者です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/02/24 23:28
裏夏油日報(雪付き薄い日は)
昨日は夏油高原温泉のベッドにて7時に起床。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2013/02/19 06:20
裏夏油日報(ウィンドクラストからフカフカまで)
日付が変わるまで夏油高原温泉の床で寝ていた平常運転の筆者です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2013/02/18 00:51
裏夏油日報(マイナス7本)
体重の減少をなんとか食い止めようと頑張っている筆者です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 19

2013/02/15 19:05
裏夏油日報(普通に良い日?)
はい、本日も夏油高原温泉からの更新、Wi-Fi入るようになってとても快適です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/12 18:04
裏夏油日報(最高雪質)
なんとか日付変更の前に夏油高原温泉の床で目覚めた筆者です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/12 00:15
裏夏油日報(兎森滑降など)
はい、本日は夏油高原温泉より更新しております。写真多過ぎなので簡単に。 まあそんな今日は9時夏油高原入り。宮城蔵王勢など遠征組を吸収しつつ割と大パーティーで10時頃行動開始。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/10 19:54
裏夏油日報
久しぶりに夏油高原温泉からの更新。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/02/04 22:44
裏夏油日報(今季二回目akツアー)
昨日は一関を8時30分に発。好天が予想される夏油高原を目指します。 その後9時30分にドームに入ると平日なのになんかいっぱい定位置に集まり天気も良いしどっか行こうと言う事になり ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2013/02/01 10:38
裏夏油日報
前年の経験から飲み会前に簡単に更新。 本日は朝一から入りましたが ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/28 19:14
裏夏油日報(何気にtheday)
ミカン食べながら更新。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

2013/01/25 06:37
裏夏油日報(久々に好天)
昨日は夏油高原温泉にて6時に起床。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/01/22 03:07
裏夏油日報(蔵王からのゲスト二日目 午後の部)
前回から続く。 ドームに帰還し一休みした一団は準備を整え一ゴンに乗車し午後の部始動。今季初マイナス林間を目指します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/17 03:17
裏夏油日報(蔵王からゲスト来たる)
第一回の夏油飲み会を乗り切った筆者です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/15 00:01
裏夏油日報(初名無し林間)
Android版のDropboxが知らぬ間にダメバージョンになってて失意の筆者です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/13 21:23
栗駒日報(徳島さんと行く栗駒山)
昨日から徳島より徳島さん(仮名)が夏休みで岩手入りしており ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/27 06:56
夏油日報(牛形山登頂)
はい、昨日は5年ぶり位に夏山登山して来ました。場所は夏油三山の一つ牛形山。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/06/06 16:03
鳥海日報(七高山 滑走編)
前回より続く ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/05/16 17:09
鳥海日報(七高山 登頂編)
昨日は冬山関連の筆者企画では最後のイベント、鳥海山祓川ツアーへ旅立つ為3時に起床。ウダウダと準備しつつ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2012/05/15 19:37
裏夏油日報(ポール捜索)
前日まで気仙沼に滞在していた筆者 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 22

2012/04/25 17:24
栗駒日報(ガスの合間に)
昨日は曇天の中であったが栗駒やるべという事で9時に一関インターで筆者、kimさん、S君合流。早速S君車で憩いの村栗駒へ向かうが視界はやはり東栗駒斜面位まで。 まあ無理せず行きましょと登坂を開始すると今季で一番の暑さでかなり苦しい出だしに。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/04/19 05:54
月山日報(また月山 ついでにネイチャーセンター)
さてリフト小屋にSらさん置いてリフト終了まで適当に回すかとなっていた筆者とゲリー神であったが滑り始めるとやたら走るザクザク雪。これは面白えー!と絶叫しつつリフト二本回すと16時近くなりラスト一本。雪も走り面白いからとすっかりブーツも脱いでいたSらさんを叩き起こし装備まとめてリフト最後の客になる。そんな中筆者冗談でバス時間間に合うからネイチャーセンター行ってみるかと言うとゲリー神に真に受けられ最後の滑走は大斜面からの石跳川となった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 13

2012/04/18 06:04
月山日報(また月山 大雪城より西俣沢)
月山神社本宮での参拝を済ませた一行は ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/04/17 19:27
月山日報(また月山 月山神社訪問 )
昨日は急遽入山許可(?)が下りた為、筆者、ゲリー、Sらの三人が日帰り月山に挑みます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/04/17 14:28
月山日報(山形ツアー二日目 湯殿山滑走)
13時40分に湯殿山に取り付いた一行はジリジリと高度を上げ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2012/04/12 16:34
月山日報(山形ツアー二日目 姥裏セッション)
12時30分にリフト上駅を出発した一行は ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/04/12 15:30
月山速報(月山スキー場オープン)
月山スキー場オープン日に久しぶりに参戦しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/10 19:54
裏夏油日報(またもやマイナス4ツアー)
山形遠征前の忙しい中更新 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

2012/04/09 06:13
裏夏油日報(405セッション マイナス4ツアー後編)
北壁を後にした一行はマイナス4稜線にトラバースしワイドボウルへ向かい一年振りにマイナス4最後の斜面と対面した ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/04/08 00:18
裏夏油日報(405セッション マイナス4ツアー前編)
マイナス3系から帰還した一行はkimさん、S君、たっちゃんが離脱、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/04/07 18:25
裏夏油日報(405セッション 再び雪庇斜面)
同日の日の記事が既に4記事目の小出し更新。マイナス3連絡路を渡って来た一行はゲリー神提案により少々ハイクアップして再び雪庇斜面へ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/04/07 09:10
裏夏油日報(405セッション マイナス3北壁群にて)
山頂ボウルを後にした一行は ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/07 01:00
裏夏油日報(405セッション 山頂ボウルより)
また日曜までネタが無さそうなので小出しに更新。前回のパーティーに708君、ゲリー神を交えて山頂台地に上がった一行は ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/04/06 20:18
裏夏油日報(405セッション 夏油ボウルから雪庇へ)
大暴風の明けた昨日、日中雨予報もあり ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/06 15:08
裏夏油日報(最後の粉?午後の部 マイナス二本目 マイナス3北壁にて)
小出し更新もラスト、マイナス3方面奥地へと進む三人。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/04/04 12:31
裏夏油日報(最後の粉?マイナス2本目 山頂ボウルにて)
木曜までネタも無さそうなので小出しに更新。さてマイナス二本目はゲリー神提案により ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/04/03 23:59
裏夏油日報(最後の粉?午後の部一本目)
午前中でコースを遊び尽くした一行は ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/03 15:35
裏夏油日報(まだまだハイシーズン?)
本日、3週間ぶりに夏油日曜出勤の筆者は 高速道路無料化終了の為久々に農道にて夏油高原に向かいます。所要時間は10分程かかるようになりましたが雪も無い季節なので運転楽です。 そんな農道ドライブの果てに夏油高原にたどり着くと先客には多くの土日キャラが。とりあえずアップにB1へ向かうと「俺について来い!」とsasaさん。とりあえず皆ゾロゾロついて行きましたが いきなり何の前触れも無く転倒するsasaさん。危ないって…………………。 その後正午頃天気予報通り空模様は崩れ気温も下がって来たのでとり... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2012/04/01 18:31
裏夏油日報(横岳にてチョイ修行)
前日も行ったもののあまりの滑りの悪さにすぐさま温泉モードになった筆者です。 本日は「流石に雪滑るだろう」と9時10分に夏油高原に入った筆者ですが今日は強風の為一ゴン運休と言う先制攻撃があり合流したkimさんとA3二本回しているとなんとか一ゴン開放。早速途中合流したドミアキさんらとA6を移動し B1 にてワンセッション。雪の滑り良く非常に上手くなった錯覚を感じる斜面。 そんな斜面にほだされたのかドミアキさんやった事の無いフェイキーに挑み何故か逆エッジ転倒し ドコーンと後頭部強打。ヘルメット... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2012/03/29 19:15
裏夏油日報(akを越えて)
本日は久しぶりに夏油高原温泉より更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/03/23 16:18
裏夏油日報(天候激変)
徳島さんの要望で即日アップ。自宅ベッドで寝っ転がりながら更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/03/22 19:51
裏夏油日報(底当たり日)
本日は宿泊最終営業日となった夏油高原温泉より更新。期間従業員の方々の多くも明日でさよならとなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/03/19 17:46
裏夏油日報(午後の部、マイナス北斜面群蹂躙)
さて13時過ぎにドームに帰ってきたakパーティーは筆者とゲリー神残して帰宅。残った筆者とゲリー神は「明日雨だし、マイナスの北斜面を食い尽くす」と言う感じになり ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/03/17 17:57
裏夏油日報(午前の部、akへ)
本日は夏油高原でも雨予報となりましたのでノンビリ昨日の事を思い出している筆者です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 17

2012/03/17 06:54
裏夏油日報(春の猛吹雪)
久しぶりに夏油高原温泉に帰って来た筆者は宴会の余り物、どん兵衛カレーうどん食べながら更新しております。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/03/15 16:41
裏夏油日報(312セッション)
311より一夜明けた昨日は石川さん追悼セッションとして朝から濃いメンツが夏油を蹂躙します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 25

2012/03/13 14:39
栗駒日報(探訪カチカチドゾウ沢)
昨日は久々の晴れ間となり ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/09 05:30
裏夏油日報(雨降る前に)
本日午前3時になんとか夏油高原温泉のベッドに潜り込んだ筆者は ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/05 20:25
裏夏油日報(akツアー、一発目)
ナイター滑ろうと夏油高原温泉に泊まった物の完全に寝落ちしていた筆者です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/05 04:09
裏夏油日報(パウダーやらシャバ雪やらベッタリやら)
春の訪れを感じる筆者です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/02 03:44
裏夏油日報(夏油ボウル等々)
本日からしばらくは新雪無さそうですね。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/29 04:09
栗駒日報(岩魚沢を越えて)ついでにダメ夏油MOV
はい、今日も栗駒の狂風に煽られてきた筆者です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/26 19:12
栗駒日報(東栗駒から新湯沢へ)
猛烈な爆風の中、栗駒より帰還した筆者です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/02/25 06:50
八甲田日報(二日目、天候回復へ)
八甲田遠征前日無意味に25時間活動していた筆者は八甲田遠征初日20時頃に意識不明となった……………。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 13

2012/02/20 22:22
八甲田日報(初日、ワンフットの日)
八甲田遠征前日筆者宅泊となった油井君さんとコバ奥のバックサイドロデオを肴に盛り上がった筆者は ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/02/20 06:17
裏夏油日報(久々雪庇斜面)
八甲田遠征前、最後の更新は久々に平野でやっております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2012/02/18 05:34
裏夏油日報(今日も大団円)
本日の夏油高原温泉は静かです。泊まり客3人との事。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/16 18:13
裏夏油日報(夏油ボウルセッション)
本日久しぶりに夏油高原温泉泊となった筆者は ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/14 17:26
裏夏油日報(結構盛り沢山)
前日17時から寝落ちしてしまった筆者は本日は4時に起床。とりあえず寝落ちで放棄してしまった記事書きなど済ませお茶っこ飲んでると5時も回りいそいそと準備。その後一関ガストにて朝食後7時前に濃霧の東北道に乗り込むと急に晴れ上がり栗駒も全開。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/02/06 20:38
裏夏油日報(パックでした)
何故か激しく寝落ちしてしまい更新忘れた筆者です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/06 05:20
裏夏油日報(糊でした)
はい、本日は夏油高原温泉よりの更新でなんとなく平常に近づいた筆者です(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/02/02 17:06
裏夏油日報(死んでました......)
はい、酒飲み過ぎで寝落ちしてしまい更新不能だった筆者です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/01/31 14:11
裏夏油日報(首パウキター)
今日は8時10分に一関を立った筆者は9時頃に本日も極寒の夏油高原に到着。適当にドームに上がり準備をしていると土日組が続々集合。とりあえずB2と言う事で回ってみるとなかなか良かったが意思疎通が完全で無く滑ってきたのはsasaさんのみ………。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/01/29 17:35
網張日報(何年ぶりだ?)
今日はゲリー神企画の網張ツアーに参加する為4時30分に起床。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/01/23 20:48
裏夏油日報(重雪)
今日は南岸低気圧の影響でかなりの湿雪となる事はよくわかっていたのだが ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/22 19:55
裏夏油日報(第二次マイナス調査)
はい、本日も夏油高原温泉からの更新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/01/17 17:24
裏夏油日報(第一次マイナス調査)
前日朝イチからナイターまで久々フル営業した筆者 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/11 05:29
月山日報(終盤戦)
とりあえずの姥ヶ岳山頂巡礼を終えた一行は ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 31

2011/05/19 03:35
月山日報(中盤戦)
リフト脇斜面後は思わぬ冒険劇だった為リフト駅舎で一休み。すると今回のミステリアスゲストである油井君が駐車場に到着したと言う報。それに過剰反応したゲリーさんが全く見当違いの人に遠距離から「油井君さ〜ん」と叫び続ける事態が発生したが ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/05/18 15:54
月山日報(前半戦)
昨日はゲリーさん主催の月山ツアーと言う事で小雨模様の気仙沼を4時50分に発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/05/18 11:50
須川日報(初須川口)
今日は午後から雨との予報だったが ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

2011/05/12 18:30
栗駒日報(風雪強し)
今日は朝から爆風吹き荒れる一関だったが ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/05/02 20:56
裏夏油日報(2011年3月11日)
2011年3月11日、東日本大震災当日、筆者は夏油高原へいつもの如く出かけました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2011/04/11 18:18
裏夏油日報(本日も最高)
昨日はやや遅めの5時40分に起床したが内鱒沢のライブカメラを見てみるとなかなかの雪着き。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/03/09 03:01
裏夏油日報(今日も楽し)
今日は夏油高原温泉にて6時30分に起床。ノンビリと朝風呂後 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/03/07 19:50
裏夏油日報(重雪セッション)
昨日は夏油高原を目指してみたわけだが道中は胆沢の平野で良い雪→金ヶ崎雨→水上ドカ雪→瀬見温泉雨と言う訳のわからない天気で不安いっぱいだったが ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/03/07 06:30
栗駒日報(御沢セッション)
強い西風に逆らい山頂稜線を御駒方面へ移動した一行は ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 22

2011/02/25 14:15
栗駒日報(今季初栗駒ツアー登頂編)
昨日は今季初栗駒ツアーとのことで9時に一関インターへ筆者、sasaさん、kimさん、S君、おやじさんの5人のおやじが集合。一路、憩いの村栗駒を目指し ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/25 12:06
八甲田日報(終章、高田大岳北面セッション)
高田大岳直下で昼休憩を取った一行は ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2011/02/23 16:51
八甲田日報(大岳滑走)
八甲田遠征二日目正午過ぎに無事大岳斜面に取り付いた一行は ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/23 08:56
八甲田日報(二日目、大岳へ)
八甲田二日目宿泊組12名は6時30分に起床。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/23 03:41
八甲田日報(変形銅像にて)
田茂萢谷から登り詰める事30分、14時頃に八甲田温泉ルートの急斜面付近に到達した一団は北側のかなりマニアックそうな斜面に向かい、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/22 17:39
八甲田日報(初日二本目、田茂萢谷セッション)
八甲田遠征初日、カモシカルートで足馴らしした一団(ガイドさん含め20名)は ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/22 14:50
八甲田日報(初日一本目、見えないカモシカ)
裏夏油会八甲田遠征初日の20日午前3時、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2011/02/21 22:44
裏夏油日報(マイナス散歩)
今日は一関を8時30分に発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/17 18:31
裏夏油日報(S字前解禁)
昨日は5時に夏油高原温泉にて目覚めた筆者さん。いそいそと前日の記事書き等して6時に朝風呂に入り ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/02/15 08:55
裏夏油日報(今季初マイナス4ツアー後編)
(前回より続く。) マイナス系最深部の秘境に到達した一行は ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2011/02/14 18:03
裏夏油日報(今季初マイナス4ツアー前編)
昨日はお使い物買うために10時まで一関やまやで待機となっていた筆者さん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/02/14 06:08
裏夏油日報(ニューライン方面等)
今日は夏油高原温泉にて5時に起床。うらうらと前日の記事編集等してると6時になり朝風呂へ行くと降雪は停止していたが積雪が5センチ程。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/07 15:49
裏夏油日報(今季初akツアー後編)
兎森北稜線鞍部よりハイクを開始した一団は ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/02/07 06:07
裏夏油日報(今季初akツアー前編)
本日は久しぶりに夏油高原を目指して8時10分に一関を発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/06 18:03
裏夏油日報(パウダーを求めて)
今日は8時50分に晴天の一関を発。 午後から雪の予報だったが ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/01/27 17:35
裏夏油日報(ピーカン氷点下)
今日は前日の「清水を囲む会」の影響も無く6時に起床。 朝風呂に入りに行くと強烈な朝焼け。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

2011/01/25 18:39
裏夏油日報(初夏油ボウルなどなど)
昨日は二日続けての良い天気の中8時30分に一関を発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/01/25 03:46
裏夏油日報(マイナス2ツアー)
今日は久しぶりの晴れ間にいつもより早めの8時20分に一関を出た筆者。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 26

2011/01/23 17:56
裏夏油日報(C6探検)
昨日は久しぶりに土曜の夏油高原へ赴こうと8時30分に一関を発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 23

2011/01/23 03:57
裏夏油日報(第一回マイナス系踏査)
昨日は良い天気の中マイナス系の踏査でもしようかと一関を8時40分に発。前日と打って変わってスイスイの国道4号から農道に抜け ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/01/15 03:39
栗駒日報(油井君と行く栗駒ツアー後編)
14時20分に昭和湖畔での昼食休憩を切り上げた一行は 天狗平への稜線をハイクアップにかかる すれ違う下山者達の好奇の目を引きながら一歩一歩山頂稜線へ詰めると稜線到達は15時30分。大体タイムテーブル通りである。 その後再び栗駒山頂を踏んだのは15時50分。少々の休憩の後 16時丁度に筆者がリードを切り栗駒南壁にドロップイン。もちろん滅茶苦茶雪走るー!(日中ドロップした人達は全く滑らんかった) その後後続もドロップし ノンストレスな滑りを見せる。 雪の走りはどこまでも良く ボトム... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/05 09:21
栗駒日報(油井君と行く栗駒ツアー前編)
昨日は「油井君と行く栗駒ツアー」と言う事で油井君アヤさんが8時過ぎ一関某所へ集合し 良い天気の中、荒砥沢経由でイワカガミ平を目指す。 その後9時40分頃にイワカガミ平へ到着した筆者等は10時丁度にクライムオン。 前日のルート調査により「出来るだけゆっくり行くのが吉」と言う判断からかなりのスローペースでハイクアップ。 その後栗駒山頂到着は正午丁度。とりあえず山頂観光後ほとんど滑走者のいないマニアックポイント、御駒ヶ岳へ向かったのだが途中の藪漕ぎがアイゼン使用のアヤさんにはしんどかったようだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/04 21:35
栗駒日報(御駒ヶ岳北面、御沢シュート)
眠いので簡単に ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/05/02 19:13
栗駒日報(久々のイワカガミ平敗退だが........)
昨日は一週間振りの栗駒ツアーにつき ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

2010/04/16 18:16
栗駒日報(蘇る栗駒)
昨日はS君との栗駒ツアーにつき9時30分に待ち合わせ先の一関インターへ入ると既にS君スタンバイ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 21

2010/04/09 09:33
栗駒日報(ちょこっと栗駒探索)
今日は未明に起きて栗駒探索をするつもりだったのだが起きてみたらすっかり夜が明け小鳥が鳴いている! 「一体何時なんだ?」と時計を見ると6時で一般的には早起きの部類に入るのだろうが天気の崩れが見える本日、これでは行動出来る範囲がかなり限定される展開になるのは目に見えていた。 しかしまあとりあえず行ってみるかと気を取り直して準備をし車に乗り込んで6時40分に耕英荒砥沢方面を目指すとドゾウ沢まで栗駒は見えイワカガミ平位までなら行けるような気がしてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/04/05 16:25
裏夏油日報(final powderは無かったけれど)
昨日はfinal powderを夢見て8時20分に一関を発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 28

2010/04/01 18:02
裏夏油日報(未だパウダー)
昨日は4時30分に起床。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2010/03/31 03:13
裏夏油日報(line of akツアーfinal!後編)
11時20分にakラインに到達した一行は ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/03/30 05:50
裏夏油日報(line of akツアーfinal!前編)
本日は5時30分に起床。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2010/03/29 17:07
鷲ヶ森日報(どみさんと行けない鷲ヶ森ツアー後編)
昼食後観光も終えた一行は ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2010/03/29 07:32
鷲ヶ森日報(どみさんと行けない鷲ヶ森ツアー前編)
今日は一関を8時に発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/03/28 20:33
裏夏油日報(金曜恒例ピーカンパウダー?)
今日は8時40分に一関を発、夏油高原を目指す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2010/03/26 18:23
裏夏油日報(ゲリーも復活)
今日は9時10分に湿雪降る一関を発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/03/25 18:57
裏夏油日報(春の表層祭り開催?)
昨日は4時頃に起床。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2010/03/24 05:55
裏夏油日報(パウダー三昧にて終幕)
ニューライン攻略を終えドームに帰還するとSら嬢離脱。 kimさん、トモ君、sasaさんもそろそろ帰り支度との事でコースに戻ったが残りの筆者、S君、Dさん、Y君はマイナス系北斜面群へ再びアタックを敢行した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 32

2010/03/21 05:20
裏夏油日報(ニューラインへ)
マイナス林間トップで一休みした一行は ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/03/20 19:33
裏夏油日報(山頂ボウルセッション)
昨日は8時40に晴天の一関を発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2010/03/20 03:11
裏夏油日報(まだまだパウダー)
昨日は9時に曇り空の一関を発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/03/19 03:15
裏夏油日報(パウダーはどこですか?)
昨日は一関を8時30分に発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/03/15 06:20
裏夏油日報(春のニセパウ祭り)
(時間が無いので写真のみで構成) 昨日は久しぶりにコーイチ君等仙南組が来るとの情報のもと8時30分に一関を出たが ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/03/14 06:32
裏夏油日報(北斜面を求めて)
昨日は所用にて10時30分に一関を発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/03/13 03:43
裏夏油日報(ゴンドラ動かず)
昨日は深雪を期待して8時30分に一関を発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/12 03:14
鷲ヶ森日報(自己最速鷲ヶ森ツアー)
本日は4時30分に起床。 紅茶飲みながらうらうらと更新作業をし ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/09 19:50
裏夏油日報(今日もカリカリ)
今日は夏油高原温泉にて6時30分に起床したが ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/08 22:29
裏夏油日報(カチカチな日は)
昨日は薄曇りの一関を8時30分に発。全く雪の無い農道をビューンと飛ばせば9時20分に夏油高原着。早速ドームに入り ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/03/08 04:42
裏夏油日報(いきなり敗北鷲ヶ森)
今日は晴れ間が保つなら鷲ヶ森と勇んでいた割に遅い9時20分に一関を発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/03/04 18:13
八甲田日報(楽園八甲田、終章)
2キロ近い井戸裏のオープンを滑走した一行は石館ガイドのリードの元、今度は箒場へと続く長大なパイプへと進む。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/26 15:44
八甲田日報(楽園八甲田、井戸裏セッション)
石館ガイドさんのリードによって11時40分に井戸岳外輪山に到達した一行は ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/02/25 15:48
八甲田日報(二日目、楽園八甲田)
2月22日(月)は筆者4時に起床。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/02/24 18:08
八甲田日報(初日、極悪八甲田二〜三本目)
再び山頂ギャラリーに戻った一団は依然視界の無い状況でどうするか悩んだがとりあえずダメ元で電波塔裏のオープン滑ってみようとなり視界の無い偽タモを移動、 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 9

2010/02/24 05:41
八甲田日報(初日,極悪八甲田一本目)
2月21日(日)八甲田遠征初日は筆者2時30分に起床。 様々八甲田情報集めるも視界の無い八甲田になるのは確定的でその辺りの覚悟を促すメールを参加者に送り4時頃に自宅を発。すき家にてノンビリ朝食を採り5時前に一関インターにてkimさん岡ちゃんと合流。定刻通りに一関発着組kimさん車にて出発し東北道を北上した。 東北道を北上する事40分程で合流地の紫波SA到着。今回のツアーメンバー全員遅刻無く合流し素早く再び東北道の北上に入る。 早朝の東北道は大変スムーズで八甲田ロープウェー到着は予定より早く... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/02/23 15:00
裏夏油日報(今季初マイナス4)
昨日は夏油高原温泉にて4時に一旦起床したが降雪が全く無いので二度寝し6時30分より活動開始。 朝風呂→朝食とゆっくり過ごし8時にドームに出ると久々にクロサワ君、クニ君等と合流。その後8時30分のゴンドラ開放と同時に一ゴンに乗り込み、A1→A4と二本回してアップし ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2010/02/16 05:20
裏夏油日報(雪は軽いが......)
今日は8時20分に良い天気の一関を発。奥羽山脈は深い雲に覆われていたが ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/14 19:23
裏夏油日報(久々の夏油ボウルセッション)
昨日は9時20分に晴天の一関を発。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 16

2010/02/06 06:57
裏夏油日報(line of akツアー後編)
ak雪庇群へ11時に到着した9名の一団は大休憩しつつ斜面観察。筆者は少々雪掘って積層の状態を調べたが上層の雪より下層の雪が柔らかい。バリーンと上層だけ見事に割れるのこのせいらしい。結合その物はやはり悪くないのでスタートでビビってヒールサイドでハードに切るような事をしなければ大丈夫と判断。皆にその事を告げとりあえず筆者さんが撮影点への移動の為最初の滑走者となったのだが「雪崩ない」との確信があってもやはりakでの最初の滑走者となる事は恐ろしい。とりあえず「怖いよー!」と筆者さん絶叫後雪庇の切れ目... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 14

2010/02/04 04:23
裏夏油日報(line of akツアー前編)
昨日は筆者さん少し降雪に期待し4時に起床。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 13

2010/02/03 16:31
裏夏油日報(ガスを抜けガスに戻る)
マイナスセッション後ドームに戻った一行からはkzさん、Sのさん、タツヤ氏が離脱。昼食後次のターゲットを兎森方面としたがベース付近はガスが酷く兎森に登るかどうかはゴンドラで上部に行ってから決める事にし一ゴン乗車、 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/01 17:13
裏夏油日報(マイナスにてワンセッション)
昨日はヨシノリ企画「謎の男祭りin夏油」の開催につき9時ヨシノリ君筆者宅訪問。三人乗車体制だったがヨシノリ車ジムニー一台で行こうと言うヨシノリ君に一抹の不安を感じとりあえず荷物筆者の車で運ぶからと二台体制で出発。すると金ヶ崎付近でヨシノリ車のクーラントがスッカラカンでエンジン焼き付け危機事件発生。筆者踵を返して某商店にてコーヒーマグに水入れてもらいクーラントにドボドボ補充、事なきを得る?(コーヒーカスとか混入したような?) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/01 05:44
裏夏油日報(line of ak)
昨日は久しぶりに冬晴れの一関を9時に発。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/01/30 05:18
裏夏油日報(初フロンティア)
ダメだ眠い。本当に寝る。おやすみなさい。起きたら追記を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/24 21:46
裏夏油日報(骨折り損の.......)
昨日は9時30分に一関を発。乾燥した農道をぶっ飛ばしていると少々渋滞に捕まる。何かと思ったら事故渋滞。事故車両は運転席側面が陥没して無惨な状態。早朝は凍結路だったんだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/23 03:23
裏夏油日報(初山頂スタート)
昨日は前日に引き続き5時に夏油高原温泉にて起床する筆者さん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/01/20 05:59
裏夏油日報(今季初S字前)
昨日は夏油高原温泉にて4時に起床。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/01/19 15:19
裏夏油日報(今季初マイナス)
昨日は8時30分に良い天気の一関を発。二日振りに夏油を目指した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/18 05:27
裏夏油日報(図らずも良い雪)
今日は大した降雪も無くおまけに雷注意報も出てるし雨予報だしで夏油に行くかどうか迷ったが午前中ならまあマシか?と5時20分に一関を発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/12 19:12
裏夏油日報(まだまだ無理)
ダメだ、眠いので寝る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/10 20:47
裏夏油日報(なんとなく兎森)
今日は良い天気になりそうな夏油高原へ向けて一関を9時20分に発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/07 18:53
裏夏油日報(滑り納めです)
昨日は雪山の滑り納めにと好天の一関を8時40分に発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/31 04:36
月山日報(終幕、帰還へ)
(前回より続く) 湯殿山本斜面の滑走を終えた一団は石跳ボトムに降りる前にバックサイドウォールでワンセッション。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2009/04/23 04:13
月山日報(二日目、湯殿山滑走)
(前回より続く) 湯殿山頂に到達した一行は山頂観光しながら一休みし滑走体力の回復を待つ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/04/22 15:13
月山日報(二日目、湯殿山を目指して)
(前回より続く) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/04/22 03:24
月山日報(二日目、紫灯森バンクセッション)
月山遠征二日目(4月19日) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/21 20:14
月山日報(初日、適当に石跳)
(前回より続く) バス時間の関係で姥ヶ岳山頂西壁の滑走を諦めた一行はとりあえず大斜面から適当に石跳川へ下降する事に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/04/21 09:39
月山日報(初日、金姥滑走)
(前回より続く) 大斜面滑走後は再びリフトに乗車。今回は姥ヶ岳経由で金姥か紫灯森もしくは牛首のどこかを狙う事に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/20 22:39
月山日報(初日、大斜面にてアップ)
月山遠征初日(4月18日)は9時に一関インター集合と言う事で筆者は8時30分に曇天のインター到着。ツアー参加者はまだ誰も来てはいなかったがしばらくしてsasaさんと〇ッチ君、その後kimさん。そして遅刻の大本命と思われていたストーンリバーさんが9時前には揃い、僅かな遅刻で岡ちゃんも到着。タイムテーブルの狂いほとんど無く2009年度の月山遠征はスタートした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/20 15:36
月山速報二日目
月山最高ー! 攻め続けた二日間でありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/19 18:55
月山速報
ピーカンの冬晴れ月山に大当たり! 最高です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/18 18:12
裏夏油日報(マイナス4探訪)
今日はボタ雪降る一関を9時に発。 夏油に近づくに連れ小雪になりスキー場到着時は降ってるんだかガスなんだかよくわからない状況。 それでも山頂は積雪プラスとなっていたので頂上台地に侵入し山頂ボウルを滑走。確かに雪は着いていたが下地がモナカ雪で危ない事この上無かったので頂上ボウルは封印。連絡路を抜けA1にトラバースして滑走しA4もついでに滑ってアップ終了。今度は今季未滑走のマイナス4を目指してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/01 18:00
裏夏油日報(横岳双耳峰探訪)
(前回より続く) フロンティア方面よりドームに帰還するとkimさんとクニ君は撤収体制。まだ時間に余裕がある筆者が「どうすっぺなー?」となっていると 〇ッチ君とローカルゲンテンユーザーさん達が合流。どっか行きましょうと言う流れになり滅多に行くことの無い横岳双耳峰を目指してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/31 17:15
裏夏油日報(結局は粉)
昨日は八甲田のロードギャップをJOさんが飛んで「余裕でしたよ」と宣う夢で4時に起床。(ちなみに〇ッチ君は道路に落ちていた) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 9

2009/03/31 04:11
裏夏油日報(最後の粉?終幕二人旅)
とりあえずストーンリバーさんとどっか行く事になった筆者さんだが聞けばストーンリバーさんインフルエンザでしばらく隠遁生活を送っていたそうでロングツアーは無理と判断。 近場で滑られていない上部雪庇斜面を目指す事にした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/30 07:46
裏夏油日報(最後の粉?S字前セッション)
頂上ボウルを後にしてマイナス林間を進む裏夏油会御一行様。マイナス林間は日陰は粉が舞うコンディションで良好。これなら3日寝かしたS字前は最高だろうと言う事で筆者が斜面中盤に陣取り撮影に臨む。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/03/30 07:00
裏夏油日報(最後の粉?開幕)
昨日は8時40分に一関を発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/30 06:27
裏夏油日報(本日もパウダー三昧)
昨日は一関にてボーンクラッシャーさん拾って8時50分に一関を発。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/29 03:39
裏夏油日報(パウダー三昧)
(前回より続く) 忙しさに負け写真のみでアップ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/28 02:41
裏夏油日報(遂に全面着雪!)
今日はやっとこさ全面着雪により底付き無しのパウダー味わえました。 とりあえず速報的に一本目のみアップ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/27 17:29
裏夏油日報(まだ足りぬ)
昨日は一関を9時10分に発。幾ばくかの期待をして夏油に向かうが着いてみた夏油のコース群は今日も全面着雪とはならず.......。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/03/27 04:43
裏夏油日報(まだ底付きアリ)
今日も内鱒沢ライブカメラのチェックにと4時に起床。割と良さげな着雪ぶりに少々喜びながら5時30分までうつらうつら。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/24 17:49
裏夏油日報(ラストパウダー週刊開幕?)
この三連休のコンディションにテンションダウンの筆者であったが本日より入るはずの寒気に期待し4時に起床。早速内鱒沢ライブカメラを覗くが未だプラス気温。「こりゃダメだ」と再び布団に潜り込み6時8時と定期的に起きて内鱒沢をチェック。 結果降雪を確認したのは8時、「こりゃ午後なら一山当てられるかも?」と午後に照準を合わせ再び就眠。その後11時に起床し野球見ながら準備して11時30分に一関を発。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/23 20:22
裏夏油日報(パウダーではないけれど)
今日は5時30分に一関を発。一週間ぶりに夏油を目指す。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/16 21:28
裏夏油日報
昨日は6時30分に夏油高原温泉の床で目覚める........。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/03/10 10:36
裏夏油日報(パウダー探索)
(本日も眠さに負け写真のみで構成) 昨日はヨシノリ連れて9時40分に一関を発。道路状況が良く「これなら50分で着くぞー」となっていたがヨシノリのブーツ積み忘れたの思い出して急遽トンボ帰り、結局いつもの一時間コースで夏油に到着となった..........。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

2009/03/09 05:22
裏夏油日報(久々に夏油)
昨日は久しぶりに夏油を目指し一関を9時10分に発。まるで雪の無い道を飛ばし10時に夏油入りすると新雪がパラッと降った程度の状況。古雪には黄砂跡も見え月曜の八甲田が懐かしくなった..........。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/06 02:44
八甲田日報(将に八甲田!)
八甲田二日目(3月2日)は6時30分に酸ヶ湯自炊部にて起床。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/03/04 15:11
八甲田日報(カモシカ行脚)
赤倉パイプを滑走した一団はカモシカルート前に一登り。井戸岳直下のメローな斜面を目指す。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/04 03:29
八甲田日報(赤倉パイプ編)
前嶽を巻いて山麓駅に帰還した一行はとりあえずロープウェー乗車、山頂駅行ってから行動を考える事に。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/03/03 18:43
八甲田日報(前嶽にてアップ)
八甲田遠征初日、筆者は3時に起床。のんびり準備の最終チェックをしのんびりすきやで朝食を採ると集合時間の5時手前。早速一関インターに移動するとストーンリバー氏がやや遅刻した物の想定内の範囲でみな集合。5時10分に一関を立ち紫波SAにて13人が集合、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/03/03 12:54
八甲田速報2
無事ツアー終了しました。 これより帰投します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/02 15:10
八甲田速報
いやはや最高です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/01 20:28
裏夏油日報(兎森第二峰攻略戦)
今日は8時30分に一関駅にて急用で一時帰宅していた清水さんを迎え9時に一関を発。 速やかに10時に夏油入りするとやや花曇りな感じはするが良い天気。ドームにてsasaさんと合流し八甲田の詰めをしその後10時30分に一ゴン乗車、本日は兎森の北稜線に連なるピーク(兎森第二峰)の東壁を目指してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/27 19:12
裏夏油日報(再びフロンティア探訪)
昨日は9時10分に冬晴れの一関を発。 夏油高原着は10時で駐車場にてsasaさん発見。その後ドームにてkimさん、クニ君等とも合流ししばらく八甲田の詰め談義をしkimさん撤収後sasaさんクニ君 〇ッチ君とでアップにA0→A1→A4と3本滑る。平日にも関わらすA1がやや混んでいた、世間は春休みなのかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/27 04:40
裏夏油日報(アグレッシブ初心者現る)
昨日は夏油高原温泉にて6時に起床。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/24 05:19
裏夏油日報
(眠さに負け簡単に)昨日は9時40分にヨシノリ乗せて一関を発。かなりアイシーな農道を適度にぶっ飛ばし10時40分に夏油入りすると今季初の最下部駐車場。本日は北上市民大会もあるのでしょうがないか? その後温泉にて先に夏油入りしていた奥方様と合流しドームに赴けば恐ろしい数の裏夏油会御一行様、戦線を離れているキタミネ氏も久しぶりに参戦していた。 その後アップに奥方様とヨシノリとでA6からC4へ。ヨシノリはスノーボードすんの3年振りでしかも滑走日数2日ぐらいだがビックリするくらい普通に滑れる。ト... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 11

2009/02/23 04:55
裏夏油日報(再びフロンティアへ)
昨日は9時10分に冬晴れの一関を発、おやじさんが今季初参戦するらしい夏油高原へと向かう。 天気も良いしと農道をぶっ飛ばしていると両路肩にかなりの台数が転落している!早朝はかなりアイシーだったようだ。その後金ヶ崎辺りからアイシーな路面に変わり超スローダウン。車が落ちる瞬間も見てしまい明日は我が身となったが温泉線に入ると圧雪路に変わり安堵してアクセル全開。後続に偶然張り付いたワタナベ車と激しいチェイスをしながら10時20分に駐車場着。 「さておやじさんはいんのかな?」とドームに上がればkim... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/02/20 03:42
裏夏油日報(パウダー貪欲祭り)
粗方コースを食い尽くし10時にドームへ帰還すると早速sasaさん発見。「もうB.C方面は無理だよ」と告げると「そんではスノーシュートレーニングで」となったがとりあえずアップにとsasaさん、タカハシ君とで一ゴン乗車、穴場と思われるA1を目指す。乗車中にやはりアサイチ組のナオヤ君より「どっか行く?」とのメールがあり「どっか行く」と返答、ドームで待ち合わせとなる。その後A1に滑り込んだ3人はもし先行ラインがあったらA0やってみるかとなっていたがなんと本当に先行ライン発見!この雪深さでよく行ったな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/02/18 03:57
裏夏油日報(目指せ腰パウ?)
はい、本日も来てしまいましたよ夏油高原。 今日は激烈な降りを見せる夏油高原に10時30分到着。 ドームに上がればクロサワ君、ナオヤ君sasaさん他「お前等仕事何やってんですか?」状態の人達多数。 とりあえすコース状況を聞くとバッフバフだが底は付く事があるとの事。 まあそれではアップにとA4を選択すると林間は底付きも無くモフモフ。コースに出ると確かに底付きを感じる。 その後二本A0を回しこの状況はA0プラスなら腰パウ確定と判断、装備を固め三人パーティーで一ゴン乗車。A0よりA0プラス... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 13

2009/02/16 17:52
裏夏油日報(探訪、裏夏油フロンティア)
(忙しさに負け写真のみで構成) 昨日は8時30分に一関を発。前日雨が降った夏油高原を目指す。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/16 06:19
裏夏油日報(やっとこさ雪)
今日も良い天気の一関を9時20分に発。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/12 17:32
裏夏油日報(冬晴れ続きです)
昨日は夏油高原温泉にて倅、奥方と共に6時に起床。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/12 04:05
裏夏油日報(雪降らんね)
今日は5時に起床。 清水さんを一関駅に迎えに行くミッションがあったが時間があったので一関ガストで一時間程ノンビリした後8時30分に清水翁を一関駅にて捕獲。 そのまま夏油高原へ直行すると9時40分に到着しドームへ赴けばkimさん、sasaさん、〇ッチ君と合流。 その後良い雪を求めてS字前を目指すことに決定。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/02/10 18:13
裏夏油日報(久々腰パウ)
(眠さに負け写真のみの構成) 今日は大雪となった一関を8時40分に発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2009/02/08 20:20
裏夏油日報(良い天気だ)
昨日はまたまた好天の一関を9時20分発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/02/06 01:55
裏夏油日報(図らずも最高)
昨日は5時10分に気仙沼を発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/04 02:52
裏夏油日報(マイナス系踏査編)
昨日は8時50分に冬晴れの一関を発。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/02/02 11:30
裏夏油日報(鷲ヶ森踏査)
昨日は9時10分に一関を発。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/01/30 09:33
裏夏油日報(結局兎森)
昨日は夏油高原温泉にて6時に起床。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2009/01/27 10:12
裏夏油日報(兎森日和)
昨日は清水さんを8時30分に一関駅で拾い自宅を経由して小雨降る中夏油へ向かう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/23 03:14
裏夏油日報(兎森日報)
眠いので写真のみで構成。 昨日は午後より出動。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/19 05:28
裏夏油日報(散歩日和)
ピステの滑りを久しぶりに堪能した筆者は12時より裏山探索へシフト。正月で増えた体重も減らす算段。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2009/01/09 03:24
裏夏油日報(横岳、兎森踏査)
コースに夢破れた筆者とクロサワ君は裏山探索の準備後10時30分に一ゴン乗車。とりあえず横岳の斜面でも滑ってみようと頂上台地に今季初侵入を果たすと2メーター越えの積雪もあってか割とブッシュも少ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/06 10:22
鳥海日報(今季最終滑走でしょう、多分.....。)
月曜は鳥海山ツアーにつき4時に起床。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/05/07 17:24
鳥海速報
鳥海よりやっとこさ帰還しました。 この時期の鳥海山とは思えぬ雪の少なさにビックリ、滑走も雨にやられたりしましたがそんでも鳥海山は冬の締めくくりにピッタリの山ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/05 22:03
栗駒日報(須川口オープン)
昨日は真湯ゲートのオープン(10時オープン)に間に合わせて9時30分に真湯入り。結構遅い時間に着いた割に車の並びは少なく先頭から5台目の順。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2008/04/26 17:46
栗駒日報(栗駒彷徨、後編)
産女、ドゾウ沢入り口に達した一行はとりあえず産女斜面にドロップすべく最良のポイントを求めて移動を始める。適当な所でkzさんが撮影の為一人斜面を降下していったが斜度変化が起きる地点で停止すると「かなり落ち込んでるのでもっと北へ」と誘導され、まあ大体この辺でイイべと筆者がとりあえずドロップイン、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

2008/04/24 16:44
栗駒日報(栗駒彷徨.前編)
昨日はおそらく今季最後となる憩いの村からのツアーの為7時30分、一関インターにてkimさんと合流、8時20分に憩いの村へ到着し先に憩いの村入りしていたkzさん、どみさんと合流。期待していたゲートのオープンは無くしょうがないかと8時40分にいわかがみ平を目指して出発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

2008/04/23 20:07
栗駒速報
今日も既に寝体制のため速報です。 4人パーティーにて入山、栗駒を北から南へ大トラバースしてほっつき歩きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/22 19:34
栗駒日報(雪激減!)
昨日は2週間振りに栗駒調査を画策。「あんまし早く行っても雪滑らんし、もしかしたらいわかがみ平まで開通してるかも?」などと言う考えもありかなり遅めの9時30分に桜満開の一関を発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/21 20:13
栗駒速報
栗駒調査行って来ましたがもう眠くてダメだー! と言う訳で速報です。すでに例年の5月5日過ぎくらいの雪解け状況。新湯沢ルート危うし! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/04/20 18:45
月山日報(鍛冶月光から四谷川及び大斜面からネイチャーセンター編)
鍛冶月光にて12時30分まで休憩を取った一行はラインの策定も終え滑走準備に入る。 いつもの如くリードを切るべく筆者が牛首直下へめがけてドロップイン。雪面はグリップ充分、ゆるーく湾曲した対象物の無い斜面はスピード感を失わせ異様なトリップ感がある。 おそらく時間にして30秒程の絶叫トリップを経て牛首バンクに最高速で当て込みつつ停止、後続を撮影しながら待とうとしたが、かなり高倍率のレンズでなければ撮影出来ない状況で写真は撮れず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2008/04/16 19:51
月山日報(二日目、天気回復!)
初日の夜、酒飲みもそこそこにパタリと就寝した筆者は4時に目覚める。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2008/04/15 10:50
月山日報(初日、風雪とガスとミスルート)
月山ツアー初日(4月12日)は9時一関インター集合の為8時30分に一関インター入り。その後すぐにクロサワ夫妻が現れ、次にkimさん合流。その後定番化しているストーンリバーさんへの所在確認電話をすると「もう着く」との返答、電話の言通りすぐ(8時55分)にストーンリバーさんが合流。筆者、ストーンリバーさんがkimさん車に乗り込み二台体制で9時丁度、月山へ向け出発。 天気は雲が多かったが予報によれば回復傾向のはず。しかし鳴子を過ぎた頃から雨が降り出し最上→尾花沢→寒河江と至っても終始雨模様。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2008/04/14 12:00
栗駒日報(裏夏油大隊山頂より発進)
さて登頂を無事に果たした裏夏油大隊だったが山頂観光もそこそこに今回の本題、滑走の準備に取りかかる。滑走ルートは栗駒南面を滑走後ドゾウ沢に抜け裏掛の壁を辿る予定だったが今回テールガイドを務めているkzさんより「時間的に無理ではないか?」との言を受ける。しかし筆者は「まあ大丈夫っしょ、とりあえずデポ地に着いてから考えましょ」とかなり楽観的。 そんな中ドロップポイントの選定は続き山頂をやや外れた所に決定。早速滑走準備に入り筆者がリード滑走の為スルスルとドロップイン。当初硬すぎでは無いかと思われた... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 28

2008/04/08 07:36
栗駒日報(裏夏油大隊登頂編)
昨日は栗駒ツアーにつき9時一関インター集合だったが定番のストーンリバー遅刻により9時10分に4台体制で一関インター発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 29

2008/04/07 15:22
栗駒速報
無事栗駒ツアー終了しました。 予想通り5時間を要したツアーとなり時間ギリギリでしたが山頂も踏めて良かったかな? 詳細は明日から。流石に栗駒4連投は満腹です。 参加者の皆様本当にご苦労様でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 21

2008/04/06 18:56
栗駒日報(ドゾウ沢方面調査)
今日も忙しいので写真のみで構成。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2008/04/05 18:05
栗駒日報(岩魚沢調査編)
すでに寝体制の為写真のみで構成。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/04/04 18:30
栗駒日報(表掛けルートから中央ルートへ?)
今日は日曜の栗駒ツアールート調査と表掛けルート探検を兼ねて10時30分に憩いの村入り、イワカガミ平線の除雪を確認後、表掛け登山口へ車で下り憩いの村スキー場 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/04/03 20:03
裏夏油日報(クローズですよ)
今日は5時に起床するも寒さで布団から抜け出せず6時までズルズル.........。 しかしなんだかわからない使命感が生じついに布団から脱出。準備をして6時30分に強風の一関を発、途中前沢ジャスコで買い物しようとしたら知らないうちに8時からの営業に変わっていた、温暖化対策か経費削減かわからないが余計な寄り道。近くのサンクスにて買い物を済ませ強風の農免道をヒタ走る。 金ヶ崎の直線を過ぎると吹雪が始まりゴンドラ運行に暗雲が走る。入畑ダムを越えるとシャーベットが凍った路面になりその後積雪路に。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 26

2008/04/01 14:27
裏夏油日報(天気良すぎたか........)
写真何枚貼れるかテストを兼ねてます。 昨日はボーンクラッシャーさんを車で拾い9時に一関を発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 33

2008/03/31 09:57
裏夏油日報(久しぶりに雪)
昨日は久しぶりに夏油が雪との事で9時20分に一関を発。のんびり金ヶ崎の直線に入ると前塚見山が久しぶりに白っぽく良い感じ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/03/30 02:49
裏夏油日報(散歩日和)
今日は9時10分に春霞の一関を発、久しぶりに夏油を目指す。ギラギラ光る焼石を見ながら先を急ぎ10時10分に上部駐車場着。しかし10時過ぎて上に上がれるとはなんとも寂しい感じ。 そんな中準備をしドームに入ると今日は定位置に人影無し。 そんではのんびりマイナス調査でもするべかと一ゴンに向かうとsasaさんと遭遇、昨日の様子などを伺いその後月山ツアー参戦可能性の話。そんな話をしつつA6でsasaさんと別れ筆者は一人頂上台地へ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/21 19:11
栗駒日報(須川温泉より憩いの村へ)
スノーブリッジの洞窟風呂は思った以上に快適でかなりの長風呂になったがその後昼食を取り周辺散歩などしていると11時30分、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/03/20 06:34
栗駒日報(須川温泉にて)
天狗平に着き一休みした筆者は9時40分頃にどこ滑るべ?と腰を上げる。雪面のグリップはまだ弱く急斜面滑るにはまだ向かない、御駒から昭和湖シュートのラインはやっても辛いだけのようなので素直に天狗平から昭和湖への斜面を落とす。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2008/03/19 15:24
栗駒日報(またもや天気最高!)
昨日は5時に起床。流石にまだ未明で本日の目標、栗駒は見えなかったが10分程でナニカニと準備を終了、車に乗り込み憩いの村を目指す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 29

2008/03/19 04:01
栗駒速報
夜明けと共に憩いの村より入山。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/03/18 17:39
裏夏油日報(午後の部)
ログインしやすくなったのと暇なので日曜午後の部をアップ。 滑りの悪いマイナス系に見切りをつけ今度はC6北面を目指す一行はとりあえず菊池さんコースでエアを試みるがやはりブレーキングスノーでファーストラインを行った筆者は潰れ後続も飛べずじまい。 その後侵入した期待のC6北面ミニパイプも滑りが悪くガッカリモード。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2008/03/17 19:06
裏夏油日報
昨日は8時30分に一週間振りの夏油での滑走を企て一関を発。栗駒もよく見える良い天気の中かなりすっ飛ばして9時30分に駐車場に入ると割とガラガラ。もう世間一般的には雪山シーズン終わってるんだねーなどと思いながらドームに向かうと菊池さんやらkimさんやら多数が定位置にスタンバイ。筆者は朝飯前であったので一本行ってもらい、その間に朝食を採っているとストーンリバーさん、キタミネ氏などが合流。その後kimさんらが帰って来て菊池小隊待ちになったがなかなか帰って来ないのでしびれを切らしてドームを出ると丁度... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/03/17 06:25
八甲田日報(天気最高!)
前年にドロップしたポイントで滑走準備に入った一行だったが斜面は風に叩かれクラストしており前年度とまるで違う様相。「この斜面はトラバースするだけにして次の斜面に移ろう」とか話していると天気が更に良くなり大岳全開!こりゃ最高だーとなりながら赤倉山頂稜線より離脱し、やはり前年滑っているメローなボウルに到達。 一番良いドロップラインを探し移動、早速筆者がリード滑走してみると緩い斜度なのになんだかとっても板走るー! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 32

2008/03/13 05:57
八甲田日報(二日目、赤倉登頂編)
八甲田遠征二日目 6時に酸ヶ湯605号室は全員目覚める。kimさんは寝苦しくあまり寝てないようだが他二名は爆睡。炊飯器のスィッチを押して早速千人風呂へ向かう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 21

2008/03/12 05:19
八甲田日報(タモヤチ谷から前嶽へ........)
ロープウェー山頂駅にて記念撮影した一行は猛烈な吹雪が吹き荒れる中偽タモをツボ足で移動。樹氷原が切れるとハイクしてるだけで気持ち悪くなるほどのホワイトアウト振り、しかし前嶽方面はよく見えると言う不思議な天気の中ストーンリバー雪庇(仮名)から落ちないよう気をつけつつタモヤチ谷源頭に到達。雪そのものは良さそうなのだがいかんせん視界が悪く地形が把握し難い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/03/11 06:24
八甲田日報(ロープウェー一本にて運休)
昨日は恒例?の八甲田遠征につき3時に目覚める。前日のうちに準備は全て終わっていたのでやや布団でゴロゴロしながら4時にやっとこさ布団から抜け出しガストへ移動、モーニング食べようとしたがまだモーニング前でレギュラーメニュー.......。 まあしょうがないかとパスタ頼んでモグモグしてると一関集合のストーンリバーさんからメール「休めるかどうかわからないからピンで行くよ、水沢インターから合流」との事。宿のキャンセル料が発生しかねないが紫波SAで合流する事にしてkimさんに連絡後一関インターに移動。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/03/10 20:42
八甲田速報
取り急ぎ速報です。 一本上がったらロープウェー運休だったのでなんとか楽しもうと頑張りました。明日はロープウェー何本やれるやら? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/03/09 21:11
裏夏油日報(今日も写真のみ)
今日も八甲田関連で忙しく写真のみです。 ちなみに一ゴンとクワッドは北西の強風により終日運休でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2008/03/08 17:46
裏夏油日報(携帯捜索もしました)
昨日は良い天気の一関を9時10分に発。途中銀行寄ったりガス入れたりしていると夏油に着いたのは10時30分と激遅。 まあ今日は誰がいるのだろう?とドームに移動すればkimさんsasaさんカズアキ君クニ君〇ッチ君と多数が定位置に。 どうも天気の良さを生かしてB1で撮影してたようだ。 そんでは夏油ボウルでも撮影しますかー!と一ゴン乗車したがなんかクニ君がこない?遅れてゴンドラに乗車した〇ッチ君に聞くとB1での撮影時に携帯を落としたらしい?携帯を落としたと言えば先シーズンの八甲田遠征でのストー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2008/03/08 04:34
裏夏油日報(一本で終了)
昨日は八甲田関連の準備日として夏油に行く気は無かったのだが奥方から「一関駅に清水さんが8時30分に入るから夏油まで送ってきなさい」との指令を受け8時30分キッカリに一関駅着。駅の待合室を見回したがそれらしき姿は見えずもしや盛岡行きに乗り換えたのでは?と入場券で駅構内に侵入するとキオスクのオバチャンがもの凄い剣幕でクリーンサービスの兄ちゃんを怒鳴りつけている.......。あまりに不憫だったが清水さんを探すのが先と車両に乗り込むとすっかり編成の短くなった東北本線のおかげで清水さんを容易く発見。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/03/07 04:51
裏夏油日報
ここ数日忙しく昨日の様子を写真のみでアップ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/06 18:22
裏夏油日報(とりあえず夏油ボウルオープンかな?)
今日は朝焼けの中6時に一関を発。途中前沢マルマツでモーニング食べようとしたら早朝営業しておらず水沢すき家にて朝定。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/03/04 19:54
裏夏油日報(激闘マイナス3雪庇群)
12時20分にドームに戻るとマイナス3雪庇群へ雪辱を燃やすヒデハル他北上ローカルが鎮座。カズアキ君は明日に備えて退場となりとりあえずヒデハル等と マイナス3雪庇群に向かう事にしたがその前のアップにマイナス2系に侵入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2008/03/04 06:46
裏夏油日報(良い雪を求めて)
今日は南風の影響で夏油もコンディション悪いはずだが今日を逃せばしばらく滑れないので夏油行きを強行、9時10分に一関を立ち温泉線に入ると雨がぱらつき瀬見温泉の温度計では5度と高温。かなりの数の車と温泉線ですれ違いコースコンディションの悪さを予感させられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/29 19:01
裏夏油日報(マイナス3雪庇群へアタック)
昼食休憩を挟んで一人になった筆者ははて?何するべなーととりあえず外に出てみる。さっきまで雲に隠れていた兎森が姿を現したのを見て兎森調査を決定。フィーゲル装備で一ゴン乗車しA6経由で兎森稜線に取り付いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/02/27 07:04
裏夏油日報(またも床で目覚める)
昨日は夏油高原温泉の床で4時に起床。どうも前日酒飲んでまた床に寝てしまったらしい。 やはり床で横たわったている清水さんを確認しながら記事書きなどしてると6時を過ぎ朝風呂で長風呂。温泉を上がると丁度7時で朝食の時間、 コースを眺めつつまたも三杯飯を食らい7時40分頃清水さんとドームに移動した。 ドームで定位置に着席しているとkimさん、アビさん合流。とりあえず一ゴン動くまでノンビリし開放と同時に一ゴン乗車、アップにA1を回す。A1は前日のアイスがかなり収まったがピステの段差が激しくちょい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/02/26 10:29
裏夏油日報
昨日は雪道の一関を9時に発。かなり路面を拾うサンバートラックに手こずりながら吹雪の温泉線に乗ると大量の軽トラ軍団!後部にはスノーモービルがのっかっている、夏油大橋の林道でも攻めたのだろうか? その後10時10分に日曜だと言うのに車も疎らな上部駐車場着。軽トラの荷台から素早くスノーボードを抜き取りドームに赴けば菊池さんら裏夏油会御一行様が大挙して席を占拠。 どこが良いですかー?と聞くとA0との答え、コースの良い所は食い尽くしたらしい。 そんではまあ行ってみますかと13人体制で一ゴン乗車、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 21

2008/02/25 05:11
裏夏油日報(パウダー無し)
今日は良い天気で栗駒にも惹かれたが振り切って夏油に向かう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2008/02/22 17:23
裏夏油日報(変形マイナス4踏査もうやらん編)
ドームに11時30分頃kimさんと戻りkimさんは帰り支度、筆者はマイナス4系への準備を始める。〇ッチ君がマイナス4ラストの噂の雪崩止め滑ってみたいと言い二本滑ってきますから12時まで待ってくださいとの事。筆者のタイムアップが14時、〇ッチ君とマイナス4行った場合の想定タイム2時間と皮算用しドームに帰ってきた清水さんと12時まで〇ッチ君待ち。しかし12時過ぎても〇ッチ君現れず12時30分まで待ったが時間切れ(筆者のみのマイナス4想定タイム1時間30分)。とりあえず一ゴンに乗車し一人山頂台地に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/02/21 04:05
裏夏油日報(目覚めれば夏油)
昨日は6時に自分の唸り声のデカさで起床。起きてみて何故か床で布団かぶって寝てた事に気づく筆者。なにやら頭も痛い、どうも昨晩の宴会中に酔いつぶれてしまったようだ。 辺りを見回せばやはり昨晩の残骸の如く清水さんとタモ君が転がっている...........。 とりあえず頭痛いのなんとかしようと紅茶を1リットル位作りがぶ飲み、そうこうしてると清水さんも起きだし朝風呂体制。筆者も頭痛が取れたので温泉に向かうがタモ君はピクリとも動かない..........。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/20 18:25
裏夏油日報(ド深雪ですよ。)
ドームに帰還した一行は一ゴン待ちの間に昼食休憩。 かなりまったりしていたが11時30分頃に一ゴン開放のアナウンス。まだ昼食中だった一行だったがツアールート狙いで競争者がいるわけでは無いのでかなりノンビリ気味。 その後準備を終え一ゴンに乗車し山頂台地には12時10分着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2008/02/19 19:14
裏夏油日報(パウダーですよ)
コースへの期待に破れ一ゴンが停止しているのを見ながらドームへ帰って来たらドーム正面入口で夏油懐かしキャラタモ君に遭遇、「〇ッチ君も来るよ」と言われつつドームに入り車から装備を引っ張り出して定位置に着くとkimさんの荷物発見、滑ってるようだ。 「まあ一ゴンもまだ動いてないし」とツアールートやる気の筆者とタモ君は定位置にてまったりしていると〇ッチ君やらkimさん、クニ君等ワラワラ登場。そしていきなりナオヤ君の弟と言うしげ君が合流、皆さんコースは駄目なのでツアーに参加と言うことになり装備を整え一... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/19 04:02
栗駒日報(当たりだと思いきや.......)
今日は栗駒ツアーにつき7時に自宅を発。途中マックで朝マックなどしつつ待ち合わせの一関インターに着くと既にカズアキ君が到着済み。後はストーンリバーさんかー、となっていると定番の30分遅れるメール。イヤー9時集合にしなくて良かったなどとカズアキ君と話していたがストーンリバーさんは8時30分を回っても到着せず結局来たのは8時45分..........。 まあイイかとカズアキ君carで割と見えている栗駒に向け発進。 途中のいいかげんな除雪にビビりつつも到着した憩いの村は既に先客がズラリ! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 41

2008/02/11 20:21
裏夏油日報(雪所により胸)
昨日は少々の降雪しか確認出来なかったが裏ならなんとかなるだろうと8時50分に一関を発。しかし道中かなりゆっくりした車両に捕まり眠気を誘発。結局眠気に勝てず金ヶ崎JAで10分爆睡し割とシャキッとした筆者は再び夏油に向け爆進、10時丁度に駐車場に到着する。 早速準備してドームに上がると某班がスノーシュー背負ってる?聞けばオガラ森を攻めるとの事、かなり気合いが入っている。 そんな中筆者もマイナス系への準備を進めているとkimさんや〇ッチ君、sasaさん等が合流、マイナスツアーに参戦する事となり... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 24

2008/02/09 03:37
裏夏油日報(予告編)
もう眠いので予告編。 今日は最高! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/02/08 17:45
裏夏油日報(底突きナシ)
今日はどうするべーと迷うも良いのでは?と言う誘惑に負け8時50分に一関を発。乾いた農免道をぶっ飛ばし10時丁度に駐車場着。駐車場から見る未圧雪コースは大体滑られている状況。ツアールートに賭けるか?と思いながらドームに上がるとf2夫妻を発見!奥様がバートンのフィッシュを試すらしいのでアップがてらに筆者も一緒にニゴン乗車、C4の端パウを目指す。C4の端パウは見事に残っていたがたまに硬い地形が隠れていたりして少々恐ろしい。とりあえずC5にも侵入してみたが底がやや当たる、なにより最後の段差に謎のリッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

2008/02/06 16:25
裏夏油日報
今日は栗駒がよく見える中9時10分に一関を発。久しぶりの滑走を楽しむべく夏油を目指す。 途中何時に来る?メールを交わしながら快調に飛ばし入畑ダム湖に差し掛かるとやっと全面結氷の兆候!結構寒い年なのに全然凍らないから心配してたがイガッタ!。 その後駐車場にたどり着き車を降りてふと見渡すとタカハシ君発見。話を聞くと娘をボードデビューさせるらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2008/02/03 21:28
栗駒日報(パウダーは何処に?)
昨日はおやじさんと栗駒ツアーの為9時におやじさん車で一関を発。本寺経由で向かうと何となく山頂まで見える。もし山頂まで行けて視界があるなら南面をを滑り切ろうと考えながら10時20分に憩いの村着。 ゆっくり準備して10時50分にハイクを開始。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2008/01/24 06:29
裏夏油日報(今季初鷲ヶ森は.......)
今日は9時10分に一関を発。晴れているのだが氷点下5度代と寒く県道はテカテカ、対向車がタコ踊りしてたりしてかなり恐怖を感じながら温泉線に入ると鷲ヶ森がクッキリハッキリ。 その後10時10分に駐車場に入ったが駐車場から見る未圧雪コースは全て使用済み.........。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2008/01/21 20:49
栗駒日報(貴重!栗駒パウダー)
今日は栗駒の新湯沢ルートを踏査しようと9時10分に一関を発。国道を走りつつ栗駒の様子を伺うが全く見えず1300メーター付近での敗退を予感させる。 途中の行者滝気温計はマイナス4度となかなかの寒さ、途中の渓流の滝も皆氷瀑になっていて見応えアリ。 そんな中耕英開拓地に入るといわかがみ平付近まで目視で確認。どんなもんだべ?と思いながら10時20分に小雪舞う憩いの村へ到着。寒さが厳しいのでネックウォーマーをつけて10時40分に出発したが最初のショートカットで体が燃えネックウォーマーを引っ込める。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/01/18 16:53
裏夏油日報(兎森よりC6へ)
今日は状態の良い夏油を夢見て9時に一関を発、既にタカハシ君が先に夏油入りしてるらしいので先を急ぐとタカハシ君から電話。内容は「コースにパウダーがアリマセン」。そんな馬鹿な!と思った筆者だったがタカハシ君は裏やりたいので一回帰って準備してくるとの事。急ぐ理由も無くなった筆者はアイシーな県道をゆっくり走行。途中大破した事故車を見ながら10時20分に夏油入りする。 駐車場から見たコースは確かに端までピステが入っていて端パウも無い状態.......。無圧雪のB2C5はラインだらけ、オマケにC5上部... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2008/01/11 17:08
裏夏油日報(兎森探訪)
粗方コースのパウダーを食べ尽くした筆者は狙いを夏油の最高点である兎森としバックパックにフィーゲル装着。近場なのでバックパックの中身はザイルとスコップだけにし一ゴン乗車。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/01/08 11:20
栗駒日報(久々)
今日は明日からの荒天の間隙をつき栗駒調査を目指し一関を9時30分発。自宅からは全く見えなかった栗駒山だが本寺まで来るとなんと山頂まで見えるではないか! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/12/28 17:57
裏夏油日報(横岳キャンバス)
フィーゲルの準備をしkimさん一行と別れ一人山頂台地散歩に向かうと天気は晴れ始め久しぶりに横岳や鷲ヶ森、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/25 17:57
裏夏油日報(フィーゲルウォーク)
クロサワ君とkimさんと別れた筆者は久しぶりのフィーゲルウォークを試すべく一ゴン乗車。 山頂到着後とりあえず展望台に登り滑り降りるを数回繰り返しその後山頂台地の散歩に出発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/18 18:51
栗駒日報(秣岳オソルベシ)
昨日はスノーシーズン最後のツアーとして未知の山、栗駒の秣岳を選択。 9時にインター集合であったがストーンリバーさんの遅刻で9時30分に一関インター発。現地集合となっていたカズアキ君と須川湖で10時30分に合流し秣岳直下の路側帯に駐車。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2007/05/13 20:27
鳥海日報その2(七高山より祓川へ)
山頂でしばらく滑走体力の回復を図る一行であったが16時に近づくと流石に寒く滑走準備に入った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2007/05/02 03:48
鳥海日報(祓川より七高山へ)
昨日は鳥海山ツアーにつき4時に起床。 うらうらとコンビニで買い物しつつ集合場所のインターに着くとしばらくしておやじさんタカハシ君と続々集合、ストーンリバーさんは15分程遅れての到着、すでに慣例化している? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2007/05/01 10:48
栗駒日報(須川口ツアーリング編)
昨日は栗駒ツアーだったのだが参加者がF2ライダーさん以外未確定だったので朝方に電話をかけまくりタカハシ君の参加を確認。集合場所の一関インターへ8時50分に着くと既にタカハシ君がスタンバイしていたがF2ライダーさん寝坊の為スタート延期。30分程でF2ライダーさんが合流し須川温泉に向け久しぶりにタカハシ君の裏夏油バスがスタート。道中2〜3台の神風ダウンヒル攻撃(みんな爺ちゃん)を受けながら10時30分に須川温泉到着、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/04/29 20:04
栗駒日報(ラストパウダー?真湯ゲートオープン!)
今日は新聞で国道342号線真湯ゲートが10時に開通する事を知り急遽須川口からのツアーを立案、決行すべく9時10分に自宅を出、岩手日日の社用車とデッドヒートを繰り広げながら9時45分頃真湯ゲート到着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/27 19:36
月山日報(ガスガスガス......)
昨日はロッジやつなみにて5時に目覚め窓をやおら開けて状況をチェックするも小雨と酷いガスにテンションダウン、二度寝に入る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/04/24 11:10
月山日報(雨でもたのし)
今日一関は大雨であったが移動日と割り切って月山ツアー決行。 まず9時におやじさんが筆者宅来訪、大雨の中おやじさん車に荷物を積みとりあえず出発。栗駒→鳴子と抜け尾花沢に入ったが月山と葉山は全く見えず......。雨足も変わらないまま寒河江インターより山形道乗車、志津より上は雪渓ガスが酷く視界が狭い、雨足は幾分弱くなったか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2007/04/22 18:47
栗駒日報(栗駒も雨.五里霧中ツアー)
昨日は栗駒に雲がかかり標高1300メーターより上が自宅からは見えなかったが天気は持ちそうと判断、カズアキ君に栗駒ツアー決行のメールを出し、自宅待ち合わせのストーンリバーさんを待つと15分遅れるメール。9時20分頃ストーンリバーさんが到着しイワカガミ平に向けて出発。市内は日も射し明るかったが県境を越えた辺りから路面が濡れだしポツポツと小雨、東栗駒斜面もガスがかかり始めている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/22 05:56
栗駒日報(イワカガミ平ゲートオープン!)
今日はイワカガミ平線ゲートが10時に開くと言うことで8時50分に自宅を発、途中道路工事で足止めを食いながらもなんとか9時40分に憩いの村着。ゲート前にはどこから情報を掴んだのか5台ほどの民間車。先頭に道路管理維持車がおりゲート前で簡単なセレモニーをやる模様。筆者も車を降りチョイと神事に参加、その後ほどなく10時になり遂にゲートオープン、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/20 18:03
栗駒日報(まだまだ真冬、笊森山荘へ....。)
今日は久しぶりに栗駒へ9時30分発。10時20分に憩いの村に入るとパラパラと雪?こりゃラストパウダーが期待出来るのでは?と思い急いで準備。5分で準備を済ませ早速ハイクに入る。ゲート付近の雪解けはかなり進みもうそろそろ憩いの村スタートも限界に近いようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/04/19 18:43
栗駒日報(またもや吹雪です)
昨日は栗駒ツアーにつき9時一関インター集合の予定だったがF2ライダーさんの不参加により急遽筆者宅集合に変更。8時20分頃おやじさんが来襲、ミーティングルーム?で暇つぶししてもらっているとストーンリバーさんから10分程遅れるメール。9時10分頃予定通り?ストーンリバーさんが到着したので早速おやじさん車で憩いの村栗駒に向けて出発。ポツポツと降っていた雨は宮城県側に入ると止んで一行を喜ばせたが憩いの村に着き準備してると今度はポツポツと雪降り! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/04/16 15:34
月山日報(くす玉割ったら猛吹雪編)
オープンセレモニーをしばらく眺めたがなかなか進みそうにないのでリフト小屋に戻り早めの昼食を採ろうとしたが何やらジョン夫妻とSGX氏の姿が見あたらない?なんだかわからないまま皆で味噌ラーメン食ってるとジョン夫妻と大和君、SGX氏がセレモニー方面から帰還、大和君は泣いている? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2007/04/12 10:20
月山日報(月山リフトオープン!金姥より西俣沢へ)
昨日は月山ツアーの準備につき4時起床。4時30分に集合場所である一関インターに出発、インターに着くとナオヤ君、kimさんと続々集合、と思いきやSGXさんの気仙沼発グループがまだ千厩との事。後30分はかかるのでは?と言うことになり近くのマルマツでモーニング食べてると白いイシワタ君とこのエスティマが到着、SGX氏、キミ、ジョン夫妻と大和君(2歳)、イシワタ君が降りてきて今回のツアー参加者の全貌を初めて知る筆者。 とりあえず急いで会計してマルマツを出、インターでkim車に荷物を載せようしたら筆者... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/04/11 11:47
栗駒日報(ストーンリバーツボ足伝説2007年春.人生初クリフ編)
昨日は栗駒に雲がかかり怪しげな天気であったがストーンリバーさんとの栗駒ツアーを行うべく9時筆者宅集合、であったのだがストーンリバーさんは余裕の遅刻で9時30分着。 9時40分に出発すると徐々に栗駒にかかっていた雲は取れだし本寺付近から山頂まで丸見え!これなら山頂も狙えると意気込んで車を走らせ10時30分に憩いの村着、10時40分に出発した。もちろんストーンリバーさんはツボ足である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

2007/04/08 10:10
第五回栗駒調査(山頂南壁よりドゾウ沢及び変形裏掛?ルート編)
今日も栗駒丸見えの天気につき9時20分自宅を発、憩いの村を目指す。毎回晴れ予報が外れて吹雪かれるが今日は大丈夫そうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/04/06 18:33
第四回栗駒調査(またも裏切る栗駒さん.......)
今日はあまりにクッキリ栗駒が見えたので安直に栗駒に決定。9時30分に自宅をで10時30分に憩いの村栗駒着。途中の行者滝では気温5度となっていたが憩いの村はチラホラと雪。準備を手早く済まし9時40分にハイクを開始、昨日の黄砂の影響は新雪で緩和されているがラッセルした跡は黄色......。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/04/04 19:38
裏夏油日報(春の表層祭りその2、ツボ足ロングツアー編)
ドームでストーンリバーさんと合流した筆者はとりあえず一休み、そろそろ雪も滑らなくなる時間なので久しぶりにロングツアールートのマイナス4観光を提案、スノーシューの持ち合わせがなかったので久しぶりにツボ足行脚となる事が決定し一ゴン乗車。 頂上台地に上がると霧氷が取れ始めており雪質の悪化を示唆している。 とりあえずスタート地点でストーンリバーさんと雪庇撮影したが筆者が雪庇位置に誘導しきれずボツ企画に。その後連絡路、マイナス林間と滑りは良かったがマイナス3稜線にて遂にブレーキングスノーに捕ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2007/04/03 18:05
裏夏油日報(春の表層祭り編)
土曜は日曜の雨を避けるべく9時に一関を発、夏油を目指す。前日と打って変わってしっかり除雪された夏油温泉線を抜け駐車場に入ると雪だらけ。絶対除雪しない気なのか? その後ドームに上がるとヨネックスの試乗会につきちょっと混雑。 もう営業してないセンチュリー付近を見れば黒沢夫妻を発見、30分程だべりその後黒沢君ととりあえず夏油ボウル滑るかと行動開始。一ゴンで頂上台地に上がると霧氷がありなかなかのコンディション。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/04/02 21:53
裏夏油日報(裏切らない裏夏油編)
昨日は夏油が雪との情報を得て雨の一関を8時30分に発。平泉からみぞれになり前沢から湿雪。夏油温泉線に入ると全く除雪されておらず轍を外すと車がクルクル回る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/03/31 18:19
第三回栗駒調査(裏切りの栗駒編)
昨日は朝方一関でも降雪となったが7時には雨。それでも栗駒なら雪なのでは?と思い9時30分に自宅を発、どこから雪に変わるだろうと期待しながら車を走らせたがどこまで行っても雨。行者滝の温度は0度を示していたのでなんとかなるだろうと耕英開拓地に入ると路面がシャーベットになるも未だ雨.......。 その後のスノーシェルターで除雪による足止めをくいながら10時30分に憩いの村栗駒到着。 ここでやっと雨は雪になったが準備してる10分の間に雨に変化.....。まあ小降りだったのでとりあえずイワカガミ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/30 16:11
(参考過去資料)栗駒敗退新湯沢滑走編
今日(2006年4月1日)は天気が良さそうなので予定通り栗駒を目指してみる。 9時30分に同行のストーンリバーさんが筆者宅に到着し憩いの村栗駒に出発、10時30分に到着した。 憩いの村付近は新雪がかなり積もっておりスノーシュー使うか迷うが先行ラッセルが多いようなので使わない事にした。 10時40分頃に登攀を開始。かなりのトレースがすでにありツボ足でもハイクが楽々。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2007/03/28 04:38
裏夏油日報(裏夏油観光トレッキング編)
土曜日は気温が高かったが次の日は雨予報のようだったのでとりあえず夏油に出勤。8時30分に一関を出、春霞の夏油に9時30分着。ドームに上がるとカズアキ君、kimさんと合流。 コースの状態をとりあえず聞いてみたがサッパリ滑らないとの事。まあ予想通りではあったが裏夏油ならまだ雪質が良いのではないか?となり一ゴンに乗車、頂上台地に赴くと少々気温は下がったものの氷点下では無く連絡路、マイナス林間共に最強のブレーキングスノー! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/03/26 20:57
裏夏油日報(ストームチェイサーその2編)
アップ滑走を済ませドームに帰還するとkimさんは帰宅体制。単独となった筆者はどこ滑るか迷ったがロングルートのAマイナス4に決定。一ゴンに乗車しふとA3.5?辺りを見ると北面にクラック、いつもの場所だがちょいと寂しい気持ち、春なんですねー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/24 17:39
裏夏油日報(ストームチェイサー編)
今日は寒気の名残を追って一関を9時10分に発。道中は太平洋側は入道雲、奥羽山系には雪雲の攻めぎ合い。その後ダム湖辺りから雪がちらつきだし駐車場では結構な降りになった。 これは当たったかな?と思いながらドームに上がると久しぶりにkimさんと遭遇。早速今日の雪質について聞いてみると「モソモソしてる」との答え?ターンしずらい新雪らしい、イメージが湧かないが酷そうだ。その後下倉でのボウルセッションの話を聞きながら準備をしアップにマイナス2やるかとなったがこれにkimさんが同行する事になり小雪の降る... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/03/23 17:43
裏夏油日報(スティープキャンプ?編)
ドームでタカハシ君と合流した一行はついでに腹ごしらえ、筆者は超大盛焼きそばの影響で昼飯自粛。その後少々の休憩と作戦会議を経て再び一ゴン乗車、再度S字バンク前を攻めるべく頂上台地より出発。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/03/22 19:18
裏夏油日報(夏油ボウル及びS字バンク前斜面セッション編)
今日はお彼岸で墓参りの予定だったが前日に重鎮より召集命令が下ったため墓参りを延期、8時30分に一関を立ち快適に夏油大橋まで来るとトレーラーにワゴン車が搬入中で片側通行。故障かなーと思った瞬間右側の欄干が無い事とワゴン車の正面が滅茶苦茶な事を確認、大変な事故だったようだ。ダム湖に落ちたら死んでたね........。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2007/03/21 19:43
安比日報(西森オフピステ探訪)
試乗を終えフードコートで一時休憩を取った筆者は安比に来た目的の一つである西森オフピステの探訪のため安比ゴンドラに乗車、20分?程揺られて強風の前森山頂に14時到着。強風ではあったが天気は八幡平が見える程に回復しており目指す西森もクッキリ。 とりあえずヤマバトコース序盤で停止して西森の滑走出来そうな所を探す。とりあえず何カ所か見当つけて西森リフトに乗車。リフトからコースを観察したが深雪とは程遠い状況であまりお客さんも見られず過疎。こりゃ外したかな?と思いながらリフトを降車。索道員のおんちゃん... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/03/20 10:24
裏夏油日報(Aマイナス2およびS字バンク前斜面からAマイナス1編)
雪庇斜面を全員無事?に滑り抜けハイクバックルートで一休みしていると雪が降り始め吹雪となった。一行は急ぎA1に合流、バックパックをデポしようとドームに帰還すると丁度12時頃でストーンリバーさんと合流、席に着いて一休みした後一ゴンに五名乗車で頂上台地へ。 頂上台地は吹雪が止んでいたもののラッセル跡が消えかかっていて少々難儀したが連絡路に滑り出すと走りの良い新雪であることが判明、前回とはうって変わって軽い感じのマイナス林間を筆者→ストーンリバーさん→ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/03/18 06:39
裏夏油日報(夏油ボウルから雪庇斜面へ)
今日は少々遅めの9時30分に一関を発。平野の天気は良かったが奥羽山系には雪雲。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/03/17 19:07
裏夏油日報(Aマイナス2およびAマイナス3ガイドツアー編)
二度の夏油ボウル調査を終え再び一ゴンに乗った筆者は次の照準をマイナス2系に定め三度頂上台地にとりつく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

2007/03/16 09:40
鷲ヶ森日報(超ハードラッセル、滑走、帰還編)
山頂観光と休憩を済ませた筆者はおもむろにスコップ持って大斜面に近づきカンノ君とスノーピット掘り。60センチ程掘るとアイシーな古雪が現れたが新雪との結合は強く滑走可能と判断。スノーピットから目を離し顔を上げると斜面がいきなりホワイトアウトしていて全く見えない?周辺の山々も見えない状況、これは一番恐れていた事態、昔、苦杯を飲まされた記憶が蘇る。天気の激変さで定評のある鷲ヶ森、のんびりしてられないようなので皆に滑走準備をしてもらいガスが晴れるのを待つ。 そして15時頃に斜面のガスが取れ始め周辺の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/03/12 20:44
鷲ヶ森日報(超ハードラッセル、天空回廊編)
丸子峠で一休みした一行は横岳鷲ヶ森間の最鞍部手前までツボ足ハイク、最鞍部手前のブッシュが多い斜面を滑り抜け最鞍部に到着。ここからは登りのみなので各自スノーシューの用意をし板をバックパックに装着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/03/11 09:11
鷲ヶ森日報(超ハードラッセル序章編)
今日は鷲ヶ森ツアーと言うことで小雪舞う一関を8時40分に発。久しぶりに夏油へと向かう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/03/10 20:10
裏夏油日報(鷲ヶ森滑走、帰還編)
鷲ヶ森山頂で白子森観察やウシロ沢の埋まり具合などを観察していたが何やら天気が良くなり始め気温が更に上昇しそうだったのでサッサと滑走準備、今回は菊池さんの提案で鷲ヶ森中央から一回ボトムの棚まで滑り切りその後ハイクアップして鷲ヶ森北側斜面を滑走しバックパックデポ地点に戻る事となった。 とりあえず筆者が中央に移動し中央斜面を観察、クラック無しと判断し後続を呼びライン取りを談義。ライン取り決定後早速筆者がリードを兼ねてドロップイン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 60

2007/03/05 08:52
裏夏油日報(鷲ヶ森調査登頂編)
今日は風邪で具合が悪く夏油に行くかどうか迷ったがなんとなく8時30分に一関を発。途中タカハシ君から鷲ヶ森同行するとのメールがありこの体調で大丈夫なんだろうか?と少々不安になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/03/04 22:08
参考資料、先シーズンの鷲ヶ森ツアー
前回のルート調査に比べて天地の差がある今回のツアー。参加者はハードアタッカー改めボーンクラッシャーさんとカズアキ君。参加予定だったストーンリバーさんは時間までに来れず参加見送り。 とりあえず1ゴンに乗ったのが10時半。横岳山頂で11時丁度。そして横岳から丸子峠へ一気に滑りこんで行く。一回登りを挟み丸子峠到着11時20分。 丸子峠からの登りで一番気をつけたいのはクラック帯なのだが今年は異常に激しいようだ。ボードを橋がわりにしたりしてクラック帯を無事抜ける。 その後最後の難関であるアイス帯... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/01 16:49
八甲田日報(赤倉滑走編)
赤倉山頂から駆け降り一行に合流すると下方のガイドツアーは完全に滑走面上から移動、雪崩による二次災害の危険は無くなったので滑走準備開始。11時40分に筆者がリードの為慎重に滑走を開始したが非常に良い雪質にすぐ発狂ライド。ガイドツアーのお客も笑いながら見ていたようだ。とりあえず赤倉を北側に巻きつつ滑る予定なのでオープンフェィス下部北側に待機して後続を待つ。しばらくすると ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 34

2007/02/28 04:55
八甲田日報(赤倉登頂ストーンリバーツボ足伝説編)
昨日は酸ヶ湯自炊部にて6時起床。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2007/02/27 11:29
八甲田日報(ありえん天気だ!編)
今日は裏夏油会八甲田遠征につき9時におやじさんとストーンリバーさんが筆者宅に集合、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2007/02/25 21:35
裏夏油日報(夏油温泉野営場ルート探訪編)
今日は春霞のような天気の中9時に一関を発。今日は昨日と違い山も高温のようだ。それなら観光を兼ねて夏油温泉キャンプ場ルートの調査をしようと思案。車をすっ飛ばして9時50分に駐車場に入りドームに上がると今週テクニカルプライズを受ける為緊張気味のリーチ君と遭遇。話しながら準備をしていると10時30分、遠くに行く割にのんびりし過ぎた。急いでゴンドラに乗って頂上台地に上がりいつものマイナス系のスタート地点よりやや進んだ斜面を目指す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

2007/02/22 18:08
裏夏油日報(Aマイナス4調査編)
今日は9時に一関を発。栗駒と焼石がクッキリ見え冬晴れのいい天気。ツアー日和そうなので今日はAマイナス4調査をやろうと車を加速させる。農免道に入り再び焼石を見やると焼石上空に傘雲?普通これは天候の激変を現していると言うがこの晴れ間でまさかねーと思いなから10時に夏油高原の駐車場へ入る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/21 17:26
裏夏油日報(S字バンク前斜面からマイナス1へ)
マイナス2セッションからドームに帰還するとカズアキ君とJOさんが定位置で待機中、早速着席し各自の自慢話が展開される。それに食指を動かされたカズアキ君が「俺も北斜面なら滑りたい」となり「それならS字バンク前はどうだべ?」と筆者が提案。結果全員一致でS字バンク前行きを決定、素早く準備をし一ゴンに乗車、頂上台地を目指す。途上ゴンドラ下のトラックがやたら多く外人ルートから下部ゴンドラ下をそのまま抜けてるスキーのラインもあった。噂だが下部ゴンドラ下を抜けた場合はパス券没収との事、基準がよく分からん... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2007/02/18 06:34
裏夏油日報(Aマイナス2ツアーいい天気編)
今日は冬晴れの中一関を8時50分発。昨日までの雪降りでかなりの悪路を予想したが路面に雪はあまり無く10時に駐車場着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/02/17 19:31
裏夏油日報(Aマイナス3ガイドツアー)
マイナス2ツアーからドームに帰還した一行はとりあえず昼食を採り次の行動について談議。あまりの混雑を見せるコースは捨ててやはりマイナス系を攻めようと話しているとストーンリバーさんが合流。ルートは観光と調査を兼ねて今季未踏のAマイナス3と決定。初心者講習のため菊池さんが離れ子守の為タカハシ君が離脱。代わりにストーンリバーさんとJOさんが参加となり一ゴンに乗車。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2007/02/12 17:52
裏夏油日報(Aマイナス2ツアー)
昨日はやっと冬晴れになった一関を8時45分発、途中前沢ジャスコで道草してると店内に長蛇の列?アナウンスを聞くと先着200名に紅白餅をプレゼントとの事、餅二個の為にこの人たちは並んでいるのか?戦時下の配給のようだ。 道草を終え農免道を急ぐと焼石などの奥羽山系は雪雲の中、夏油はカリカリな事が予想されたが久しぶりの冬型の為にちょっとうれしい。 その後車を何台か追い抜きつつ10時頃駐車場に着いたが今日はかなりの人出のようで既に車列がかなり後方、とりあえず誘導を無視して前列にスペースを探しに行くと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/12 01:55
裏夏油日報(三月のような雪質です.....)
昨日は8時50分に一関を発。昨日に引き続き小雨のパラつく天気だったが平泉からは雪に変わり少々の期待を起こさせた。しかしその後胆沢に入ると急に晴れ出し気温が上昇、なんじゃ?この天気は? その後温泉線からスキー場への道に入るとC8フェイスが全層雪崩!この時期にこんな事になるのは初めて見た。駐車場に着くと三連休初日の割には混んで無く割と前列に駐車。 駐車場係のおんちゃんと会話しながらイソイソとドームに上がると菊池さん、ミホちゃんなどと合流。コースがシャバ雪な事、しかし新雪である事などの報告... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/02/11 06:22
裏夏油日報(何故かガイドツアー編)
今日は薄曇りの一関を8時50分発。気温が高くどんよりしているが奥羽山系はかろうじて雪雲の気配。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/02/09 19:31
裏夏油日報(Aマイナス2調査編)
今日は8時40分に一関を発。最初見えていた奥羽山系の山は雪雲に覆われみるみる見えなくなった。温泉線に入るとウッスラ路面に雪。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/07 18:44
裏夏油日報(C6ツアー編)
試乗を終えドームに帰還するとストーンリバーさん到着前だったので焼きそば注文して腹にかきこむ。食べ終わった頃にストーンリバーさんが合流し裏行く?と言う話になったが筆者以外スノーシューの準備が無かったのでマイナス系は諦めライトな裏夏油C6を目指す。 とりあえずニゴンに乗車し頂上駅舎を降りるとさっきまでのガスがとれ良い天気。アップにCコースへの連絡路からB4?に滑り込んだが雪が軽く深く今日一番の滑走感。これはC6も最高なのでは?と思いながらクワッド乗車、C4雪庇を飛びながらC6入口に到着。以前よ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/02/04 09:21
裏夏油日報(操舵不能編)
今日は9時15分に良い天気の一関を発、奥羽山系は雲の中で雪のようだったが平野は暖かくしばらく車の窓を開けて走行。しかし胆沢川を渡った辺りから気温が下がり始め夢の湯付近から雪が降り始めた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/02/01 17:58
裏夏油日報(一人パウダー8選手権編)
今日は8時40分に一関を発。途中前沢イオンで週間文春買おうとしたら無くて怒り心頭。何故か立ち読みタイムになり前沢イオンを出たのは9時20分。農免道からは雪が降り出し期待させたが夏油に着くと曇りと言うか濃霧? とりあえず準備をして一ゴン乗車。頂上からマイナス林間にポールワークで直接滑り込む算段だ。 一ゴンで少々雪のチラつく濃霧の中上昇していくとゴンドラ下にパウダー8発見?ナイターのラインらしいモノが他にも多数。最近一ゴン下は滑られて無いので珍しい。 一ゴン下を過ぎると急に日差しが強くなり... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/01/26 16:09
裏夏油日報(A0からA0プラスへ)
撮影セッションを終了しドームに帰還してしばし昼食を採った後キャラメルマンと別れ筆者は前回不甲斐なかったA0からA0プラスの調査に出る事を決定。13時30分に一ゴン乗車。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/26 03:17
裏夏油日報(マイナス林間からマイナス2へ)
丸子峠調査を終え12時40分にドームに帰還するとすでに全員集結。とりあえずA0滑りながらマイナスルートを伺う事になり一ゴン乗車。その後A0の上部から侵入すると雪がサンクラスト寸前の雪で激重!八幡平の雪崩から生還したばかりのカズアキ君はテンションが低いのか転倒を繰り返し菊池さんに珍しがられていた。 激重の雪をかき分けA0中盤にさしかかると滑走ラインが多くかなり滑りづらい。途中で停止し皆でマイナス方面を観察しているとS字バンク手前に三人ほどの人影?菊池さんが呼びかけたところハイクしてコースに戻... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/01/22 19:01
裏夏油日報(丸子峠方面調査編)
今日は非常に良い天気の中8時40分に一関を発。栗駒がよく見えていたが強風が予想された為栗駒は見送り、一路夏油に向かう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2007/01/21 23:27
裏夏油日報(C6方面調査隊編)
今日は一関を8時40分に発、久しぶりに夏油を目指す。 夏油温泉線からスキー場への道に入るとC6の隣C7フェイスが割とイケるような感じがした。 その後駐車料金を払い上部駐車場に侵入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/01/20 18:38
裏夏油日報(ハイクバックルート踏査編)
今日は8時30分一関を発、農免道は胆沢に入った辺りから凍結路になりかなり危険。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/16 00:27
第二次栗駒調査(栗駒に轟く絶叫編)
今日は9時10分に一関を発、あまりに栗駒がクッキリ見える為、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/01/05 19:27
裏夏油日報(滑り初め?編)
今日は9時10分に一関を発、滑り初めとフィーゲルのテストの為、夏油を目指す。非常に天気が良いが奥羽山系は雲の中、夏油も雪降りか?と思ったが経塚山の辺りから雲が取れ夏油も丸見え。残念ながら今日も降雪は無いようだ。 夏油温泉線に乗ると長い車列に合流、今日は平日だから空いてるだろうと思ってたが大間違い、10時10分に夏油に着いたが駐車は今季初の最下部駐車場.......。 その後フィーゲルの準備をしてまたも混雑気味のドームに上がるとカズアキ君を発見、筆者のフィーゲルテストにつき合い頂上台地へ行... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/01/04 17:51
裏夏油日報その2(横岳方面編)
12時頃ドームに帰還し暫し一休み、30分程の休みを経て再び一ゴン乗車、今度は横岳方面の調査に向かう。12時45分頃頂上台地に取り付き辺りを見回すと早池峰や岩手山、遠方にはうっすら鳥海山、鳥海山は今季初見かな? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/26 10:37
裏夏油日報(C6方面調査編)
今日は良い天気の中8時20分一関を発、途中道路工事で足止めが多く駐車場に着いたのは9時30分、天気が良くて客の入りが良いのか珍しく下部駐車場に回された。 駐車場から見る夏油のフェイスは昨日の状況とうって変わってピッシリ圧雪、B2コースなどの未圧雪コースには昨日のラインが夥しいほど入っていた。 その後ドームで朝食を採り一休みし、10時丁度に第一ゴンドラ乗車、A6経由で二ゴン下を滑った後C6方面調査に向かう算段だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/25 18:14
裏夏油日報(パウダーはどこですか?編)
昨日は朝靄の中、一関を8時45分発。やたら道が凍っていて対面衝突の事故現場なども通り過ぎながら9時45分に上部駐車場着。駐車場から見る夏油のフェイスはピッシリ圧雪。未圧雪のトコはラインが入りまくっていたが気温の低さもあり雪質は上々。横岳に行けばパウダー当てれるかも?と思いながら準備をしてドームに行くと渡部君、みつえ氏、ムラサキの店員さんと遭遇。スケートボードの話をしながら装備を整えゴンドラ乗車、横岳に向かう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/12/22 03:31
裏夏油日報(いい天気編)
今日は一関を8時50分発。途中おぼろげに栗駒や焼石が見えてきたなー、と思ったら県道13号に乗った辺りから焼石全開!このクッキリさは太平洋高気圧による晴れでは無いことが明白。寒気が来ますよ、旦那。 そんな事考えながら県道夏油北上線に乗ると今度は鷲ヶ森、白子森、牛形山がクッキリハッキリ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/15 15:07
裏夏油日報(横岳調査編)
今日は10時ちょうどに夏油入り。下界は暖かったがここは氷点下近く。その為コースはカチコチ。 ならば頂上台地もカチコチで歩き易いのでは?と思い、頂上台地から横岳までの探索を計画。スノーシューの他に念の為軽アイゼン、ザイルを装備してゴンドラに乗り込み10時30分に頂上台地に取り付く。雪はモナカ雪でツボ足だと地面まで抜ける為スノーシュー履いて出発。 最初こそいつもの頂上台地だったがあっと言う間にブッシュだらけになりとても歩き難く横岳頂上に辿り着くのに40分程かかってしまった。(ハイシーズン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/14 18:07
第一次栗駒調査
今日は気温が高めの中栗駒調査に9時5分一関を発。途中の行者滝温度計で4℃と高温。ハイルザーム栗駒辺りから道路に雪が多く気温の高さも重なって路面状況が最悪。 なんとか乗り切り10時ちょうどに憩いの村栗駒到着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/12/13 13:07
再録岩木山キャットツアー。
裏夏油会名義でキャットの予約を取ったこのツアーは裏夏油会冥利に尽きるツアーとなった。 2006年3月13日4時筆者が起床。急遽参加のタカハシ君に電話をかけタカハシ君の裏夏油会バス1台で岩木山に行く事に変更。平泉前沢インターで5時20分頃に合流し一路岩木山の岳温泉を目指す。 参加者は木村さん、おやじさん、タカさん、ヒデハル、タカハシ君、筆者。 途中様々苦難に会いながらABS、助手席からエンジンブレーキなどの奥義を尽くし8時50分に岳温泉到着。 駐車場ですでにバフバフの雪に期待は深まる... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2006/11/11 16:25
栗駒日報その4(帰還編)
御駒ヶ岳山頂付近で写真を撮りまくっているとすでに15時、下山を開始する。天狗平までの復路は何とも無かったが昭和湖までの下りはやはり手強かった。土止め階段の落差が結構あり足に疲労が溜まる。まあそんでも20分程で昭和湖に着き小休憩。その後は地獄谷→名残が原の復路を取り、名残が原手前で浴衣とタオル姿のおんちゃん達10数人とすれ違った。須川口ならではの光景だ。 そして16時見慣れた須川温泉に帰還。いつものごとく秋田県側の須川温泉、栗駒山荘で入浴。4時間の小旅行を締めくくった。 写真は栗駒山荘... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/05 09:18
栗駒日報その3(御駒ヶ岳縦走編)
山頂で昼食を食べ終わると突如ガスが晴れ展望が広がった。山肌がほんの少しだが色付いているのがわかる。少し下って御室方面を見るとかなり大きい雪渓が残っていた。冠雪が早ければ越年するかもしれない。 その後14時に下山開始。天狗平まで戻った所で今まで行った事が無い御駒に縦走してみる事にする。 ほとんど高低差の無い道を20分程行くと山頂らしき地点に到達。眺めが非常に素晴らしい。竜泉ヶ原は初めて見たかもしれない。 切り立った展望台は火曜サスペンス劇場に出てきそうなシチュエーションだった。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/09/04 23:20
栗駒日報その2(ガスったよ編)
天狗平への急登に難儀しながら高度を上げる。土止めで階段状に整備された登山道が絶妙なタイミングで歩調を狂わす、帰りもしんどそうだ。 その後次第に登山道はなだらかになり稜線に近付いたがその分ガスも強くなり天狗平付近で展望が失われてしまった。天狗平からなら御室の雪渓が見えるはずなのだが…。 まあ気を取り直して天狗平から栗駒山頂への登山道を突き進む。そして13時30分栗駒山頂に到着。展望が全く無いがハラヘリもあり山頂で昼食とした。 写真は栗駒山頂神社背面。落書きする人いるんかね? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/04 20:28
栗駒日報(須川口編)
今日は久しぶりに栗駒登山。12時丁度に須川温泉着、12時10分に登攀を開始した。 10分ほどで名残が原を過ぎ地獄谷に入る。硫黄の噴気が激しく頭が少々クラクラ。 その後12時30分に昭和湖に到達。少々の休憩を経て天狗平への急登に入った。 写真は昭和湖。 この辺りから山頂にガスがかかり始めた…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/04 20:14
早池峰日報その3(山頂だよ編)
鎖場を過ぎしばらく登ると次第に樹高が低くなり少しづつ視界が良くなってくる。標高推定1300メートル付近で森林限界となり完全に視界は開けた。 森林限界上はハイマツとシャクナゲそれに小さな花々の世界だった。雲間から青空も見えるようになり意気揚々と山頂を目指す。途中2回ニセピークに騙されながら15時30分薬師岳山頂到着(関連動画http://t.pic.to/5k7kr山頂から)。しばし遅い昼食を採りながら冬場の滑走ルートの策定をしてみる。早池峰に降る雪は本州で最も軽い雪だと言われている、ご相... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/08/22 00:36
早池峰日報その2(鎖場だよ編)
濡れててやたら滑る木道を越え本格的な登攀に入る。登山道にやたら大きな岩が多く起伏が激しいが明瞭な一本道で安心感はある、下りが大変そうだが…。しばらく登ると大きな岩の下に光苔を発見、初めて見たが本当に光っていた!夜見たら不気味な事だろう… 光苔群落を過ぎさらに登ると大きな岩場に当たり鎖とハシゴでの登攀となった。鎖の経験はあるけどハシゴは初めてでした。 写真は鎖場での筆者。楽しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/21 23:52
早池峰日報(薬師岳編)
今日は早池峰に登ろう思っていたのだが出発が遅かったため標高がやや低い薬師岳に急遽変更、車で住田→遠野→川井村に進入、タイマグラを経て14時頃小田越に到着。小田越山荘付近に車を止め登攀にかかる。最初のツガ?の原生林に囲まれた木道歩きは独特な雰囲気だったが木道を過ぎると五葉山に似た感じ。同じ北上山系だからだろうか? 写真は小田越監視員詰所。 高山植物の盗掘に最もシビアな地でもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/21 19:52
湯浜温泉トレッキング?その3
露天風呂につかる事無く、また5分程歩くと今度は湯浜温泉本館にたどり着く。ここは栗駒のバックカントリールートで最長である湯浜ルートの終点、確か8キロぐらいだったハズ。来年辺りやってみるかもしれない。 さて本館に入ってみるとランプの宿なのに電気照明がついていてちょっと拍子抜け。どうも燃料を滑車で運搬して自家発電する事が出来るみたいだ。電話も衛星電話が使えかつては不可能だった直接予約も可能になっていた。ただ午後8時以降からはランプに切り替わるとの事、ランプを求める人は宿泊しないとダメですなー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/28 09:42
湯浜温泉トレッキング?その2
名称不明の滝を後にし5分程歩くと道からやや外れた所に何やら掘っ立て小屋のような物を発見。イソイソと降りて行くとそれは露天風呂。しかも管理者がいないので勝手に入ってイイのか?と思ったがしっかり「本館で五百円払ってからお入りください」と表記されていた…。 しかし無断で入ろうと思えば入れてしまうだろう…。これでは。 写真は湯浜の露天風呂。湯温は高め。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/28 04:20
湯浜温泉トレッキング?
今日は晴れてれば須川口から栗駒登山する計画だったが雨天の為、湯浜道路でランプの宿である湯の倉温泉か湯浜温泉に行ってみる事に。 10時30分に一関を出発、栗駒町→鶯沢→花山経由で湯浜道路に入る。温湯ゲートを越え山岳部に入り12時丁度に湯浜峠に到達。知らぬ間に湯の倉温泉への入口は通り過ぎてしまったようだ。仕方無いので湯浜温泉を目指して峠を下る。しばらくして湯浜温泉の駐車場に到着。駐車場から湯浜温泉へは徒歩で10分程の距離があり軽いトレッキングが楽しめる。 駐車場から続く整備された急坂を下... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/27 20:44
五葉山桧山ルートトレッキングその3
帰路に着き頂上台地を降り急斜面に辿り着く。考えてみると最近下山は滑走して済ましており自分の足で歩いて降りるのは久しぶりだ。そんなかんなで急斜に不安を覚えつつ降りてみる。降りてみると登りより非常に疲れる事が判明。いやー汗ダラダラです。 その後足場の悪い急斜面を一時間程下りアスナロ山荘に着くとかなりグッタリ。下りがこんなに効くとは…。 その後林道を山菜摘みながらウラウラと歩き駐車場に18時頃に到着。五葉温泉に流れるのでした。 写真は林道に流れていた滝。名称不明。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/23 08:58
五葉山桧山ルートトレッキングその2
アスナロ山荘を後にし再び登攀にとりかかる。最初は割とタラタラだったがすぐにキツくなる。植性が同位度の奥羽山系とかなり違いブナがほとんど無い。代わりにあるのがアスナロの木で樹高が高い。 しばらく登ると焼石に続きまたもやクマの糞発見!しかも非常にフレッシュ!クマが近くにいるらしい。警戒を強めクマ鈴最大出力で登攀を続ける。 かなりの急登を一時間程続けると植性にわずかに変化が見えるようになり矮性のダケカンパとシャクナゲ、笹が目立つようになった。ほどなく視界が開け始め五葉山頂上台地に到着。雲海... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/23 08:12
五葉山桧山ルートトレッキング
今日は五葉山を住田側からアタック。桧山林道をガタゴト走る事二十分で車での登攀は終了。14時丁度に人力で登攀開始。時間が遅いためとりあえずアスナロ山荘を目指してみる。割と平坦な車道歩きでかなり楽。ただ法面の崩落が激しく車での乗り入れは危険そうだ。 ほどなくアスナロ山荘に到着。時間は14時30分。アスナロ山荘は非常に立派な避難小屋で薪ストーブと水道設備が備わっている。 アスナロ山荘で紅茶を何杯か飲んだ後16時まで五葉山を登ってみる事にしてみる。地図の等高線を見る限りかなりキツそうに見えた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/22 22:28
焼石中沼ルートトレッキングその4
上沼で昼ご飯を食べ1時半に帰路に着く。とりあえず滑って帰ったのだが中沼まではダラダラと移動、それ以後は似た様な地形に迷いながら細かい林の中を滑走し中沼登山口へ帰還した。 写真は中沼へ移動する筆者。 中沼を過ぎてから一度ルートロストしてしまった…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/16 08:34
焼石中沼ルートトレッキングその3
中沼で一休みした後さらに上部の上沼を目指す。地図を見るとかなりダラダラの台地状の地形が銀明水避難小屋まで続いており距離が長い。 そんな中登って行くと途中で熊の糞を発見。もう活動期に入っているらしい。熊鈴を余計に鳴らしてみる。 その後登る事一時間、1時丁度に上沼到着。 今日はハードアタッカーさんのトコに行く予定もあった為ここにて登攀終了となった。 写真は横岳?森林限界はマダマダ先だ〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/16 06:36
焼石中沼ルートトレッキングその2
さてルートファインディングに取り掛かってみたのだが夏道は雪に覆われて全く見えず生い茂るカラマツの為展望も無い為コンパス頼りの登攀になった。 本当にこっちでいいのか?と疑心暗鬼になりながら登る事一時間とちょっとでとりあえずのランドマークである中沼に到着した。 写真は氷を残す中沼。時間は11時50分。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/16 06:00
焼石中沼ルートトレッキング
今日はあまりツアールートの話を聞かない焼石へトレッキングに向かいました。残雪が豊富なので板も持って行きますが…。 トレッキングルートは行った事が無い中沼ルートを選択。国道397から尿前林道に初めて入る。祓川の道みたいな立派な舗装道を期待していたのだが全くのガタ道。しかし途中の尿前渓谷やミズバショウはすばらしい。 中沼登山口に着いたのは10時丁度。遅い朝食を取りながら、ルートファインディングに取り掛かるのだった。 写真は尿前渓谷。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/16 00:00
本年度滑走計画終了
17〜18年度の参加型バックカントリーツアーは五月八日の鳥海山にて終了となりました。本年度は未知のエリア岩木山への挑戦が最も心に残ります。(ハイクがやたら楽だった)その他ではF2ライダーさんやストーンリバーさんの滑落、なによりハードアタッカーさんの骨盤骨折などショッキングな事件も印象的です。(ハードアタッカーさんは順調に回復)やはり山は恐ろしい場所でもあると再認識させられたシーズンでした。 写真は岩木山嶽温泉、山のホテルにて。 マタギなのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

2006/05/12 06:34
急遽鳥海山ツアーその9
七つ釜避難小屋を越えしばらく滑り進むと雲の壁に突入。ここからはルートを示す竹竿頼りに祓川ヒュッテを目指す。二つの急斜面と二つの高原を滑り祓川ヒュッテに16時40分に到着。頭のズキズキもオサマってきた。 写真は祓川ヒュッテにて。 自分の命を守れるかどうかわからぬ地で他者をガイドすると言う事は成立するのか?と言うガイドの命題をちょっと考えさせる山行でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2006/05/10 04:36
急遽鳥海山ツアーその8
七つ釜避難小屋手前千七百メートル付近? ゴールの祓川ヒュッテは雲海に飲まれ見えなくなっている。雲海に飛び込んだ後のルートファインディングが大変そうに見えた。 写真の地点での時間は16時30分。地形を完全に把握していない山は非常に緊張感がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/10 04:18
急遽鳥海山ツアーその7
写真は引き続きぶっ飛ばし続けるunknownさん。千八百メートル付近? 雪もやたらと滑ります。背景は七高山。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/10 03:58
急遽鳥海山ツアーその6
今回のツアー同行者であるunknownさん。やたら気合いの入った滑りでぶっ飛ばしてます。標高千九百メートル付近? ここまで登ってヘボイ滑りできる訳無いじゃないの!とはunknownさん談。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/10 03:42
急遽鳥海山ツアーその5
滑走準備が整った16時丁度に祓川ヒュッテに向けてドロップイン。おりしも日は傾き始め斜面は締まり始めており、とても素晴らしい滑走感! 標高二千メートル付近まで滑り振り返れば鳥海山自体の影が斜面に写りこみ影鳥海の一端を覗かせていた。 写真はドロップ直後の筆者。 斜度は栗駒のドゾウ沢程だろう。これ以上登り返す事は無いと言う解放感がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/10 03:16
急遽鳥海山ツアーその4
その後40分でやっとこさ七高山山頂到着。 山頂から覗きこむ千蛇の谷方面や新山などはエラく魅力があったがブルーライン側に滑るわけにもいかないので諦めて遅い昼食を採り滑走の準備に入るのだった。 写真は七高山山頂で新山をバックに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/05/09 11:34
急遽鳥海山ツアーその3
七つ釜から2時間後15時丁度の筆者。何故か荷物が増えている…。雲海がとても素晴らしい。この地点で標高は2000メートルを越えているようだ。やや頭がズキズキ。高山病ですね。水をいっぱい飲まんとねー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/05/09 11:10
急遽鳥海山ツアーその2
その後はずっと山頂見えっ放しの登攀が続いたが一向に近付く感じ無し。テクテク登攀を重ねると12時40分七つ釜避難小屋到達。一休みとするのだった。 写真は七つ釜から早池峰山を確認する筆者。この地点ですでに栗駒の標高より高い。栗駒は雲の下のようだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/09 11:00
急遽鳥海山ツアー
昨日は天気回復傾向である事から急遽鳥海山に行く事に。 朝5時に家を出発。国道342号から小安峡に抜けれるかどうか不明な為秋田道経由で国道108号に乗った。 祓川から登るか猿倉から登るか迷ったが祓川の方が幾分標高が高く楽なので祓川に決定。 国道108から側道にそれ祓川に向けて山道を上がって行くと雪の壁がドンドン高くなってくる。GW明けだと言うのにスゴい量だ! ほどなく9時10分祓川駐車場到着。残念な事に天気の回復が遅くガスと霧雨だったが天気の回復を10時30分まで待ってみたところ綺麗に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/09 10:38
おやじさんと行く栗駒ツアーその5
さて滑走に入り東斜面中央を目指したのだが思いのほかラインが多く入っていて昨日より滑走感で劣る。それでも下部に近付くに連れラインはバラケだし程よい滑走感になって来た。 その後トラバースせず新湯沢との連結部に辿り着きややハイク。狭窄部を慎重に滑りいわかがみ平へ2時30分に到着した。 写真のストーンリバーさんの後ろに見える黒い点はタカハシ君。 ここいらは最高の滑走感。ついニヤけて来ますねー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/05 16:22
おやじさんと行く栗駒ツアーその4
山頂観光の後、荷物をデポしていた山頂東側に戻りランチタイムに。この時タカハシ君がバックパックの中から水5リットル?を出し皆から驚かれる。修行か何かなのか?かなり重かったようだ。 昼飯を食べ終わったら即滑走準備開始。ルート変更して笊森に行く話も出たが時間が遅いので新湯沢ルートでおちつく。そして2時丁度に滑走開始。ハイクの後を避けながら東斜面中央に侵入するのだった。 写真はおやじさん。 歌舞伎ターンだ! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2006/05/05 15:58
おやじさんと行く栗駒ツアーその3
さてこの山頂直下までは結構楽勝ムード漂う登攀だったがここからは皆無言モードに。栗駒の山頂斜面はとても斜度があり苦しいトコだ。空気も薄くなってくる。 ゆっくり登攀を続け、いつもの通り山頂直下のブッシュが切れるトコで大休憩しここからは休憩無しと皆に宣言。その後再び登り始め13時20分に山頂へ到着。今日は鳥海山も見えイイ気分。秋田側の栗駒山荘が営業開始しているのも確認できた。 写真は山頂にてF2ライダーさんとウッスラ鳥海山。 おやじさんの視線は遭難者慰霊碑に向けられています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/05 08:20
おやじさんと行く栗駒ツアーその2
登攀に入りしばらく行くと前日に調べた沢抜けのポイントに出た。近付くとわずかに沢水の流れる音が聞こえる。調べると一ヵ所小さな穴を発見、新湯沢ルートの終わりも近い事を知る。 その後さらに狭くなった新湯沢左岸を渡り山頂雪原に辿り着き12時20分に山頂直下に到達。大休憩とした。 写真は山頂直下にて。 おやじさんは立ちションの為写らず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/05 05:54
おやじさんと行く栗駒ツアー
今日の参加者はおやじさんと行く栗駒ツアーだけあっておやじさんはもちろん、ストーンリバーさん、タカハシ君、F2ライダーさん、筆者の5人となった。 9時一関インター集合だがストーンリバーさんが30分遅刻、いわかがみ平に着いたのは10時40分。 駐車場に着いてみるとどこもかしこも車だらけ、昨日より混んでいる。なんとか上の駐車場にスペースを確保し駐車。11時丁度にいわかがみ平を発つのだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/05/04 19:16
栗駒新湯沢ルート状態調査その3
昨日は山頂から鳥海山が見えずちょっとガッカリ。今日のおやじさんツアーではどうだろうか? 山頂到着後とりあえず周辺を散歩し国道342や湯浜道路の状況を確認。その後お昼ご飯を食べ滑走に入る。 イヤーこの斜面良かったです。山頂東斜面なんだけどこの前のドゾウ沢ツアーの時より滑りやすい感じ。フィルムクラストを滑ったのも久しぶり。今日もこれぐらいだと最高なんだけど。 写真はunknownさん。 その後の新湯沢も板が走るー! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/04 03:56
栗駒新湯沢ルート状態調査その2
そりライダー達をやり過ごししばらく行くと山頂雪原との連結部へ出た。ここいらは雪解けの影響が一番顕著なトコだが今日はまだ滑走して全部抜けられる状態のようだ。その後いつものように板を履き山頂雪原に滑り降りた。 雪原をしばらく歩き山頂直下に入ると雪はザラメからフィルムクラストに変わり最高に滑り易そうに見える。歩くとカラカラとイイ音がしなかなか楽しい。 その後順調に高度を上げ13時20分に山頂に到着。山頂はGW初日に比べると閑散とした感じ。 写真は山頂で出迎えてくれたエビの尻尾。 氷点下... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/04 01:44
栗駒新湯沢ルート状態調査
今日は明日のおやじさんツアーの新湯沢ルートを下見してきました。 11時40分いわかがみ平スタート。いわかがみ平周辺はキッカーが乱立して結構な賑わい。去年の夏油ローカル並のパークを展開してるグループはいなかったが。 新湯沢沿いをテクテク上がって行くと去年同じ日に来た時沢抜けしていたポイントに到着。今年は多雪の為、沢抜けはおろか沢水の流れる音も聞こえない。これなら心配は無いと判断しさらに高度を上げる。 しばらくすると一人のそりライダーが滑走してきた。一人きりかと思いきや更に大勢のそりラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/05/03 19:04
栗駒ドゾウ沢ガイドツアーその7
トラバース開始地点までのハイクをし終えとりあえず斜面中央のブッシュ帯までトラバース開始。中央のブッシュ帯に着いてみるといわかがみ平へのトラバースがかなりキツそうだったのでもう一回ハイクし高度を上げ楽に帰れるようにした。 その後ハイク終了点からトラバース気味に滑走に入り最後は新湯沢を駆け上がってツアー終了となった。 写真はツアー参加者と最終滑走斜面の東栗駒。 皆さんご苦労様でした。 写真では見えないが東栗駒にトラバースラインがくっきり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/04/29 19:44
栗駒ドゾウ沢ガイドツアーその6
ドゾウ沢を滑り降りて登り返しに入ったが思ったよりは距離的に短く筆者的に楽。その後元の位置に戻ったが板を履いてのトラバースは止めハイクでのトラバースに移った。ほどなく東栗駒斜面に出たのだが2日前よりも2つ下の位置に出てしまったようでブッシュが濃く滑る事が出来ない。しょうがないので板履いてのトラバースが可能になる地点までハイクする事になるのだった。すんません。 写真はドゾウ沢での風景。デカいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/29 19:26
栗駒ドゾウ沢ガイドツアーその5
ランチタイムを13時に切り上げドゾウ沢に向けて滑走開始。稀大ヶ原から繋げてドゾウ沢に入り最初の入口付近からトラバース気味にドゾウ沢中央まで滑走する。その後完全にトラバースに入り東栗駒に抜けるつもりだったがトラバース中に下を見たのが運のツキ。滑りたい症候群が発症、滑る事に決定した。 あまり下まで滑ると2日前の筆者の様な目に合うので程々にしようと思ったがあまりの良さにかなり滑ってしまった。しょうがないか。 写真はドゾウ沢でのF2ライダーさん。 怪しい脳内物質が出てるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/29 19:10
栗駒ドゾウ沢ガイドツアーその4
栗駒山頂東斜面の滑りを済ませ山頂直下の雪原を稀大ヶ原に向けて移動する。2日前よりは滑りが悪かったがノーハイクで稀大ヶ原に到達、ランチタイムとなった。 かなりの時間をここで過ごしたがウチら以外のパーティーが来る事は無く静寂そのもの。振り返って見る栗駒山頂ではアリンコ並に小さく見える者達が次々と滑り降りていた。 写真はランチタイムの一幕。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/29 18:50
栗駒ドゾウ沢ガイドツアーその3
栗駒山頂で神社に積み石をしたり鳥海山撮ったりの観光を済ませ12時20分最初の滑走フェイスである東斜面へ。 稜線上から新湯沢への斜面はダイブ滑られていてややスキー場状態だったがコチラは滑り跡とは無縁。かなりぶっ飛ばせます。その為2名程がフロントサイド(トゥサイド)でスピンしてしまったが…。モッタイナイ! 写真は栗駒東斜面でのジュンイチさん。 滑りやすいが故の罠もあるものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/29 18:26
栗駒ドゾウ沢ガイドツアーその2
山頂直下での小休憩を終え再び登攀開始。 いつもは東斜面に巻きながら登っているのだが今日はピッシリ直登トレースがついていて半ば強制的に直登の刑。あんまりジグザグしてると滑ってくる人に轢かれるかもしれんしね。 その後やはり10分登って小休憩を繰り返し11時40分に稜線ブッシュが切れる地点に到達。ここを最後の休憩点とし一気に山頂に向かう事にする。 その結果山頂到着は予想より早く11時55分。思ったより風も弱くご飯食べてる人も大勢いたがご飯は稀大ヶ原でと言う事にしてもらった。 写真は山頂... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/04/29 18:06
栗駒ドゾウ沢ガイドツアー
今日は9時前に一関インター着。すでにカズアキ君シホさん組と飛び込みのジュンイチさんが待ち受けていて、その後すぐにF2ライダーさんも到着。予定通り9時にインター出発となった。 9時40分頃いわかがみ平に着くと車だらけ。かろうじて駐車スペースが空いていて安堵。 その後割とゆっくり準備し10時丁度に登攀に入った。立ち止まっていると涼しいがハイク中はなかなか暑い。一回目の休憩でほとんどの人がジャケットを脱いだ。今回は長丁場の為ゆっくり10分登り小休憩を挟む。新湯沢を抜け山頂直下に入った時丁度... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/29 17:36
栗駒ドゾウ沢ルート調査その6
ドゾウ沢をしばらくトラバースすると東栗駒の写真の位置に出た。遥か向こうにいわかがみ平のレストハウスが見えるがここから行くにはブッシュが少々邪魔。 元々このルートはいわかがみ平に抜けるのではなく新湯沢に抜けるルートとして確立されているルート。いわかがみ平に行きにくいのは仕方ない。泣く泣くブッシュの間をトラバースで抜ける。なんとか板を外さずレストハウスに続く斜面に辿り着いたが数日もすれば外さざるを得なくなるだろう。 その後レストハウスに続く斜面を滑るがここの新雪は強烈なブレーキングスノー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/04/27 19:14
栗駒ドゾウ沢ルート調査その5
このルートでドゾウ沢に入った場合普通はトラバースして東栗駒斜面に抜けるのだが今日はドゾウ沢を滑り降りてみた。流石に一関から見える雪原の中で最大級を誇るだけあってかなりの滑り応え!リフト架けて欲しいです。かなり下まで滑ってしまい30分のハイクを強いられました。 その後稜線に出た後、夏道で東栗駒の滑り出しに行こうと画策して藪コギ。だが全然夏道発見出来ず、諦めてドゾウ沢をトラバースし東栗駒斜面に向かうのだった。 写真はドゾウ沢斜面の一部。 栗駒は体力さえあれば滑れるトコたくさんある! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/27 18:42
栗駒ドゾウ沢ルート調査その4
稀大ヶ原稜線をポールでプッシュしながら進み目の前に笊森が現れた所で停止。なんとなくここに来ると笊森に向かって滑ってみたくなる。昔アライさんやハードアタッカーさんとここを滑った時は楽しかった。懐かしい。 稀大ヶ原は滑りきると登り返すしかないのだが斜度変化手前まで滑り南側にトラバースしてドゾウ沢に抜けてみた。稀大ヶ原の滑りも楽しめてなんかお得! 写真は稀大ヶ原から笊森方面。 厳冬期に来てみたい所だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/27 18:06
栗駒ドゾウ沢ルート調査その3
さて稀大ヶ原目指してドロップしたのだが途中滑ろうとした新雪の一枚バーンが全く無い。ガス帯を抜けると全く見当違いのポイントを滑っていた事を確認。新雪はもっと南寄りにあったのだ!まあ今滑ってきたトコも十分な感じだったので諦めて稀大ヶ原へつながる雪原を滑る。これが目茶苦茶走りが良く一気に稀大ヶ原稜線上に到達。ジェットコースター級だ。 写真は今日の栗駒山頂東斜面を正面から。 新雪滑りたかった…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/27 17:26
栗駒ドゾウ沢ルート調査その2
あんまり涼しい風が期待できないのでまたもやゆっくりペースで山頂直下の登攀に入る。山頂部のみガスの中にあり見えていないが他は視界が良好でミスルートの心配も無さそうだ。 登るに連れ東斜面に新雪が多くなってくる。シャリシャリしていて滑りも良さそうだ。更に登ると完全な新雪の一枚バーンを発見。これは滑らなければと場所を覚えようと躍起になる。すでにガス帯の中だったので方角を間違えれば滑りこめない。 その後覚えた気をして登りに入り12時10分に山頂神社に到着。全く眺望がなくツマらない。山頂神社にハー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/27 17:10
栗駒ドゾウ沢ルート調査
須川温泉に敗退しやむなく10時50分いわかがみ平に到着。 駐車場では昨日吹きだまった新雪をロータリー付のグレーダーが排雪している。 いわかがみ平レストハウスの除雪はだいたい終わり営業準備をしてるようだ。まだあの気怠いBGMは流していない。 ほどなく準備を終え11時に山頂に向けて出発。今日はいわかがみ平→山頂→稀大ヶ原→ドゾウ沢→東栗駒→いわかがみ平とルートを設定。いわゆる裏掛けコースの変形ルートとした。 ハイクに入ると無風に近い。あんまり急ぐと汗だく確定の為ゆっくりペースで新湯沢... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/27 16:40
最近こればっかりだ…。
2度ある事は3度ある? 国道342真湯ゲートの開通を狙って9時40分に真湯山荘に到着。 山荘のオヤジに今日ゲート開くの?と聞いてみると全くそんな事は聞いてないとの答え。 不穏な空気を感じつつ9時55分真湯ゲートへ…。 式典の準備も車列もありません。無理だとわかりつつも10時まで待って敗退決定。いわかがみ平へと流れるのでした…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/27 15:48
またもやいわかがみ平ゲート閉鎖
今日はドゾウ沢に行くぞう!と意気込んで着いた憩いの村13時。 おもいっきりゲート締まってます。 憩いの村に聞いてみると積雪の為閉鎖との事。夜に雪が降っていたとは栗駒オソルベシです。 明日の須川温泉は大丈夫なのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/04/26 14:44
いわかがみ平ゲート本当にオープン!その2
とりあえず雪原で一休みした後風を避ける為稜線沿いの最短ルートを取らず、山頂東斜面側に巻きながら登る。山頂東斜面に取り付くと風が収まりいい感じ。それでも山頂は荒れ狂ってるだろうなと思いながら山頂神社付近に到着。思っていたより風が弱く山頂観光を楽しむ。須川温泉の除雪の終了や秣岳の斜面なんかを確認した後登ってきた東斜面にドロップ。東斜面は稜線上を滑るとあまり良くないができる限りど真ん中を滑れば最高の滑走感を味わえる。今回もど真ん中をややトラバース気味に滑走。一人でかなり騒ぎながらすべりました。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/24 20:32
いわかがみ平ゲート本当にオープン!
除雪の為10日程休眠していた栗駒が今日目覚めました! いわかがみ平駐車場に11時20分到着。晴だが風が強い。朝方の雨と平日と言う事もあってか山に入る人は筆者一人きり。 11時30分に登攀開始。西風が強くかなりゆっくりしたペースで登る。新湯沢沿いは雪がタップリあり沢が抜けそうなトコも無し。 その後、風と格闘しながら12時頃に山頂下部の雪原に到達。少し板を履いて滑り降りたのだが雪の走りがとても良く山頂部の滑りを期待させる。 写真は掘り出し中のいわかがみ平レストハウスと栗駒本体。 雪... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/04/24 18:32
裏夏油日報
今日は久しぶりに夏油入り。思えば2週間ぐらい夏油に来てなかった。 上部駐車場に着いてみると駐車場係のおっちゃんが屋根のトタン剥れそうだからここ閉鎖と言ってくる。夏油も出来て10年以上経ち老朽化と言う言葉とも無縁ではいられなくなってきたのか…。 その後車を下部駐車場に停め直しゲレンデに向かう。 ゴンドラがやってない為リフトでA‐5とA‐1を滑ってみる。雪は割と滑るが日が高いうちは滑らなそうな感じ。午後に来て正解? その後三本目にA‐1最終コーナーから夏油温泉のT字路方面に滑りこんで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/04/22 20:38

トップへ | みんなの「バックカントリーツアー」ブログ

(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて) バックカントリーツアーのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる