裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏夏油日報(地獄巡りへ)

<<   作成日時 : 2018/03/07 06:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
一関より更新。
画像
そんな月曜日は氷点下なのに雨と言う不思議な天気でコースには出ず終日酒飲みと
画像
温泉を堪能しておりましたが
画像
明けて昨日は7時に起床。朝鍋で朝食を済ませた後、本日悪魔(仮称)方面挑戦を表明しているゲリーさんなどと合流し
画像
ドームに入ると夏油バンクドクルーと遭遇、TJのブランクスを見せてもらったりした後は(Ptexソール付きなんですね)
画像
ゴンドラの始業待ちとなりましたが前日の氷雨で全てが凍りついておりゴンドラ始業は10時近く。
画像
まあ仕方ないと先に動いた二ゴンにてガリガリピステを集団暴走していると忽ち11時になり
画像
地獄ランド行き志願者が結集し
画像
地獄巡礼の旅に向かいますと
画像
もうイキナリ苦難が降りかかる(笑)ここは2016年にドロップポイントが見つけられず滑走断念した雪庇の上ですが
画像
今回は雪庇崩落のおかげで全貌が見えました。これは横岳を越える滑走距離。皆様口々に「これはヤバイ」「TGRも真っ青」と言う感想だったが
画像
本日の第一目的は悪魔撃破なのでそのまま北進し
画像
遂に悪魔への入り口であるタイトシュートにたどり着きますがもうガリガリ過ぎてシュートの先の状況確認も一苦労。
画像
そんな一時間を越える調査の末分かった事は悪魔へのエントリーシュートは二口ある事、現在その二口はクラックの為使えない事などであった(写真は第三のドロップポイント探索の末這々の体のS君)
画像
そんな中お隣の小悪魔(仮称)からエントリーして悪魔に出るという案がゲリーさんから提案されてそれしか無いとなって皆様小悪魔トップに結集。A君がリードを切り
画像
続いて皆様ドロップしますが小悪魔と言えども物凄い斜度プラスガリガリ君で大変な歯ごたえ。
画像
その後順調に(?)悪魔に接続しましたが兎に角全ての物がデカ過ぎるし急過ぎる。地形は上部が広く下部が狭いと言うまさに悪魔的地形。皆口々に「夏油とは思えない」となっていましたが
画像
とりあえず悪魔制覇に取り掛かります。
画像
しかしどこまで行っても(かなり距離も長い)
画像
急斜面と
画像
アイスとデブリのオンパレードで気の抜けない滑走が続きましたが
画像
何故か中盤でA君雪庇エアーが
画像
炸裂してみたりして和んだ後は
画像
終盤の
画像
シュート形状の滑走へ。
画像
兎に角最後まで急斜面なのには驚きましたが
画像
誰一人欠ける事無くボトムに降り立ち歓喜の記念撮影。その後はトラバースに入り筆者のスプリットインターフェイスの破損などでトラブルあった物の15時にはドームに帰還。風呂入って解散となり
画像
とあるマックにて写真編集しながら本日の冒険を思い出す筆者でした。
トップ写真は悪魔下部シュートにて筆者。
どこまでも急斜面なので感覚が麻痺して来ます。悪魔に相応しい斜面でした。
ツアメン皆様お疲れ様でした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    裏夏油日報(地獄巡りへ) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる