裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏夏油日報(危険だらけの………)

<<   作成日時 : 2017/04/02 19:28   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
気仙沼より更新。
画像
さてそんな昨今は気仙沼ホルモン鍋は車内で可能なのか検証しておりましたが(無理と判断)
画像
昨日はエイプリルフールパウダーは有るのか無いのか?と言う事で夏油高原へ向かいましたが残念ながらアイシーなコンディション。それならば返って高度下げてみれば良いんでないかと言う事で今季初めてマイナス4ツアーに向かいます。かなりハードなマイナス3稜線をやり過ごしサルノコシカケ生える秘境マイナス4スタート地点にたどり着いて
画像
北壁滑走に入りますが
画像
なんか予想外に滑り難いコンディション?これはなんなんだ?となりながら滑り進み
画像
マイナス4のメイン斜面ワイドボウルに差し掛かるとその正体が判明。その正体は
画像
強烈、絶妙な
画像
モナカ雪。ノーズは刺さらないがテールが抜けない絶妙感で板の挙動が掴めず意味も無く命の危険を感じる滑りとなりました(泣)
画像
そんな命の危険後は更なる危険、雪崩止め見学でマイナス4ツアーの危険はクライマックスを迎え(初めて来た油井君さんと菊池君の反応が面白かったです)
画像
温泉線の除雪作業を横目に帰還ルートへ入り
画像
久々にマイナス全景を眺めながらカフェテリアに帰還し昼食とした後は
画像
午後の部始動、頂上台地を横断し横岳第二峰へ向かい
画像
北壁の滑走に入りますが
画像
木曜日に筆者が巻き起こした雪まくりデブリの海にすぐ突入します(スマヌ)
画像
しかしコバさんリードで隣のツリーに入ると
画像
とても快適で本日初めて命の危険を感じない滑走へ(笑)
画像
その後はのんびり帰還ルートをたどり15時30分にコースに復帰して本日の行動は終了となり筆者と油井君さんは水神温泉に流れる割りと危険な裏夏油高原の一日でした。
画像
トップ写真は横岳ツリーにて菊池君。
初めてマイナス4ツアーでスプリット使いましたが非常に楽でビックリしました。これならハイシーズンの鷲ケ森ウシロ沢抜けも楽勝なのではないでしょうか?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    裏夏油日報(危険だらけの………) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる