裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 栗駒日報(裏掛けの壁にて)

<<   作成日時 : 2017/03/26 06:43   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
一関より更新。
画像
さてそんな昨今は開通したばかりの南三陸インター使って春休みの倅さんたちとドライブなどに行っておりましたが。(志津川さんさん商店街にて)
画像
昨日は好天が予想される栗駒にてsasaさん主催のツアーが行われると言う事で朝からいこいの村栗駒跡地に向かいますが余裕だろと思われたガソリンメーターがどんどん減って行き顔面蒼白の筆者。栗駒ほとんど携帯繋がらないからロードサービスも呼べないしどうしようとなっているとスノーシェルター付近でスピンしたのか立ち往生してる車まであり「そう言う事はやめてくれー」となってましたがなんとかいこいの村跡地にたどり着いて安堵。(帰りは下りだからなんとかなると言う算段)
本日参加の面子は既に準備を終えており筆者準備完了後の9時30分より登坂開始し
画像
10時30分にいわかがみ平着。スプリットボードで体力に余裕のsasaさん背中チラ見せ(困惑)
山頂の姿は未だ見えなかったが天候の回復を期待して小休憩後、再び登坂に入り新湯沢を遡行する。
画像
その後11時30分新湯沢源頭付近にて。全く天候が回復せず北西風が強まるばかりなので山頂を断念し
画像
爆風の東栗駒山頂稜線に取り付き
画像
強風から逃れドゾウ沢上部へ。強風が消え喜ぶ人々。
画像
その後は本日の目的地の一つとなっていた裏掛けの壁と筆者が呼んでいる場所へ滑り込み斜面観察の後滑走準備に入り
画像
とりあえず裏掛けのビッグバンクにアタックしてみますが
画像
なんとアタッカーの面々こんな感じでは全然足りないと申します(多分最近発見されたあそこのせいですね)
画像
と言う訳で登り返してより斜度のある逆サイドをやってみようとなり昼食挟んで
画像
登り返しに入りましたがここで小岩メンバーにトラブル発生。脱臼癖のある肩が抜けてしまったらしくそろそろとボトムに下降することに。
画像
その後はトラブルなく登り切り逆サイドの滑走に入ると
画像
ここは素晴らしい滑走感と
画像
素晴らしい雪質で
画像
主催者sasa氏も納得の感触のご様子。
画像
そんな裏掛けの壁滑走後は小岩メンバーを応急処置後そろそろと新湯沢へ接続し
画像
16時頃に除雪車と共にいこいの村跡地に帰還する栗駒ツアーでした。
画像
トップ写真は裏掛け壁ビックバンクでコバさん。写真的にはこれが良いですけどね(笑)
しかし無事帰還出来て良かったです。山の中では平地でだったら些細と思われる怪我でも遭難事案になりますのでね。
あっ、帰りのガソリンはなんとか持ちましたー。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
来週もあるかなぁ....。
sasa
2017/03/26 07:33
来週もストーム明けが週末に当たりそうてすね
ちば
2017/03/26 09:18
是非、またやりましょ〜😁
sasaさんあの写真…撮してはいけないとこまで写ってませんか💦
拡散禁止ですよ😱
510
2017/03/26 17:12
二ヒヒ。了解👌
sasa
2017/03/26 18:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    栗駒日報(裏掛けの壁にて) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる