裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 江刺日報(大師山キャンプ場から江刺パークへ)

<<   作成日時 : 2016/10/13 20:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
久々に更新。
画像
そんな昨今は国体観戦してみたり(三日間水泳会場にいて観戦したの一日だけでしたけど(笑))
画像
碁石キャンプ場のスーパーサイトで遊んでたりしてましたが
画像
今日は朝から奥州市の大師山キャンプ場にて
画像
色々探索します。
画像
廃キャンプ場だと言う情報とは裏腹に
画像
とても整備されたキャンプ場です。トイレはさわやかトイレだし。
画像
そんな探索の後はしばし昼寝に入りましたが
画像
13時頃子供達の声で起床、一団の家族がデイキャンプ中でした。そんな中マルちゃん正麺で昼食とし
画像
お茶を一立てして落ち着いた後は
画像
国体も終わり本日から共用が開始されると言う新生江刺パークへと向かいます。
画像
画してフェンスに囲まれた新生江刺パークに入ってみると
画像
兎に角狭い…………。
画像
しかし路面状況は最高でスピード乗りは良いです。
画像
オレンジクォーターとブルークォーター位置が入れ替わった為以前と同じような感じで流すには習熟が必要な感じでした。
画像
そんな新生江刺パークを慣熟運転に入った辺りで退場し帰路に着くと
画像
いつもスケートパークぽいなーと思っていた某所のお寺が
画像
更にスケートパークぽくなっており江刺パークより面白いのかも?となる室根山麓の夕方でした。
トップ写真は新生江刺パークで筆者。
新生江刺パークは以前の良さでもある開放感が無くなってしまったのが残念。三人も居たらキャパいっぱいなんでないでしょうか?(看板にある通りパーク以外のフラットはスケート禁止になってますし)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
画像見る限り圧迫感を感じます。江刺パーク。フェンス設置とかで前より見た目が綺麗になって良くなったかなとは思いますが。。。↑。

筆者さんのブログを見てオーリーは大事だなと再認識しました。フリップとか出来ませんが、オーリーだけでも楽しいと感じる最近です。オーリーした時、テールと足が離れてしまう壁にぶち当たってます。
匿名
2016/10/14 08:26
江刺パークは初心者にも優しいパークだったがこれからはそうも行かないべね。
オーリーに関してはこの場合段差に乗る練習が一番良いね。その前にオーリー無しで段差に乗るテーブルオン覚えてその後高目の段差(40センチ位?)にオーリープラステーブルオンで乗る練習をしてみる。出来るようになったら公園の歩道の段差に直接乗る練習してみるといいね。多分簡単に乗れるんでないかな。
ちば
2016/10/14 09:10
パークの近場の方が混雑時行ったら、諦めて帰りそうな人もいるかもしれないですよね。

詳しい解説ありがとうございます。これを実践すれば、先程の欠点を改善出来るのですね↑。
匿名
2016/10/14 16:06
テーブルオンの動作を空中で素早くやるのがオーリーなのでね。
ちば
2016/10/14 18:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    江刺日報(大師山キャンプ場から江刺パークへ) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる