裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 須川日報(ラスト滑走かな?)

<<   作成日時 : 2016/05/04 07:20   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
久々に更新。
画像
そんな昨今はGW真っ盛り且つ
画像
悪天候と言う事でインドアな活動に終始していましたが(コストコのガスグリルすげー)
画像
連休の谷間となる月曜日は久々に朝ガストから始動し
画像
9時にゲートオープンとなる須川温泉真湯ゲートに並びます。
画像
そんな真湯ゲート開放後に登り行くと渡河点過ぎあたりから雪が増え始める。(渡河点名物のスノーブリッジは既に無かった)
画像
その後の須川温泉到着は9時30分。そそくさと準備を済ませ9時50分に登坂に入ると
画像
去年と比べてかなり積雪が多い印象。(前年、名残が原の木道は完全に出ていた)これは意外と殆ど走るように名残が原を抜け
画像
地獄谷はどうなのか?と覗いてみるとなんとも微妙。落ちたら死ぬので自重するかとなりながら
画像
とりあえず積雪期しか登れない栗駒剣岳をクライムオン。
画像
そんな剣岳山頂到着は11時丁度。次の目的地 御駒ヶ岳を観察しつつ
画像
周辺観光。一関方向は祭畤山辺りから雲海となっていました。
画像
その後剣岳南面の滑走へ。全然期待してなかったのですが新雪古雪とも非常に走りが良く思わず「来て良かったー」となる筆者。
画像
と言う訳で御駒ヶ岳の斜面も期待出来るとなって昭和湖よりシュートの状況観察しつつ
画像
天狗平への雪渓に入る。観察した限りでは山頂ロック帯からのドロップは可能そうだったのでとりあえず
画像
御駒ヶ岳山頂に向かうと前年すげー苦労してドロップした所が簡単ドロップポイントに(笑)
画像
天馬尾根方面も今年はドロップ可能な雪付きで前年の酷さを思い知りました。(謎物質もあったし)
画像
そんな周辺観光も終えた後は12時丁度にロック帯の隙間よりドロップインし
画像
御駒ヶ岳北面の長大な雪庇斜面を快適に滑り降り昭和湖爆裂火口シュートへと吸い込まれます。
画像
そんな昭和湖爆裂火口の滑りの良さにボトムで歓喜しつつスキーモードで昭和湖雪原を渡ると湖畔で一休みしていてたまたま筆者目撃したツアースキーの一団と合流し登山道側の地獄谷を一緒に滑り抜けて名残が原に入り
画像
名残が原からはこれまた雪融け激しく前年苦労した須川温泉源泉へのルートに入りましたが今年は楽々と
画像
須川温泉源泉に到着し滑走終了。
画像
その後は栗駒山荘のレストランに向かい昼食を摂り(山里膳おいしゅうございました)
画像
今季初須川温泉を堪能した後は
画像
気仙沼まで戻りスケートボードも堪能しスノーボード スパ スケートボードの3Sを達成したが須川温泉での湯あたりも達成してしまう筆者でした。(年々湯あたり出るようになって来たんだよね)
トップ写真は昭和湖爆裂火口シュートにて。
今季はこれでラストかなー?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
コメント失礼しますッ♪翌日3日に上がりました。剣と昭和湖に綺麗なラインが残ってましたのでチバさんと思ってました(笑)。ブログ拝見し納得です!

綺麗なライン流石です♪
ヤ―マー
2016/05/05 11:58
お久しぶりですね。
3日は室根山にいましたが次第に爆風になってきました。栗駒はどうだったんでしょうか?
ちば
2016/05/05 13:49
3日は出だしから温い風で、お昼過ぎから南風が強まり、14時以降は強風ガスで下山でした。温泉のO友さんが屋根剝れるのを心配する程でした;

2日のコンディションの方が良かった様です♪
ヤ―マー
2016/05/05 21:25
山には厳しいコンディションのGW。やたら死んでるし。栗駒周辺も結構軽装な人多くてビックリでした。
ちば
2016/05/06 01:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    須川日報(ラスト滑走かな?) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる