裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏夏油日報(akでthe day後編)

<<   作成日時 : 2016/02/29 17:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
前回より続く。
画像
山頂ボウルを後にして兎森北稜線に張り付いた一団は例年に比べ起伏の弱い巨大雪庇群を抜き去り
画像
12時30分頃にakピークに到達し斜面と対峙した。初めて見るゲスト組はかなりのプレッシャーを感じたようだったが休憩がてらのスノーパック調査により滑走は可能と判断され、「そんではリード誰がやる?」となったがなんとここで最新テクノロジーに守られたsasaさんが「皆の安全は俺が守る!」と立候補し皆からちょっとだけ尊敬を集めつつ
画像
リード滑走を務めると超最高と言う感想が(同時に大体の安全も確保)
画像
そんな声を聞いた後の滑走者はkimさん。エアインから
画像
スパーッとトゥサイドでボトムへ。
画像
その後山頂ボウルでの同じ画角ばかりになった失敗を反省。筆者撮影点を変更する為ボトムに下降して
画像
再び滑走開始。これはゲスト組kobayashiさんか?
画像
ゲスト組fujinumaさん?
画像
ゲスト組佐川君。
画像
ゲスト組関君。油井君さんとタメ張る激しい滑り。
画像
そしてak初参戦の勉さんは北側パイプへ。(「見えなくなるから行かないでー」と筆者叫ぶ)
画像
その後巨大雪庇群下へたっちゃん
画像
クロサワ君
画像
510君が入り込み(ハローと雪煙から出て来た510君)
画像
テールのkzさんが
画像
北側バックサイドバンクにアタックしてak斜面での滑走を終了し
画像
もう一回登り返すかなー?などとなりながらも記念撮影してak斜面より撤退となり
画像
次の名無し山を目指したが途中たっちゃんのシールトラブルなどがあり名無し斜面は断念しコースへ復帰するルートへ入りドームに帰還。新定位置?にて座談会となる今季初akツアーの日でした。
画像
トップ写真はak巨大雪庇群下でたっちゃん。シールトラブルお疲れ様でした。
この日は2月7日のコンディションをしのぎthe dayと言うのに相応しいコンディションでした。参加された方々にはお疲れ様でしたが生涯の記憶に残る日でもあったのではと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
良き日でした。緩斜に感謝…。
sasa
2016/02/29 18:40
緩斜ねーから。ダウンロードは完了しましたよー。
ちば
2016/02/29 18:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    裏夏油日報(akでthe day後編) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる