裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏夏油日報(第一回マイナス踏査)

<<   作成日時 : 2016/01/27 06:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日も一関から更新。
画像
さてそんな昨今はあまりの天気の良さから夏油でバイキングを食べる二人組を観察したり
画像
たこ焼きでビール飲んでたりしましたが
画像
昨日は4時に起床し一路夏油高原を目指します、が道がテロテロで泣きそうな筆者。
画像
そんな道路状況にもめげず6時に朝食摂りながら色々いたずらしつつの
画像
8時には夏油高原着。本日は久々のS君と
画像
東京からのゲスト矢島くんとでB2からセカンドトラックグループとしてスタート。面はほぼフラットで爽快な滑走感。
画像
その後未だエアスポット残るB2からC1も良好だったが
画像
次のC3は既にクワッド稼働後でラインだらけな上に加えてパックされており?な滑走感。その後はC5滑ってCコースを切り上げ一ゴンにてA0探検すると午前の部は終了となり
画像
午後の部は今季初山頂台地より始動となったが今季の山頂台地は偏西風が弱い為なのかいつもと違う様相になっていた。
画像
そんな山頂台地をあとにし今季初マイナス林間に向かうと滑走には不自由なく良好な滑走感。その後の分岐点では稜線がまだブッシュだらけなのと沢回避を優先しマイナス3方面のスティープラインへ。
画像
画して向かったマイナス3スティープラインは
画像
十分な
画像
ニヤニヤを発生させるに足るスペックを誇っており各人満足した後は
画像
夏油ボウル下よりシューでのトラバースに入り
画像
様々な危険を
画像
乗り越えてドームに帰還し本日の滑走終了とし
画像
その後は矢島くんと入畑温泉に流れ、食堂のメニュー表見て良心的だなーと和む筆者でした。(温泉入ってラーメン食べても夏油でラーメン食べるより安いのだ)
トップ写真はマイナス3方面スティープラインにて矢島くん。
当たり前だがまだまだマイナスの谷も抜けてますのでご注意を。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    裏夏油日報(第一回マイナス踏査) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる