裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏夏油日報(山頂ボウル踏査)

<<   作成日時 : 2016/01/17 06:15   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日も一関から更新
画像
そんな昨今はニューグローブを手に入れたり(キャプテンスタッグ?)
画像
藪だらけだと言う栗駒に思いを馳せたり
画像
凍ったケーウェーブボウルの水掻きしたりしてましたが(悲)
画像
昨日は久しぶりに夏油高原を目指します。入畑ダム湖もやっと半分凍って来たのを確認しつつ車を走らせると9時30分に夏油高原着。先週の混雑に比べるとかなり落ち着いた感じのドーム内にて先発組と合流しA4ピステ一本。その後は先発組退場したので前回却下された山頂散歩の準備を進めると丁度夏油に来ていたO社組とB社ak457組も同行することになり一ゴン乗車。
画像
その後は天候回復基調の予報信じ兎森北壁ルート予定で稜線に張り付きます。
画像
そんなかんなで果たして兎森山頂に着きましたが視界あるもののブッシュが多すぎて一人二人位のラインしか取れない。大体にして下に何かあるかもしれないと言うことで筆者代替案の山頂ボウル見に行ってみるとこちらはノーブッシュ。と言う事で山頂からボウルまで移動してもらい
画像
ドロップインであります。
画像
雪は表層5センチが極端に軽い雪
画像
その下も硬い訳でなく柔らかさがあり
画像
非常に
画像
ただ滑っているだけで楽しいと思える雪質でした。(筆者楽しすぎて撮影点をオーバーラン)
画像
しかし楽あれば苦あり。ブッシュ多めのトラバースを終え名無しの鞍部への谷渡りに差し掛かると且つて無い程の深さの谷に大幅迂回を余儀無くされ(死ぬよりマシ)その後の名無しも最後の谷が怪しいので拒否してコースに戻り今季初ゲレンデシャトルにてドームに帰還して本日の活動終了とし
画像
ちょっと興味のあった二階のラーメン初めて食べた後は(白豚骨900円!)
画像
久しぶりに夏油高原温泉にて半端に浮かぶアヒル風呂に浸かる筆者でした。(凄くアヒル少ないです………)
トップ写真は兎森山頂のボウルでO社Y氏。
しかし標高高い所でこれではツリーランエリアとやらはまだまだ無理ですわな。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    裏夏油日報(山頂ボウル踏査) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる