裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 須川日報(ギリギリ感)

<<   作成日時 : 2015/05/03 09:25   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
初夏を感じるこの頃。
画像
そんなGW前半は館が森にてチューリップ見物したり
画像
肉焼いて食べたりの日々でしたが
画像
昨日は4月30日に開通した国道342号真湯ゲートを須川口踏査の為目指します。ゲート開放前に着き車列に混じると9時となりゲート開放と共に須川温泉への車列がスタート。
画像
その後9時半頃に須川温泉到着となり須川口の踏査もスタート。ここいらはあまり雪が少ないとは感じなかったのだが
画像
名残が原まで来ると木道の露出が激しく雪解けの早さを感じます。
画像
その後はいつものルーティンである剣岳の登坂に入りますがここもブッシュの露出が激しく初めて来た様な感覚に襲われました。(剣岳に夏道は無い)
画像
そんな剣岳も30分程で登り切り対面の斜面観察へ。御駒ヶ岳の山頂が青々してて凄く気になったがその時は別口かと思いつつ剣岳南面の滑走準備に入り
画像
幾ばくかのギャラリー注視の中、南面滑走。心配していた謎の物質も無くノンストレスで昭和湖へ滑り込みます。
画像
昭和湖は融雪が進み地面が出ているものの湖面はまだ雪の中で渡れそうと判断して先に進むと天狗平への道はまさかの雪切れでこの時期初めての夏道歩き。「これならスプリットでない方が良かったー」と嘆きながら夏道を歩くと
画像
程なく雪面に繋がり安堵し一休み。すると
画像
丁度対面の剣岳南面に二体の人影。滑走者かとレンズを向けるとトレッカーさんでした。全く身動きしないのでアイゼン持って無かったのかな?などと邪推。
画像
そんな一休み後は一気に天狗平へ。御駒ヶ岳はやはり雪が全く無く夏道歩きになりてくてく山頂を目指しますが
画像
やっぱりと言うか
画像
山頂の岩峰にも全く雪が無く滑り出すことが不可能でした(笑)
画像

2010年(5月3日)はほぼ同地点から普通に滑ってるんですが(泣)まあ泣いててもしょうがないので天馬尾根方面に下り雪渓が繋がらないか探索しましたがブッシュが濃くなるばかりで望みが薄いので踵を返し
画像
山頂岩峰付近で降下出来る地点が無いか再捜索。結果かなりのガレ場から少々の藪漕ぎを経て雪渓に繋がる岩筋を発見し慎重に降下。結果雪面に着地出来ました。
画像
その後は上部を快適に落とし
画像
いつもよりかなり狭く感じる雪庇斜面から昭和湖爆裂火口へのルーティンへ。爆裂火口は流石に良い滑走感で満足して昭和湖に降り立ち
画像
昭和湖からは地獄谷Aを無呼吸滑走して通り抜けようとしたが地獄谷Aは完全に抜け落ちており無呼吸滑走も何もあったもんではなかった。(死んじゃう)しょうがないので剣岳を少々切り上がり名残が原に抜けた後は
画像
須川温泉源泉へ降下。途中かなり滑り悪くなったので謎の物質かと思ったがソールは綺麗なままなので単なる気温上昇のせいらしく安堵し撤収作業へ。
画像
そんな撤収作業後は温泉入る暇なさそうなので源泉足湯に挑んだが熱すぎてとてもじゃないが足湯にならない久しぶりの須川温泉でした。
トップ写真は昭和湖爆裂火口にて。
しかし本当に雪が少ない。御駒ヶ岳の山頂から入るのはちょっと無茶。滑るなら剣岳周辺か天馬尾根周辺が良さそうです。(須川口からは滑り物で入った人筆者のみでした)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
コメント失礼します!お店でのご挨拶後、真湯で花の撮影をしてたら真湯ゲート通過が9時20分でした;。しかし今年の雪解けの早さには驚きます…。昭和湖から綺麗な滑走ラインを確認致しました(笑)!
ヤーマー
2015/05/03 11:57
見当たらないので天馬尾根の方でも行ったのだろうと思ってました(笑)前年の5月15日以降より雪が少ないような感じですね、秣岳が既に土だらけ。
ちば
2015/05/03 12:35
王子様のロックバンドドロップ(笑)
懐かしいね〜。
ところでトランシーバーめっかった?
(このネタ今年もひっぱる)
次郎
2015/05/03 15:47
ぐはぁ!すんません、見つかりませぬ。
ちば
2015/05/03 15:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    須川日報(ギリギリ感) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる