裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 栗駒日報(ガスガス)

<<   作成日時 : 2015/03/08 06:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
はい、昨日は久しぶりに夏油を離れ栗駒に向かってみました。
画像
そんな昨日、7日は憩いの村跡地へ9時30分に二人の人間が到着。いそいそと準備を進め10時前にはクライムオン、ガスで上部が見えないのでとりあえずいわかがみ平を目指します。
画像
その後30分程でいわかがみ平に到着すると思ったよりガスの高度が低くいわかがみ平もガスの中。他のパーティー(単独の方多かったが)もいわかがみ平まで登ってみて考えると言う感じの人が多くしばし皆様でウェイティング(古川ローカルさんから鬼首の話など聞けて面白かった)
画像
その後パラパラと諦めて帰る人が現れ始めたがしばらくするとなんとか東栗駒の斜面が見え始める。そんでは見えるとこまでと新湯沢の遡行に入ったが
画像
標高1400メーター前後にてガスに巻かれて登坂終了となり滑走地を東栗駒斜面に決めて東へトラバース。フェイストップにてガスが抜けるのを踊りながら待ち
画像
一瞬の晴れ間を狙ってS君がドロップ、したまでは良かったのだがいざ筆者滑り出そうとすると幻視すら見える程のガスに巻かれてしまい30分のウェイティング。(幻視凄かった)
画像
しかし30分待っても状況が良くならずショボショボとS君のライン辿って下降。合流後は視界開けたので通称ズドンに移動すると
画像
まさに
画像
ズドンと滑れます。
画像
その後筆者も
画像
やっとまともな滑走感を得て
画像
満足し、新湯沢の滑走へ移ります。途中久しぶりに新湯沢の滝壺見たりして震え上がったりしつつ憩いの村跡地に14時頃帰還。すると東栗駒斜面はガスが抜けていて「あー!」となったりしていましたが(よくあるこの現象に名前は無いのか?)
画像
そんな感じの下山後は久しぶりにTSUTAYAのカフェでカレー食いながら写真編集してみる土曜の午後でした。
画像
トップ写真は東栗駒ズドンにてS君。ハイシーズンにここ滑ったら雪崩る確立高いべね。斜度感凄くて満足出来る滑走でした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    栗駒日報(ガスガス) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる