裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏夏油日報(午後の部 名無し山紀行)

<<   作成日時 : 2015/01/14 06:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
そんな午前の部も終わり一休憩した筆者は板をスプリットに変えて13時頃午後の部を始動。とりあえず一ゴンで今季初マイナス踏査と思ったのだが外に出てみたらガラガラと閉まっていく一ゴンシャッター。なんとも凄いタイミングで一ゴン運休となり路頭に迷う筆者だったが気を取り直しニゴン乗車。名無し山踏査に向かう事とした。(既にS君登坂済みだが)
画像
その後は兎森直下を名無し山へ向けて滑る。雪はハードパックだったがスノーボードなら問題無く楽しめるレベルで快適に滑走終了点へ。
そんな滑走終了点からはスキーにしてとりあえずシール無しで行動してみる。斜登気味にすれば問題なくフォレストの方まで行けそうだったがシール付けてみたかったのでザックから引っ張り出してみるとしばらく使っていなかったからなのか固着が激しくしばらく山奥で一人筋力トレーニングを行う事になった。
画像
そんな筋トレも済みシール装着したスキーは今までに経験の無い登坂力で難なく今季初名無し山登頂となり
画像
周辺観光した後は強風吹き荒ぶ山頂でシール回収するテストやらスノーボードにしてみるテストやら行い
画像
その後は今回のお楽しみ名無しフォレストにて滑走。雪は本日で最高の感触となり満足しつつC6パイプも滑り定位置に撤収し
画像
退場後は入畑温泉から
画像
ヤマトにてソルロンタン啜るルーティンを選択する筆者でした。
トップ写真は名無しフォレストにて。パックではあったな。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
去年も大変お世話にまりました。
今年もおじゃましたいと思いますのでその時は
よろしくお願いします。

強風の中のハイクなどスプリット良いですよね!
でも、スキーモード時の格好がガンダムっぽく
カチカチになっちゃいます。 笑…
Hide
2015/01/14 19:03
これはかなり行動範囲が広がるなーと感心しております。なんとかシール付けなくても良い感じにしたいなー。とりあえずまた今度。
ちば
2015/01/14 19:07
自分も、考えてたんですが、ためしに踵が浮かないようにベルトで、一時的に固定してみてはどうですかね?
hide
2015/01/14 20:44
なるほど。そっちの方が市販のヒールロック機構より丈夫だなぁ(多分)
ちば
2015/01/14 22:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    裏夏油日報(午後の部 名無し山紀行) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる