裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏夏油日報(嵐の前の静けさに)

<<   作成日時 : 2014/02/15 05:57   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
前回程の雪降りとなっていなくて安堵の筆者です。
画像
そんな昨日は南低接近前特有の落ち着きを見せる夏油高原へ向かい
画像
いつもより早くついたのでカフェでコーヒー頼みのんびりコース眺めてるとチョコパウンドケーキもらいました(バレンタインであったか)
画像
そんなかんなでケーキとコーヒーとで更にのんびりしてると先行組が帰還しコースはほとんどダメとの報告。うーむ、それなら外人行ってみましょ、と言う事で外人に向かうと軽くは無いがノートラックのちょうど良い雪で
画像
流行りに乗って(?)パイプライディングを二本楽しむと先行組は満足して終了となり
画像
残った筆者は久しぶりに一人でマイナス探検へ。
画像
本日はマイナス3方面へ向かったが途中、南斜面ボトムがモナカで地味に危なくオヨヨとなる筆者さん。
画像
その後マイナス3系で最もスティープなニューラインを調べると滑走可能と判断、今季初滑走してみた。ボトム到達後「クラックは無いように感じたがもしかしたら雪庇上部に隠れてるのかもしれないなー」などと思いつつ滑走終点に合流し
画像
マイナス二本目はマイナス3方面からの夏油ボウルロングターンから
画像
下部雪庇斜面ショートターンへ。雪はモサモサした感じ。
画像
その後ラスト三本目は穏やかなマイナス林間から
画像
マイナス稜線を快適にダウンヒルし
画像
最後に一人パウダー8選手権久々に開催して会場を退場し
画像
千貫石温泉から
画像
水沢王将の流れに乗る筆者でした。
トップ写真は外人パイプでkimさん。
しかしノートラックのマイナス一人で回ってると2000年以前の様な感覚で懐かしかったです。(ブッシュは伸びたけど)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
スキー場の音が届かない静かでひと気のない斜面。それもまた裏の魅力かもね。んで、ゲレンデに戻って人の多さ見て『うげ〜っ』てなったのを思い出した(笑)
キタミネ
2014/02/15 10:19
うげ〜となるのは今も昔も変わりなくうげ〜となっております(笑)
ちば
2014/02/15 15:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    裏夏油日報(嵐の前の静けさに) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる