裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏夏油日報(ラスト新雪かな?)

<<   作成日時 : 2013/04/01 20:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
エイプリルフールに嘘をついた事が無い筆者です。(これは嘘)
画像
そんなエイプリルフールな今日は6時に起床。良い天気に栗駒も考えたがよく考えたらいとー君と夏油で滑る話になっていた事を思い出しとりあえず夏油高原を目指します。途中水沢ガストで朝食を採りのんびりしつつの夏油着は8時過ぎ。いとー君の姿はまだ無かったのでとりあえずA1一本滑りマイナス方面のクラック確認などしてドームに戻るといとー君合流。ついでに今季初まこ君も合流し一ゴンにて山頂台地へ。
画像
山頂台地に上がると思いの外新雪が死んでいなかったので一山当てに山頂ボウルへ向かってみる一行。結果はパウダーでは無くよく滑る新雪と言う感じ。
画像
その後はマイナス林間を吹っ飛ばしS字前へ
画像
雪質は悪く無かったが初挑戦の二人はかなりやられており久しぶりに筆者の罵声が飛び交う(笑)
画像
貴様らー!やる気があるのかー!と筆者滑り降りて来るの図。
画像
その後は雪庇斜面へ向かいとりあえずいとー君がインディ見せて失地回復しマイナス系は終了。
画像
二本目はより良い雪を求めて兎森山頂を越えます。
画像
今回は珍しく山頂北面も滑りましたがやはり初挑戦の二人は何故かメロメロで 貴様ら本当にやる気があるのかー! と筆者滑り降りて来るの図。
画像
その後はスタートボウルから
画像
兎森北面の裾野にてワンセッション。
画像
ここは罵声も無く終了し?
画像
その後は名無しフォレストコースにてワンセッションと思ったが
画像
雪付きが薄く過去最速な名無しフォレストの感触に死なないように滑る事となる一行。雪浅いと恐ろしい所なんだな…………。
画像
その後のC6はなかなか良く順調にドームに帰還し一休み。その後は二本外人を回し滑走終了とし いとー君と夏油高原温泉浸かった後は
画像
下山し水沢豪麺にて久々にフードファイトが行われるのでした。
トップ写真はやはり 貴様らやる気があるのかー!と滑走している筆者。まあ難しいコンディションではあった。夏油での新雪滑走はこれが最後か、まだあるのか?(前年ラストは4月8日)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
僕はスケーターではありません!スノーボーダーです>_<
冬バージョンにやっと出る事が出来ました。
昨日は暖かいご指導ありがとうございましたm(._.)m
いとー
2013/04/02 12:15
立派なスケーターになるんだよ(笑)
ちば
2013/04/02 12:55
先日はぁりがとーござぃました♪
久々の林間ツァー最高に楽しかったです(//∇//)
ィロィロ参考になるァドバィスも聞けて良かった♪
まこ
2013/04/04 15:32
林間良かったねー。名無し林間は走り過ぎてビビったけど(笑)
ちば
2013/04/05 01:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    裏夏油日報(ラスト新雪かな?) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる