裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏油日報(牛形山登頂)

<<   作成日時 : 2012/06/06 16:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
はい、昨日は5年ぶり位に夏山登山して来ました。場所は夏油三山の一つ牛形山。
画像
朝方のおやじさんメールから突如牛形山登山となった昨日は一関の筆者宅にておやじさんと合流し一路夏油方面へ。夏油高原の雪は殆ど無くなりましたね。
画像
夏油三山への起点である夏油温泉には10時30分着。とりあえず13時山頂に立つ事を目指してクライムオン。
画像
かなり整備された登山道に「歩きやすいなー」などと平凡な感想述べながら詰めると11時過ぎに最初の残雪に遭遇。二人ともアイゼン忘れておりこんなのでも結構危険。キックステップで慎重に進む。
画像
雪田には水芭蕉が咲いていて非常に綺麗。苦労の対価か?
画像
その後森林限界を越えると更に残雪は多くなり雪渓歩きに不慣れなおやじさんは悪戦苦闘。
画像
景色は最高なんですけどね。牛形山本峯直下の雪渓より鷲ヶ森。
画像
牛形山本峯直下の雪渓を渡り切ると白子森との分岐。土砂崩れですか……………。
画像
まあ兎に角最後の斜面に取り付く二人。夏道は川状態です。
画像
そして最後の雪渓。かなりの急登で滑落したら目も当てられないだろうが過去に登った跡が階段状に残りそれ程難易度は高くない。(アイゼンあればもっと楽だったが)
画像
そんな最後の雪渓を登り切り山頂稜線に立つと13時40分。写真は山頂稜線より牛形山第二峯。湯殿山みたい。
画像
その後程なく山頂に立ち、しばらく昼飯休憩。焼石連峰は残雪豊富。
画像
昼食休憩後14時20分に下山開始。右奥は白子森。
画像
下山途中早々におやじさんの足がつる事件とそれを起因とする雪渓滑落→クマザサに突っ込む事件などトラブルがあったが
画像
ミネラル補充などで騙し騙し乗り切り夏油温泉帰還は17時とかなり遅め。既に元湯夏油の日帰り営業は終わっており
画像
千貫石温泉にて反省会となる牛形山ツアーでした。
画像
トップ写真は牛形山山頂直下の雪渓。
最後の写真はシラネアオイかな?
しかしアイゼン忘れたのは不味かった、反省。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日は、お世話になりました。
また、ブログ更新お疲れでした。
いろいろと経験できて、無事、帰還できたので結果いい経験できたなぁと思う。また行こうね。アイゼン持って。
おやじ
2012/06/06 19:05
ポール忘れてたら完全にアウトでしたね。クワバラクワバラ。
ちば
2012/06/06 19:10
そうだね。ポールに助けられたね。
おやじ
2012/06/06 19:16
次はダブルアックス持って来てください(笑)
ちば
2012/06/06 19:23
夏山の残雪と新緑、素晴らしいですね。夏休み、スケボー持ってまた突然一関ご訪問します。やんちゃなお坊っちゃんのニィードロップ食らいたいし。
Mr.スケボー爺
2012/06/07 19:30
ええ!マジですか(笑)
ちば
2012/06/07 19:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    夏油日報(牛形山登頂) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる