裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 栗駒日報(ちょこっと栗駒探索)

<<   作成日時 : 2010/04/05 16:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
今日は未明に起きて栗駒探索をするつもりだったのだが起きてみたらすっかり夜が明け小鳥が鳴いている!
「一体何時なんだ?」と時計を見ると6時で一般的には早起きの部類に入るのだろうが天気の崩れが見える本日、これでは行動出来る範囲がかなり限定される展開になるのは目に見えていた。
しかしまあとりあえず行ってみるかと気を取り直して準備をし車に乗り込んで6時40分に耕英荒砥沢方面を目指すとドゾウ沢まで栗駒は見えイワカガミ平位までなら行けるような気がしてきた。
画像
その後8時前、ハイルザーム付近に到着しとりあえず登坂準備に入ると除雪車が続々とゲートを越えていく。乗せてってくれたら良いのにな〜(笑)
画像
除雪車見送り後登坂に入ると古いシュレップリフトを見つける。旧栗駒スキー場跡地である。
画像
その廃スキー場をハイクアップする事30分程で憩いの村栗駒到着。
とりあえずそのままイワカガミ平まで行くつもりだったがガスの降下が意外に早く既に滑降予定地だった岩魚沢が見えない。
画像
「これではつまらないなー。」と登坂を取りやめ憩いの村探索。見た目は全くダメージの無い憩いの村だったが玄関には雪がノッコリ。さらに進んでロビーを見るとかなり惨憺たる状況であった.........。
画像
憩いの村探索後は滑走に入り目星を付けていた斜面を滑り降り
画像
その後は細かなブッシュ帯を避けて裏掛け登山道を滑走してハイルザーム付近に9時前に帰還。あまりに早い時間だが「やってんのかなー?」とハイルザーム栗駒に寄ると温泉絶賛営業中。入浴料が500円に下がっていて(前はプール込み800円)どうしたのかなと思ったらプールと露天が使用不能の為みたいでした。
画像
一時間程ハイルザーム栗駒でノンビリした後は荒砥沢大崩落地にて前日買ったFZ5のテスト等していたがこの頃から雨がポツリポツリ。
平野に出ると雨は強まり「はて今日はどうしたもんだべ」となる筆者さんでした。
トップ写真は荒砥沢大崩落地にて。
各裏夏油会員様よりの報告により栗駒ツアー定番だった裏掛け(ドゾウ沢)ルートの崩壊が伝えられて来ています。視界の無い日、ドゾウ沢方面はかなり危険だと思われます。気をつけましょう。
しかしハイルザーム暑かったな。登りで汗かかなかったけど館内で一気に汗出ました(笑)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時

古いシュレップリフト.・;*;・.・ロビーに入り込んだ雪.・;*;・.・…萌え画像ですね(笑)。


Sら
2010/04/07 11:16
雪氷マニアには堪らない画像なんだな(笑)
ロビーに雪が溜まってたのは結構ビックリしたよ。黄砂の影響の無い綺麗な雪だった。
ちば
2010/04/07 11:23
裏掛けの最後の沢越えブリッジは明日ならギリギリ大丈夫でしょうI日曜は天気良すぎではブレーキ雪、東栗駒のあの面は全く板が走らず、いこいの村からやっとこさ走りましたよ…。参考までに…
kz
2010/04/07 22:11
了解。
ドゾウ沢見ると悲しくなってしまいそうなので多分明日は御沢やると思います。スティープマニアSも行く予定なので。
ちば
2010/04/07 22:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    栗駒日報(ちょこっと栗駒探索) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる