裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 八甲田日報(初日,極悪八甲田一本目)

<<   作成日時 : 2010/02/23 15:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

画像
2月21日(日)八甲田遠征初日は筆者2時30分に起床。
様々八甲田情報集めるも視界の無い八甲田になるのは確定的でその辺りの覚悟を促すメールを参加者に送り4時頃に自宅を発。すき家にてノンビリ朝食を採り5時前に一関インターにてkimさん岡ちゃんと合流。定刻通りに一関発着組kimさん車にて出発し東北道を北上した。
画像
東北道を北上する事40分程で合流地の紫波SA到着。今回のツアーメンバー全員遅刻無く合流し素早く再び東北道の北上に入る。
画像
早朝の東北道は大変スムーズで八甲田ロープウェー到着は予定より早く8時20分。
やはり全く上部が見えない状況だったが既にロープウェーは並びが出来ていて駐車場もほぼ満車と盛況な八甲田。
現地集合となっていたjoさん夫妻とも合流し15名となった一団はとりあえず5回回数券購入して4便目の満員ロープウェーに乗車。いつもの如く山頂ギャラリーで身の振り方を考える事になったが到着した山頂ギャラリーから見えるものは白いだけの遠近感の無い景色.........。
画像
山頂ギャラリーでの協議の結果とりあえずフォレストをコース通りに行ってみる事にする一行。映画八甲田山さながらの行軍である。(笑)
画像
その後早速侵入してみたフォレスト上部樹氷原地帯は将に白い悪魔との戦い。これほどの視界の悪さは夏油では味わえません。
そんな樹氷原を過ぎ植生が変わり始めると視界が開けいつもならやりたい放題になるのだが今回は違った.......。雪が深すぎてラインを外すことが殆ど出来ない.......。一便のフォレスト先発組が抜けてくるのに一時間かかったのを山麓駅から見ていたがその苦労が偲ばれた.......。
まあそんなフォレスト下部も写真のタモヤチゲレンデだけは少し斜度が出るのでツアーメンバーを適当に紹介。
写真は八甲田初参戦のDさん。この日序盤はTTは頼れるウェポンだったが.......。
画像
八甲田遠征フル参加のf2さん。流石に序盤、元気だ........。
画像
こちらは八甲田初参加のjoさん。異常に彼の滑走スキルにフォレストがマッチした為八甲田大好き人間に?
画像
やはり八甲田初参戦のS君。TTである。
画像
kimさんはポールライディングで激深フォレストに対応。
画像
今ツアーでテールを受け持つクロサワロケット号は今回かなりの回数発射されたようだ。(笑)
そんなアップと言うには過酷な一本目も終了した一団はとりあえずまた満員乗車のロープウェーで山頂ギャラリーに上がり作戦会議となるのでした。
トップ写真はフォレスト樹氷原最後の辺りでjoさん。
いやはや初参戦で強烈な視界の無さにも関わらずこの人だけは上部でも楽しそうでした。(笑)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れー  今回も楽しませていただきました、 痛めた足も現地に着けば見る見る楽になり 何とかハイクも滑りもこなすことが出来、ホッとしております。
本当にみんなとの二日間が楽しくて 頑張って行けてヨカッター。    さてさて二日目の晴天ツアー、 ワクワク。
kimパパ
2010/02/23 16:14
二日間ご苦労様でした。
まだ2〜3本目の顛末を上げなきゃいけないので2日目は明日以降かな?
ちば
2010/02/23 16:24
フォレストコース、またはフォレストコースまで至るルートは、本当楽しかったです。f2さんが飛んで爆死した斜面の辺りは雪が深すぎて、いつはまるかもしれないし、ポールを持って滑っていたので問題なく滑れるのか不安でしかたがなかったですが・・・。
八甲田は本当に良い山ですねぇ。側に有れば絶対にシーズン券買います。
JO
2010/02/24 07:21
確か八甲田のシーズン券は夏油より安かったような気が?
俺も1ヶ月シーズン券買って酸ヶ湯に10泊位したいなー。5万位で済むんだけど休みが取れん........。
ちば
2010/02/24 08:00
夏油も1ヶ月シーズン券だせば良いのに。あと夏油単独シーズン券を今より1万円安く。

話し変わりまして、二日目のあの天気、登ってきたスキーヤーの方に「今日は、本当写真撮影には最高だと思うよ。こんな晴れる事は、一週間に一度あるかないかだよ」と言われました。それ程ナイスな天候だったようで…。二日目のガイドツアーの報告楽しみにしております。
JO
2010/02/24 08:20
一週間に一度も何も昔は2月に晴れる事自体が奇跡のような状態だったんですよ。昔の夏油も2月の晴天率は0に近かったけど。2001年を境に劇的に変わったような気がします。
ちば
2010/02/24 08:28
確かに夏油も二月に晴れる事なんて殆どなかったですよね。八甲田なんて雪中行軍のイメージしかないから晴れるなんて想像したことなんて無かったですね(笑)
JO
2010/02/24 08:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    八甲田日報(初日,極悪八甲田一本目) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる