裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏夏油日報(line of akツアー後編)

<<   作成日時 : 2010/02/04 04:23   >>

トラックバック 0 / コメント 14

画像

ak雪庇群へ11時に到着した9名の一団は大休憩しつつ斜面観察。筆者は少々雪掘って積層の状態を調べたが上層の雪より下層の雪が柔らかい。バリーンと上層だけ見事に割れるのこのせいらしい。結合その物はやはり悪くないのでスタートでビビってヒールサイドでハードに切るような事をしなければ大丈夫と判断。皆にその事を告げとりあえず筆者さんが撮影点への移動の為最初の滑走者となったのだが「雪崩ない」との確信があってもやはりakでの最初の滑走者となる事は恐ろしい。とりあえず「怖いよー!」と筆者さん絶叫後雪庇の切れ目からトゥサイドから始まる最初から決めていたライン通りに滑走。撮影点にて停止し後続に「最高だー!」と報告した。
画像

その後実質的なファーストトラックで今回のメンツでは唯一ak滑走経験があるkimさんがボトムまでノンストップでリード滑走。ムービー撮っていてビックリしたのが滑走時間で40秒を越えていた。
画像
その後順繰りに一人一面で滑走。
画像

ボーラーさんはドロップで少しビビっていたがヒールサイドに回らず良かった。
画像

「来て良かったー」とシェヴィーさん。しかしこの後ドームにて携帯を無くした事が発覚し一気にテンションダウン.......。
画像

ak最終滑走者となったS君は独自のドロップポイントよりスタート。筆者の意図とは少し違うバンクに突入したがこれは良いライン。
画像

その後はakボトムより兎森の裾のに渡り
画像

名無し林間へロングトラバース。
画像

名無し林間到着後は各自滑走ポイントを策定してもらい一番北側に陣取ったS君のリード滑走よりスタート
画像

その後南側へ順繰りにドロップが繰り返される。これはkimさんだな。
画像

うーんしかしみんな飛ばすなー。見ていて怖いんですがもしかして筆者もこんなもんで滑ってるんでしょうか?
写真はDさん
画像

名無し林間をボトムまで滑りきった一団はツボ足でC6までトラバースし
画像

line of akツアー最後の滑走に入る。
写真はS君。前回の反省を元に良いラインだったが最後に大変な落とし穴が.........。
画像

しかしやはりパイプに誘い込まれる人も多い。
写真はDさん。パイプの誘惑に負けてレイバック。
画像

唯一人パイプの誘惑に打ち勝ち尾根上のラインを取ったM君。「そうだそこを行くんだ!」と聞こえるわけも無いのに叫ぶ筆者。
その後最終滑走者となったシェヴィーさんの何故かブッシュバキバキライディングを見届けた筆者もC4に抜け皆様C2経由でドームへ12時30分に帰還しline of akツアー終了。ほっとした筆者はkimさんと二本程ピステ回してみる冬晴れの夏油高原でした。
トップ写真はline of akにてリードを切るkimさん。この夏油離れした景色は魅力です。(夏油じゃないけど)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
いやー「AK」えがったー!。
昨日の午後に連絡して先ほど「ケータイ補償サービス」により新品の携帯が届きました、電話帳も「ケータイデータお預かりサービス」にアクセスして復活、docomoすごい!。
後は一昨日のコースにケータイ供養しに行かねば!(笑)。
シェヴィー
2010/02/04 13:41
兎森山頂から順に探すんですか?
ちば
2010/02/04 16:43
なんか自分だったら、何かをやらかしそうで怖いAK。
JO
2010/02/04 17:53
joさんも携帯無くしましょう。(笑)
ちば
2010/02/04 17:58
SoftBankも無くしたら無くしたで、新しい携帯を無料は無理だが格安では手にはいるとは思うが、まったく同じのは無理だよなぁ。電話帳もサーバー保存のサービス加入してないとダメだし。 なので落とさないようにしないと。(笑)
JO
2010/02/04 18:17
落とさないのが一番です。結構ゲレンデで携帯拾いますからね。
ちば
2010/02/04 18:21
八甲田に携帯落とした日にゃあ目もあてられません
(>_<)
stone river
2010/02/04 18:24
止めてくれ、俺も落としそうだ........。
ちば
2010/02/04 18:26
タイミング合えば、今度連れてって下さい。
呑む
2010/02/04 21:42
了解です。今季はとりあえず滑れると思えたら滑ってみるつもりなので。
ちば
2010/02/05 00:02
滑りたいけど怖い感じどす。

次に携帯を落とすのは誰だ(笑)
JO
2010/02/05 00:25
少し恐れを感じる位の人じゃなきゃ滑っちゃいけない斜面ですよ、ここは。
ちば
2010/02/05 01:06
携帯は落とすためにあるのです。

そういえば一昨日爆雪のC3でも何か捜索しているスキーヤーさんたちがいました。
自分のスプレーの向こうから突然ストックのバッテンマークが見えて驚きました、あれは板探しか?。
シェヴィー
2010/02/05 10:26
消防の訓練の可能性もあり
ちば
2010/02/05 19:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    裏夏油日報(line of akツアー後編) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる