裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏夏油日報(骨折り損の.......)

<<   作成日時 : 2010/01/23 03:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
昨日は9時30分に一関を発。乾燥した農道をぶっ飛ばしていると少々渋滞に捕まる。何かと思ったら事故渋滞。事故車両は運転席側面が陥没して無惨な状態。早朝は凍結路だったんだろうか?
画像
事故渋滞を抜け金ヶ崎まで来ると今度は地吹雪地獄に遭遇。夏油に近づけば近づくほどそれは酷くなり視界1メーターもザラな感じの中なんとか夏油高原到着。
ドームにてkimさん、清水さんらと合流し清水さんに頼まれてたビール48本を受け渡す。
その後kimさんにコース状況を聞きながら準備をしとりあえずA4と一ゴンに乗車したが激しい北風で何回も停止した一ゴンは筆者らが降りた辺りで運転見合わせ。
滑り込んでみたA4も林間以外は全く視界が効かない状態な上に吹き溜まりとガリガリが混在する危険な状況で「やってられません」とドームに帰ると何故かストーンリバーさん登場。
画像
この時点で滑走終了となったkimさんからC3が良いとの事でとりあえず今度は二ゴンでC3にアタックしてみる事にする筆者とストーンリバーさん。果たして侵入したC3は上部ガリガリ中盤以降モフモフ。
写真はC3バックサイドバンクでストーンリバーさん。
画像
その後クワッドに乗った筆者らは次に名無し林間を目指そうとしたのだがクワッド寒すぎて滑ってるわけでもないのにクワッド上で絶叫する事になる二人.......。降り口で気温聞いたらマイナス12度との事。寒い訳だ.......。
クワッド降車後はスルスルとC4林間に消えていった二人だったがC4林間は期待に反してガリガリの極みで恐ろしいの一言.....。しかし名無し林間ならなんとかなるべと先に進むとなかなか雪付きの良い名無し林間到着。前回テケテケさんと来た時よりラインがかなり開けている。
画像
その後ドロップしてみると序盤はガリもあったが後はモッフモフ。
画像
名無し林間後はツボ足でC6へトラバースし風の影響を考慮してパイプ滑り。雪は深く重い。
画像
C6脱出後再びクワッド上で絶叫した二人は限界だと二ゴンに向かうが途上のC1で思わぬノントラック深雪に遭遇しその後回ったB2でもリセット底突き無し深雪に遭遇。「寒い思いしたり怖い思いしたり今までの苦労はなんだったんだ?ずっと二ゴンでB2滑ってれば良かったんじゃないのか?」となる極寒夏油高原の一幕でした。
トップ写真は名無し林間でストーンリバーさん。
今季は名無し林間も本来の姿を現すかも?
しかし昨日はヘルメットかぶってる筆者でも頭が冷えた。ビーニーの人は大丈夫だったんだろうか?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    裏夏油日報(骨折り損の.......) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる