裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 八甲田日報(赤倉パイプ編)

<<   作成日時 : 2009/03/03 18:43   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
前嶽を巻いて山麓駅に帰還した一行はとりあえずロープウェー乗車、山頂駅行ってから行動を考える事に。
画像
山頂駅到着後赤倉パイプを観察するとほぼノントラックである事を確認、目標を赤倉パイプとし登坂準備。
画像
赤倉登坂開始後やや登った所で昼食休憩に入る。
画像
筆者のラーメンには極厚のヌシさんナルトが...........。
画像
昼食後は再び登坂に。八幡平の樹氷が3月を待たずして崩落したらしいが八甲田も似たような物。ずいぶんと痩せた樹氷の中を行く裏夏油会御一行様。
画像
その後クラスト帯に切り替わる付近で登坂を終了。トラバースして赤倉パイプトップに出た。
滑走準備後は赤倉パイプでもとりあえず筆者がリード滑走。かなり控え目なラインを取ったつもりだが何故かブーイングが........。まあいい........。
画像
その後皆さんやはり一人一面で赤倉パイプを滑走。
画像
各々ライン取りを考え滑走する。
画像
sasaさんそこはラッセル跡だ.......。
画像
ヌシさんはラインを狙い過ぎすっこ抜けて樹氷に向け吹っ飛ぶなどここでも魅せてくれました(大爆笑)。
赤倉パイプ後今回はカモシカで帰るかとなったのだが時間が既に押していたので(ロープウェーに乗れそうにない)対面のいつも気になっていた斜面をハイクして滑る事となる八甲田の午後でありました。
トップ写真は赤倉パイプでf2さん。スプレーは上がりにくかったが滑走感は最高だ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
まさか一本モノのナルトが出てくるとは
パイプ上部のトラバースは滑落の危機感バリバリで怖かったっすよ。でも登った苦労も吹っ飛ぶ滑走感でしたね
f2
2009/03/03 23:21
俺もナルトあるよと言われた時「何のこっちゃ?」と言う感じでしたがまさかあれが出てくるとは.......。
ちば
2009/03/03 23:30
いやぁ、楽しそうですねぇ・・・。来年こそは!
JO
2009/03/03 23:59
来年は参加?
ちば
2009/03/04 00:19
来年は是非とも参加したいです。それまでに自分の滑走スキルの向上、並びにスノーシュー等の装備を揃えたいです。
JO
2009/03/05 12:47
了解です。
ちば
2009/03/05 16:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    八甲田日報(赤倉パイプ編) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる