裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏夏油日報(本日もパウダー三昧)

<<   作成日時 : 2009/03/29 03:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
昨日は一関にてボーンクラッシャーさん拾って8時50分に一関を発。
画像
とりあえず農免道走ると金ヶ崎辺りから真冬のような景色。
その後路肩に落ちた車両を見ながら9時50分に夏油高原着。
ボーンクラッシャーさんはソールグライドとして活動するようでピステに向かったが筆者はコースから帰ってきたクロサワ夫妻から雪の状況聞きつつ人員が集まった所で頂上台地へ。
画像
クロサワ夫妻から雪の深さは聞いていたが頂上台地は股下ラッセル。もちろん連絡路は貫通出来ずハイクでマイナストップに出た。
画像
果たしてこんな深さで「マイナス林間滑れんのか?」と思われたがなんとか滑れた。
写真はマイナス林間で腰パウJOさん。
画像
その後は前日も一山当てれた夏油ボウルを選択したが何故か急に雪が軽くなりスーパーパウダーセッションに。
写真は腰パウスラッシュkimさん。
画像
パウダーの傘を展開するクロサワ夫人。
本日はもがき無し。
画像
クロサワロケットはノーズが常にこんなに出ている.........。
画像
sasaさん。
全てのターンがフェイスショットで大盛り上がり!
画像
最終滑走者JOさん。
滑走ラインを吟味できず少し無念か?
画像
その後なんとかハイクバックルートまで滑り込み一休み。皆さんニコニコ。
画像
その後ドームに帰還するとkimさん、kzさん、sasaさん、クロサワ夫妻が離脱。代わりにT氏が加わり再び頂上台地からマイナス系へ。今回はS字前も考えたが怪しげなのでオトナシク稜線を滑走。
画像
その後は雪庇斜面へ。T氏がスティープラインを魅せる!
その後筆者とJOさんは下部に回ったが午前中と雪質がハッキリ違い激重でJOさんボトムで爆沈..。
筆者はマニアックラインで侵入したがボトムで激重の雪に捕まり動き少ない滑りで滑走終了。
ハイクバックルートにて雪調べながらドームに帰投しボーンクラッシャーさんと合流。夏油高原温泉に流れ明日の計画を練る筆者さんでありました。
トップ写真は夏油ボウルにてkzさん。
まさか4月近くに八幡平並の物が滑れるとは.......。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 これからは、ラインを吟味、そして荒れてない雪面を滑り、ベストなライディングが出来るように人に譲らず、自分が真っ先に滑る事を宣言します。(笑)
JO
2009/03/30 16:12
遂に伝説のライディングが帰って来るのですね(笑)
ちば
2009/03/30 16:29
 星にならない程度にベストをつくします。(笑)が…しかし、トップ滑走だけは…。緊張とプレッシャーで、滑り出した途端転びますので。せめて二番目でお願いします。(笑)
JO
2009/03/30 16:38
そんなに緊張していたとは(笑)AKでリード滑走お願いします。
ちば
2009/03/31 01:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    裏夏油日報(本日もパウダー三昧) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる