裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏夏油日報(ラストパウダー週刊開幕?)

<<   作成日時 : 2009/03/23 20:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
この三連休のコンディションにテンションダウンの筆者であったが本日より入るはずの寒気に期待し4時に起床。早速内鱒沢ライブカメラを覗くが未だプラス気温。「こりゃダメだ」と再び布団に潜り込み6時8時と定期的に起きて内鱒沢をチェック。
結果降雪を確認したのは8時、「こりゃ午後なら一山当てられるかも?」と午後に照準を合わせ再び就眠。その後11時に起床し野球見ながら準備して11時30分に一関を発。
画像
道中はトラックの荷台から籾ガラ降ってきたり(警察に捕まっておった)農道で事故があったりとアドベンチャーな工程。温泉線はダム湖付近から圧雪路で冬景色を取り戻しつつあったが氷は随分溶けた........。
その後無事にドームに侵入するとお客?がほとんど従業員と言う状況(前日でほとんどの期間従業員は終了)一般のお客さんはごくわずかだ........。
その後雪面状況の情報収集をし、とりあえず一ゴンに乗車。かなり揺られながら頂上駅舎に運ばれるとなかなかの雪付き。
画像
とりあえずアップはA0でもと思っていたが何故かおもむろにマイナストップに来てしまった......。
見た感じはなかなかだが果たして?
画像
とりあえず滑ってみる。
稜線は当然ガリなので谷側を行く。少々底付きするが許容範囲。
画像
その後S字前に惹かれたがとりあえず稜線へ。ここもまあまあ。
画像
その後下部雪庇斜面。
雪庇上に例年なら4月に出来るクラックが発生。
斜面上部のクラックも更に酷くなった。斜面上部のクラックを調べてから滑走に入りいつものマニアックラインで滑り抜ける。
画像
その後ドームで一休み後再びマイナス系に出陣。今回はなんだか雪が溜まっているように見えた夏油ボウルへ今季初侵入した........のだが実は全然雪付いてなくてガリガリ。思った以上にブッシュも多くてなんだか悲しくなる筆者さん。昔は肩パウとかもザラに体験出来た所だったのだが.........。
画像
夏油ボウル後はトラバースして雪庇斜面に向かったがこのトラバースがかなり危険で一苦労。なんとか乗り切って雪庇斜面を再び滑りドームに帰還すると15時20分。
「そんでは最後にA0でも」と一ゴン乗車。画して侵入したA0は底付きも無く快適で「最初からここ滑れば良かったのに......。」となる筆者さんでありました。
画像
トップ写真は下部雪庇斜面のクラック。
滑走可能だが気をつけよう。
最後の写真は17時頃。まだ全面着雪とは行かないが雪は降り続いているので期待出来るかも?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
明日出勤してみまーす、 カービング予定だが上手くいけば底ガリなしのパウ期待で・・・。
kimパパ
2009/03/23 20:37
俺もアサイチ行ってみます。底付き無し希望。
ちば
2009/03/23 20:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    裏夏油日報(ラストパウダー週刊開幕?) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる