裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏夏油日報(久々に夏油)

<<   作成日時 : 2009/03/06 02:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
昨日は久しぶりに夏油を目指し一関を9時10分に発。まるで雪の無い道を飛ばし10時に夏油入りすると新雪がパラッと降った程度の状況。古雪には黄砂跡も見え月曜の八甲田が懐かしくなった..........。
画像
まあそんでもフロンティア方面ならマシなのではとアップは兎森登頂。新雪が無いわけではなかったが兎森東斜面は非常に固く面白くなさそうなので少し北に下りスタートボウルへ。
画像
スタートボウルはボウル地形だけあって雪付きが良くいい感じ。その後林間探索に進んだが........
画像
なんかまたちょっと微妙なライン取り?別に悪くは無かったんだが..........。
画像
その後名無しピークへトラバースしながら実際行きたかったラインを観察する。樹間の広さが最高だ!
画像
名無し林間は南側を滑り無理矢理トラバースでC6に接続。新雪が多く良い感じの谷筋を抜け本日もオガラ森直下まで滑走してからC4に復帰。
画像
ドームに帰還後マイナス系に様子見に出発してみたが全然進展無し。今年はもうダメかもしれんね..........。
画像
マイナス系から帰還後は最早今季はフロンティア方面に賭けるしか無いと再び兎森に出発。名無しピークへ繋ぎやすいルートを探してみようと思ったが雪が緩んできていたので兎森東斜面を滑走。いい感じ。
画像
その後地図と写真で照合してこのルートへ。これまたいい感じ。
画像
その後発見したバックサイドウォールにて発狂ライドしながら名無しピーク直下へと繋ぐ。予想外に上手く繋がった。
画像
その後名無し林間→C6と繋ぎ再びオガラ森直下にてツアー終了。ドームに帰還し温泉に入ってみると未だに己から酸ヶ湯の匂いがする事にビックリする夏油高原の午後でありました。
トップ写真は名無し林間にて。良さげに見えて実は固い.........。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今年の雪は全体的に平年より溶けるの早いんですかね?今日も雨だし(*_*)
きんのけん
2009/03/06 12:16
割と答えに困る質問だなー。
先シーズンは2月中旬までとても寒く感じたがあれが平年並みの寒さだそうだ。今シーズンは平年よりはとても暖かいのだろう。
かつての八甲田や夏油は2月に晴れ間が見えるのはかなり幸運な事だったが最近はそうでもない。
夏油に劇的な変化があったのは確か2000年〜2001年シーズンだったかで2月に南岸低気圧が迫り豪雨が夏油を襲った。(積雪量マイナス1メーター)
それ以後はシーズン中に雨が降ると言うことが珍しくなくなり夏油の積雪量も4メーターを越えなくなってきた。近年では最もベストなシーズンの2005年〜2006年シーズンでも確か4メーターは越えてないはず?
で答えは平年よりは雪解けは早いでしょう。だが3月の雪の降り方によっては先シーズンより長く営業出来るかもしれない。(先シーズンは2月中旬からほとんど雪が降らなくてGW前に営業が終わった)
ちば
2009/03/06 15:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    裏夏油日報(久々に夏油) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる