裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏夏油日報(再びフロンティア探訪)

<<   作成日時 : 2009/02/27 04:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
昨日は9時10分に冬晴れの一関を発。
夏油高原着は10時で駐車場にてsasaさん発見。その後ドームにてkimさん、クニ君等とも合流ししばらく八甲田の詰め談義をしkimさん撤収後sasaさんクニ君
〇ッチ君とでアップにA0→A1→A4と3本滑る。平日にも関わらすA1がやや混んでいた、世間は春休みなのかな?
画像
アップ後12時30分、本日は一人で兎森を目指す、山頂の雪庇がかなり怪しい成長を遂げている........。
画像
兎森山頂を経由してフロンティア方面スタートボウルへ。本日はクロサワ夫人へ勧めたラインを滑走してみた。滑走距離が思ったより長く良いラインだ。
画像
その後大規模ブナ林へ向かうもまた航路失敗、やや密な所を滑ってしまった。ランドマークになるような物が見当たらないのが原因なので赤布でも巻いてみるかな?
画像
大規模ブナ林から名無しピークへトラバース後久しぶりにピークまで登って航路の反省。
画像
反省後は名無し林間を滑走。ここは雪に恵まれる所だなー。
画像
その後C6に無理無理滑走して繋ぎ谷筋をパウダー狙いで滑走したがイマイチ、これじゃつまらんなーとトラバースせずオガラ森直下までブナ林を滑走。
画像
その後C4へ向かって伸びる林道を帰る。ポールワークのみでC4まで復帰。
画像
C4復帰後クワッドに乗り再び名無しピーク方面へ。
今回はC6尾根を攻めてみたがまあまあか?
その後C4に復帰した筆者はドームに帰還し滑走終了。「今日も失敗だったなー」と反省しきりな筆者さんでありました。
トップ写真はスタートボウルボトムにて。
しかし標高差による雪質変化がまざまざと感じられるツアールートだ。C6の雪は重い。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
次回はお天気の良い日にリベンジします。ポールワークで二の腕強化希望します。
クロサワ夫人
2009/02/27 06:38
二の腕を引き締めるには最適ですな。最適すぎて疲労がたまりますが。
ちば
2009/02/27 07:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    裏夏油日報(再びフロンティア探訪) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる