裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 月山日報(鍛冶月光から四谷川及び大斜面からネイチャーセンター編)

<<   作成日時 : 2008/04/16 19:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

画像
鍛冶月光にて12時30分まで休憩を取った一行はラインの策定も終え滑走準備に入る。
いつもの如くリードを切るべく筆者が牛首直下へめがけてドロップイン。雪面はグリップ充分、ゆるーく湾曲した対象物の無い斜面はスピード感を失わせ異様なトリップ感がある。
おそらく時間にして30秒程の絶叫トリップを経て牛首バンクに最高速で当て込みつつ停止、後続を撮影しながら待とうとしたが、かなり高倍率のレンズでなければ撮影出来ない状況で写真は撮れず。
画像
まあ滑走感は最高だったので良しとして次のセクションである牛首ボウル→四谷川へ攻撃開始。
画像
いつもここらを滑ると本当に日本なのか?と思う程の景色と滑走感が味わえるがそれは皆も同じのようだ。
画像
柴灯森に当て込んだり、めいめい凝ったラインを見せる。
その後四谷川ボトムに入るとマダラに走る新雪がブレーキングスノーに変わり始めたので新雪を避けつつ滑走し
画像
このルートの難所、巨大雪庇下のトラバースに入る。一人一人確実にクリアし順調にトラバースを終えるかと思いきやクロサワ夫人が巨大雪庇下でまさかの停止!トラバース終点で待ってる一団は大慌てで「早く逃げろー! 」「止まるなー!」と大騒ぎ。果たして聞こえたのかどうかわからないがなんとか動き始めクロサワ夫人が巨大雪庇下をクリア、13時20分頃リフト駅舎に一行は帰還した。
当初リフト駅舎帰還後は昼休憩に入る予定だったのだが鍛冶月光より帰還した一行のテンションは高く昼飯キャンセルでリフト乗車。今回は前日迷い込んでしまったネイチャーセンター方面へ大斜面より侵入するお手軽ラインを選択。帰りは西川町営バス志津14時57分を利用する事とした。
疲れはてたクロサワ夫人を駅舎に残し早速リフトに乗り込んだ一行は大斜面にトラバース。
画像
アサイチとは全く違いグリップする快適滑走で大斜面をパスしその後前日滑ったと思われる斜面にてシャバ雪の偽パウライドで盛り上がる。
画像
画像
画像
画像
その後は石跳川に下降、さすがにねっぱるが先行者のライン上ならなんとか走るようだ。
画像
その後程なくネイチャーセンターに到着したが志津温泉のバス乗り場に行くつもりだったので滑走を続行し、
画像
車道手前の砂防ダムにて滑走終了。
画像
車道を志津温泉に向けて皆で歩くと恐るべきグッドタイミングで西川町営バスが現れ全員乗車。やつなみへ15時過ぎに帰還し今回の月山ツアーリングを終了。未だ良い天気の月山に後ろ髪引かれつつ帰宅の途につく裏夏油小隊でありました。
トップ写真は牛首直下でkimさん。
来年こそ大雪城か湯殿山をやりましょー!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
日曜日やっぱり晴れましたねo(^-^)o最高だったようですな(>_<)来年は一緒に行きましょう(^0^)/
ナオヤ
2008/04/16 20:07
本当にこの日は天気良くてあちらこちらでガイドクラブが暗躍しておりました。
晴れ男は誰なのか?と言う疑問も出てきた月山トリップ、来年度が決定戦となるか?
ちば
2008/04/16 20:12
みなさんの発狂ぶりが目に浮かびますなあ。晴れ男最終決定戦をするべく来年は是非。今年はkimさんとクロサワさんが晴れ男かな?(八甲田、栗駒、月山3連勝)
f2
2008/04/16 22:13
一番発狂したと言うか絶叫したのは雪庇下で動けなくなったのを見た時のような?
ちば
2008/04/16 23:07
そんな事になってたとは(*_*)
あれは本当に『人間とは小さいのぅ』と感じさせられる場面でした。
クロサワ夫人
2008/04/17 07:25
去年はおやじさん(意図的にだけど)今年はクロサワ夫人と雪庇の下には何かがいるのか?
f2
2008/04/17 08:03
 私も来年は小さい自分自身を感じてみたい。晴れ人間は誰だ?私は月山二割の確率で雨(笑)
JO
2008/04/17 08:17
まああの下通って命の危険を感じるのは普通。プレッシャーからスタコラと逃げ出すもんだが稀に動けないということもあります...........。
天気と言えば最近は月山行くと雪の事が多いですね。雪男と言った所か?
ちば
2008/04/17 08:25
皆様お疲れ様でございましたm(__)m
怪我もなく無事下山できてなによりですな〜。
以外と晴れ男はちばさんか!?
STONE RIVER
2008/04/17 10:22
ロングトラバースお疲れ様。せっぴ下は、なぜか眺めたくなるのね〜。
おやじ
2008/04/17 12:41
視界が良いのでそんなに酷いトラバースは無かったんですよ。
ちば
2008/04/17 12:49
うわぁ、楽しげですね〜。
JOさんと同じく、小さい自分を感じてみたいです。
来年こそは月山も八甲田もフル参戦します!!
どみ
2008/04/17 14:43
本当に人間の小ささを感じられる場所ですね。木一本無く景色はひたすら白い滑走が延々続きます。
来年のフル参戦期待してますよー
ちば
2008/04/17 15:25
月山の斜面の大きさは最高でしたね。
鳥海山のスケールもまたいいんだよな〜。

今回裏夏油会の人達と滑れて楽しかったです。皆さんありがとうございました。
来期は蔵王山系でお待ちしています(笑)
こーいち
2008/04/17 21:00
すげー気持ち良さそう。
行きたかったぁー。
シェヴィー
2008/04/17 22:05
シェヴィーさん 来シーズンは是非フル参戦しましょう!私は来シーズンに向けジムでトレーニング中です(笑)
JO
2008/04/17 23:45
なんと気の早い。
今日はアスピーテ開通のはずですが、いわかがみ平も開通しそうな気配です。今日オープンしない場合は慣例で月曜日になる事があります
ちば
2008/04/18 04:15
NHK東北小さな旅、山形月山編ちばさんキター!!
まこ
2008/04/19 07:45
やはりNHKだったか
ちば
2008/04/19 07:54
JOさん、了解ですよろしくお願いします。
メタボ対策も兼ねて歩く機会を増やさねばです。
シェヴィー
2008/04/20 13:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    月山日報(鍛冶月光から四谷川及び大斜面からネイチャーセンター編) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる