裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 月山日報(初日、風雪とガスとミスルート)

<<   作成日時 : 2008/04/14 12:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

画像
月山ツアー初日(4月12日)は9時一関インター集合の為8時30分に一関インター入り。その後すぐにクロサワ夫妻が現れ、次にkimさん合流。その後定番化しているストーンリバーさんへの所在確認電話をすると「もう着く」との返答、電話の言通りすぐ(8時55分)にストーンリバーさんが合流。筆者、ストーンリバーさんがkimさん車に乗り込み二台体制で9時丁度、月山へ向け出発。
天気は雲が多かったが予報によれば回復傾向のはず。しかし鳴子を過ぎた頃から雨が降り出し最上→尾花沢→寒河江と至っても終始雨模様。
画像
その後寒河江より山形道に乗り志津温泉を過ぎると徐々に雪壁が高くなり始め、雨に雪が混じり始める。
予定よりやや遅れて到着した姥沢は湿った雪降りとガスが酷い。
画像
とりあえず宿のやつなみさんにチェックインし滑走準備、13時30分にリフト駅舎に向かいハイク開始、
画像
途中スキー場から帰って来たお客さんにコンディションを聞くと上部は全く見えない上にガリガリとの事、「大丈夫なのかや?」と思いながらも駅舎に到着。チケット売り場で2日券を発行してもらい早速リフトに搭乗。
画像
リフト駅舎付近のブナ林は全て霧氷化していて完全に真冬、
画像
雪は湿雪の為か積もってはいなかったがウェアがかなり濡れる、しかも顔に当たると痛い........。
そんな中リフト降り場に辿り着いてみると完全にホワイトアウト。雪面も聞いた通りガリガリだったがとりあえずアップに沢コースを選択、筆者は酔いたく無いので沢側のブナ林を滑走したのだがカチカチのツリーランはかなり恐ろしい。途中から緩んで快適になったがブナ林は恐ろしすぎて却下。次はリフト線裏より駅舎小屋前のオープンを狙う。
かくして侵入したリフト線裏稜線は表面は硬いが中は柔らかいザラメのモナカでレールが入り過ぎて悪戦苦闘、
画像
やや高度を落とすとやはり緩んで快適だったが駅舎小屋前のオープンはホワイトアウトが激しくなり滑走に不適。
画像
しょうがないので横のブナ林に逃げ込むとほぼトラックの無い快適斜面、味を締めもう一本リフト線裏を回すと15時30分、
画像
そんでは最後に沢を滑って帰るかと沢コースにドロップイン。筆者、kimさん、ストーンリバーさんは沢の最後を切れ上がりリフト駅舎に滑り降りようとホワイトアウトの中、斜面をロングトラバース。トラバースが終わり平坦になったのを見計らってリフト駅舎方向にドロップするとなんとも最高な滑走感!
画像
こりゃ最高だと三人で騒いでいたがリフト駅舎に全く着かない............。まあ地形的に姥沢宿舎群に勝手に着くだろうと滑り進んだが全く着きません。清水コースに入り込んだのかとも思ったがそれにしては滑走が快適すぎる(清水コース滑ったことがある人にはわかるはず)
その後立派なブナ林に出て完全にルートミスであると判明。ガスも晴れ地形が展望出来る地点にてマップで位置確認するとどうも石跳川へのルートに入り込んでしまったようだ。北面滑ってたつもりが南面滑ってたのね............。
まあ位置が石跳側であればどこ滑ってもなんとでもなるので滑走続行、携帯電波復活後姥沢で心配してるはずのクロサワ君に迎えを頼み、割と滑る雪の中ロングライドで雪降りのネイチャーセンター到着。姥沢で待機していたクロサワ君に電話をかけ車道へ移動、
画像
程なくクロサワ君車が現れやつなみへ帰還、宿で「どこを滑ったのか」などと反省会で盛り上る月山初日でありました。
トップ写真はガスが酷いブナ林にてkimさん。
しかし反省会でも「どうやって北から南へ回り込んでしまったのか」は解明できず..........。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ。
待ちかねたレポート。
二日目も期待。
おやじ
2008/04/14 12:18
いやーあんまりガス酷いんで初日ツアーリングは無しと思ってたんですが思わぬロングライドをしてしまいました。
月山でミスルートしたのは10年位前鍛冶月光付近から滑った時以来ですね。そん時もガスに巻かれてのミスルートでしたが、清水ルートにハマってしまいかなり酷い滑走を強いられたのを覚えています。←こん時はヒッチハイクで姥沢に帰った。
ちば
2008/04/14 12:36
遅刻しなかったのは奇跡的だよ。
STONE RIVER
2008/04/14 16:57
あれは奇跡なのか、やっぱり?
ちば
2008/04/14 16:59
ミスルートするとは珍しい(>_<)んでもガスかかると何処が何処だか解りませんからねw(゚o゚)w無事ツアー終了してなによりですo(^-^)o
なおや
2008/04/14 17:26
月山でのホワイトアウトはミスルートしやすいんですよ。最初は四谷川にハマったんだろうか?清水ルートはイヤだなーとか思ったんだけど地形が開けていて全然違うのでビックリ。石跳側だとわかってからは一安心でした。
ちば
2008/04/14 17:35
ちょっとした冒険でしたな。それも月山の醍醐味!?
STONE RIVER
2008/04/14 18:12
清水ルートだったらやばかったんだよ。滑走にならないかんね。疲れて終了。
ちば
2008/04/14 18:17
月山ツアーお疲れ様でした。初日の悪天候からは想像できないくらいの二日目の天候の回復!
大斜面の滑走、そしてネイチャーコース?
大満足の月山ツアーでした。
クロサワ
2008/04/14 19:22
やっぱり月山や八甲田のような天気が読めない所は一泊くらいして予備日にあてないといかんね。
土曜、日帰り組がいたら悲惨だった............。
(日曜の日帰り組は大当たりです。)
ちば
2008/04/14 19:27
月山のガスはヤバいっすよね。斜面が広いだけにミスルートし易いみたいですな。しかし四ッ谷川じゃなくて良かったっすね。
f2
2008/04/14 20:56
いやー普通にコースしか滑らない気でいたから俺以外は無装備だったんですよ。ハードな四谷川方面じゃなくて良かった........。
ちば
2008/04/14 21:00
お疲れさまでした!
月山のガスはホント大変ですよね。まさに右も左も北も南も・・
実際、焦ると思うけど広い斜面には心奪われます。クロサワさん号万歳ですね。
どみ
2008/04/15 11:14
四ッ谷川から月山湖までロングトラバースとか(笑)
f2
2008/04/15 11:29
確かタクシー呼ぶと1万以上かかるのでクロサワ号はありがたかったー。
町営バスは500円だがね。
ちば
2008/04/15 11:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    月山日報(初日、風雪とガスとミスルート) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる