裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 栗駒日報(裏夏油大隊山頂より発進)

<<   作成日時 : 2008/04/08 07:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 28

画像
さて登頂を無事に果たした裏夏油大隊だったが山頂観光もそこそこに今回の本題、滑走の準備に取りかかる。滑走ルートは栗駒南面を滑走後ドゾウ沢に抜け裏掛の壁を辿る予定だったが今回テールガイドを務めているkzさんより「時間的に無理ではないか?」との言を受ける。しかし筆者は「まあ大丈夫っしょ、とりあえずデポ地に着いてから考えましょ」とかなり楽観的。
そんな中ドロップポイントの選定は続き山頂をやや外れた所に決定。早速滑走準備に入り筆者がリード滑走の為スルスルとドロップイン。当初硬すぎでは無いかと思われた南面はなんとかギリギリセーフな感じ。雄叫び上げつつ下降限界点で停止、雪質変化が起こらない内に滑るよう後続を促す。
しかし流石に急斜面なので一人一斜面が限界。
画像
(kimさん)
画像
(キタミネ氏?)
画像
(なおや君)
最初と最後の人ではかなり雪質が違ったはずだ...........。
画像
(菊池さん)
画像
(謎の参加者X事佐々木君)
画像

(どみさん)
テールガイドのkzさんがデポ地に向かったのを見て筆者もデポ地に合流すると時間は既に15時50分、これは活動限界に近くロングルートになるドゾウ沢回りは中止。新湯沢ルートから岩魚沢を通過する事に変更した。
その後デポ地より栗駒東斜面の滑走に入り、
画像
(f2さん?)
画像

(kimさん)
画像

新湯沢源頭をロングトラバース。
その後新湯沢は風紋がまだ生きていて楽しくない滑走感、
下部はまともだったか?
画像
(どみさん)
メロウなボウルも経由してみたがやはり風紋が残る。
画像
(なおや君)
メロウなボウル後イワカガミ平レストハウスを横切り岩魚沢にアタック。
画像
(どみさん?)
ここらはかなりの滑走感、皆さん絶叫ライドです。
その後岩魚沢核心部へGO!
画像
(なおや君)
ここの斜度感には皆さんかなりやられていたようだ、全く先が見えないもんな.........。
画像
(菊池爆裂バックサイド)
画像

(謎の参加者X事佐々木君?)
画像
(最終滑走者kzさん)
しかし全員無事滑りきり岩魚沢ボトムを下降後ツリーランしつつ車道側へトラバース。車道は除雪されて入り込めない為車道下部を憩いの村に向け走ったが憩いの村手前で失速、ハイクにて駐車場に全員帰還したのは17時丁度、社内で寝込む人等様々だったが最後に東栗駒をバックに記念撮影し裏夏油大隊解散、
画像
菊池車両内にて反省会が行われる裏夏油大隊栗駒ツアーでありました。
トップ写真は栗駒南面にてkzさん。ピンボケもまた良い感じ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
 羨ましい…としか言えない(笑)
JO
2008/04/08 08:17
ドゾウ沢滑ってたら死ぬほど羨ましかった事でしょう!
ちば
2008/04/08 08:34
栗駒ツアーお疲れ様でした。そして、皆さんとってもお世話になりました。
地獄あり、天国ありの楽しい初参戦の栗駒でした。
やっと、足腰が自由になってきた今日この頃です・・・・・
次は月山!!頑張ります!!!
クロサワ
2008/04/08 09:18
栗駒南面を経験したからには湯殿山もイケるはず?健闘を祈る。(晴れればね)
ちば
2008/04/08 09:43
天国と地獄がよみがえってきました。
あ〜ドゾウ沢やりたいです・・
どみ
2008/04/08 10:35
ドゾウ沢やるならイワカガミ平開通前がいいんだけどね。登り返すなら関係ないか?
ちば
2008/04/08 10:38
開通前にやりたいなぁ。登り返しとロングトラバースはキツい(;_;)
f2
2008/04/08 11:53
平日でも天気さえ合えばいつでもやりますよ。連絡ください。
ちば
2008/04/08 12:06
 今度の土日も仕事になりそうです。(泣)
JO
2008/04/08 18:23
おっ!月山、今度の土日は晴れのセクションに変わってきましたよ。またjoさんを羨ましがらせる事が出来るかもしれません。
ちば
2008/04/08 19:03
なんとか仕事休んで参戦したい・・ドゾウ沢。まず、響きがよいです。
あ〜月山もだいぶ気になります。
どみ
2008/04/08 19:05
ドゾウ沢は一関側から見える最大の雪渓。
実際入り込んだ事がある人ならわかるはずだが「ボトムまで滑りたい病」が発病する危険な場所なんですよ。
ちば
2008/04/08 19:16
 なんとまぁ、この4月に入ってから土日が潰れる仕事ばかり・・・。決してねたみませんよ。皆の安全と、天気を祈ってますって。(笑)
JO
2008/04/08 20:08
ドゾウ沢は脳内物質出まくりです。
平日行けそうな時は連絡しますので宜しくです。因みに須川口は今年も行く予定ですか?
f2
2008/04/08 21:57
須川口は今年もやります。今年はなんとかして状態の良い秣岳滑りたいです。
ちば
2008/04/08 23:08
ボトムまで滑りたい病はきっと、この時期の流行病・・流行病なら仕方あるまい、と自分に言ってみる。
皆様の平日休む日をこっそりチェックしておきます。
どみ
2008/04/08 23:38
何度か発病してしまってる自分の経験からすればドゾウ沢の登り返しはかなり苦しいです。隣の産女川源頭斜面はそんなに苦しくなかったですね。昔ビデオ撮影の為に何度も登り返した記憶があります。産女川源頭もかなり良いんですよ。
ちば
2008/04/08 23:51
ピークからの一発目の滑走で足にきてた事と緊張で転倒も含め、思い通りのラインは描けませんでしたが、とにかく楽しめたのと無事下山できた事に満足です♪
ルートガイド、写真撮影とお疲れ様でした〜!
X佐々木
2008/04/09 00:12
やっぱり無事に全員下山出来たのが一番良いことだね。
ちば
2008/04/09 01:13
 あと菊池鍋を食べることが出来たこと・・・。まだ食べたことがない。(笑)
JO
2008/04/09 06:25
俺は・・・?。
おやじ
2008/04/09 12:44
ちば
2008/04/09 14:46
皆さん、お疲れ様でした〜。全員、無事下山でよかったですね〜。
STONE RIVER
2008/04/09 16:41
おっ!ストーンリバーさん、次は月山だ。天気良くなりそうだし良いとこ行ければいいな。
ちば
2008/04/09 16:45
おやじさんの 俺は? って、俺の写真は?てな意味ではないかと。違うかな?
あとストーンリバーさんの写真もみあたらないような?
JO
2008/04/09 18:49
あんだけ人数いたら全員の滑走写真撮るほうが無理っしょ。ストーンリバーさんはフィーゲル履いたら最強になったようですなぁ。
f2
2008/04/09 21:08
 スノーシューとフィーゲルどちらがオススメ?
JO
2008/04/09 23:53
俺としてはフィーゲル。夏油のド深雪でも問題無く、ザラメは移動がかなり早い。
ちば
2008/04/09 23:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    栗駒日報(裏夏油大隊山頂より発進) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる