裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 栗駒日報(須川温泉より憩いの村へ)

<<   作成日時 : 2008/03/20 06:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
スノーブリッジの洞窟風呂は思った以上に快適でかなりの長風呂になったがその後昼食を取り周辺散歩などしていると11時30分、
画像
予定より少し早いが山頂への登り返しに入る。
スノーモービルのキャタ跡が多く残る名残ヶ原を過ぎ剣岳稜線に入ると剣岳南面が筆者を呼ぶ。
画像
時間に余裕があるし雪面も大分緩み滑走に適してきたようなので剣岳滑走決定。かなりの急登をフィーゲルで登りきり剣岳山頂に12時30分に到着すると景色の良さが感動的。
画像
早速滑走斜面のチェックをしていると「オオッ!」と人の様な声?「山頂に誰かいるのだろうか?」と双眼鏡で覗いてみたが誰もいない。熊とかなのかなー?と須川温泉方面を覗くとなんと4〜5人程の人影!乗ってきたと思われるピステン車も2台確認出来る。どうもジュネス栗駒から上がってきた栗駒山荘クルーらしい。あと一時間来るのが早かったら裸でシャベル振り回してる人を発見していた事だろう...........。
そんな人達の観察も終え滑走準備に入り剣岳南面に生涯3度目のドロップ。
画像
非常にグリップする雪質で縦に落とせ絶叫ライドのうちに剣岳南面を終了、昭和湖に至った。
画像
昭和湖を横断し天狗平への斜面に入るとまだモービルの跡がある、かなりダケカンバを踏みつぶしているが気にしていないようだ。栗駒では稀少なシャクナゲも踏みにじっている、これはそのうち問題になりそうな勢いだ..........。
画像
その後天狗平へ13時50分に到達しシュカブラ緩む山頂稜線を歩くと何やら山頂方向より二名の人影?しかもなんかパウダースティック持ってるように見え幻覚か?と思ったが近寄って見たら現実でした。
一人はTT、もう一人はエクスプローラと思われる板の二人はどうも御沢のシュートを狙っているようだ。筆者もついでなので写真撮らせてもらったがタイミング悪くて没。二人は御室直下まで滑って行った。表掛けルートで憩いの村に行くのかな?
画像
二人を見送った筆者は予定通り14時再び栗駒山頂へ舞い戻り山頂南斜面観察。
何やら目新しいラインがあるのとクラックの類が無いこと、中央ルートへの接続等を確かめ滑走準備に入りドロップイン。
画像
ややドロップポイントを間違った為少しだけトラバース気味になったが充実の絶叫ライドでボトムまで落とし中央ルート下の雪渓に接続。少しの登り返しで中央ルートに入り新湯沢ルートに抜けた。
画像
新湯沢ルートは朝方より柔らかいとは言え風紋だらけで快適では無くいつものメローなボウルもボコボコ........。
画像
しかし期待していなかったイワカガミ平以降の雪の走りがとても良く爽快な滑走感。
画像
最後のブナ林まで楽しく滑れ始まりも終わりも全て良しとなる栗駒漫遊記でありました。
トップ写真は剣岳山頂より秣岳方面。
須川温泉が通年営業だったら八甲田にも負けないフィールドだと思う今日この頃。
追伸
憩いの村に滑り込むとカズアキ君を発見、栗駒南面にあったラインはカズアキラインと判明する栗駒後談。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
栗駒も凄いですねぇ。普段見たことのある景色と比較の写真をもっと見てみたいと思いますね。
JO
2008/03/20 07:22
須川口のポテンシャルは高いですよ。
今日はボーンクラッシャー復活祭かと思われたんですがダメみたいです。天気も悪いので俺も夏油欠席です。
ちば
2008/03/20 08:33
ボーンクラッシャーさんは、どうして駄目だったのでしょうか?
JO
2008/03/20 19:05
用事としか聞いてないので?です。
ちば
2008/03/20 19:07
では今シーズン中には復活は出来そうですね。
JO
2008/03/20 19:09
とりあえず日曜日復活祭らしいです
ちば
2008/03/20 19:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    栗駒日報(須川温泉より憩いの村へ) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる