裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 八甲田日報(二日目、赤倉登頂編)

<<   作成日時 : 2008/03/12 05:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 21

画像
八甲田遠征二日目
6時に酸ヶ湯605号室は全員目覚める。kimさんは寝苦しくあまり寝てないようだが他二名は爆睡。炊飯器のスィッチを押して早速千人風呂へ向かう。
画像
酸ヶ湯は本当に気持ちいい温泉だが湯当たりもあるのでササッと撤収。
その後朝食の準備を始め7時30分より朝食。
画像
カレー皿で三杯飯を食べるとかなり体が重かったが兎に角出発準備。
売店でお土産物色後チェックアウトし
画像
駐車場から大岳を見ると7合目位まで見えている。
昨日よりはだいぶ良さそうだと車に乗車、八甲田ロープウェーに向かった。
画像
8時30分に山麓駅駐車場に着くと車も疎らで前日とはエラい違い。ロープウェーは9時よりの運行で一便には観光客が多いようだ。
とりあえず今回は最初からフル装備としてロープウェーに並び二便に乗車。10分で山頂駅に着きまたまたギャラリーで作戦会議。
画像
結果今年も赤倉周辺に賭けてみようとなりとりあえず赤倉登頂に臨む。
偽タモを横断し赤倉稜線まで来ると赤倉の山頂にかかっていたガスが取れ露わに!
画像
井戸岳と大岳は見えなかったが一行のテンションを上げるには十分で10時丁度に赤倉登頂に着手。
雪そのものにはあまり期待が持てなかったが景色の良さが最高で観光気分でのんびり登る。
画像
その後登り続ける事一時間で前年ストーンリバーさんを苦しめた山頂部のシュカブラ帯に到達。
画像
今年も歯が立たないほど硬いのかと警戒を強めたが思いの外柔らかく筆者のフィーゲルでも完登可能。
その後柔いシュカブラ帯を越えて赤倉山頂部稜線を歩くが赤倉の滑走禁止区域初めて見たクロサワ君はドン引き.........。
そんな中とりあえず井戸岳観光と火口内滑走をもくろんで赤倉山頂を目指すがこの頃から再びガスが湧きタモヤチへの予定エスケープルートすら見えない状態に.........。
天気ばかりはしょうがないと赤倉山頂に到着した一行は全く見えない箒場方面に身を潜め天候の回復を待つ。
画像
待つ事30分程、にわかにガスは晴れ始め高田大岳や箒場、井戸岳が見え始める。見え始めたとは言え見えなくなるのも早い。とりあえずエスケープルートは視界良好となったので再び赤倉山頂稜線に下降。前年のドロップポイントにて滑走準備に入る裏夏油会一行した。
画像
トップ写真は見え始めた赤倉滑走禁止区域に歓声を上げる一行。
今年は赤倉滑走禁止区域滑れなさそうな感じでした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
「今年は赤倉滑走禁止区域滑れなさそうな感じでした」ということは、滑る人もいるって事ですか?
JO
2008/03/12 06:05
そりゃいるでしょうが命がけですよ。
去年は滑れそうでしたが今回の感じでは命を取られる事でしょう。
ちば
2008/03/12 06:09
あの斜度とか見ても、滑ろうと思う人は普通の人ではないですよね。(笑)
JO
2008/03/12 06:14
斜度そのものもですが雪崩た時のエスケープルートが無いのが問題ですね。
雪崩の心配が薄ければ滑れます。
ちば
2008/03/12 06:27
しかし、いつ見ても千葉さんの写真はアングル、構図ともに良い感じですよね。
JO
2008/03/12 09:23
こんぐらい景色が良ければどこ撮っても絵になりますがな
ちば
2008/03/12 09:33
 いやぁその景色が良いところを更にその良い部分を写真として切り取り作品にするのはセンスの良さですよ。
JO
2008/03/12 09:43
赤倉山頂部稜線は、人生初の足がすくむほどの絶景でした。初日の前嶽登頂断念したので「来たぁぁ〜」って感じでした。

追伸 うちの夫人改めmakiが「最優秀雪煙大賞」とっても嬉しく思います。
クロサワ
2008/03/12 09:46
クロサワ君
あそこに居ると落ちたら死ぬって言うのが嫌な程伝わってくるからねー
makiさん
最優秀雪煙大賞おめでとうございます。
次はオーバーヘッドですね。
joさん
少しトリミングしてますよ。
ちば
2008/03/12 10:10
宿泊客名が『裏夏油会ご一行様』で案内された時はウケた(^O^)
f2
2008/03/12 11:53
トリミングもセンスのうち!
確かに領収書の裏夏油会ってのうけましたね。(笑)
JO
2008/03/12 12:16
まこもつぃさっき起床して布団の中で“裏夏油会御一行様”に腹抱ぇてました(>_<)
JOさんの言ぅ通り本当ちばさんの写は素敵だと思ぃます!ここに遊びに来るようになって写に癒されてる毎日ですから(´∀`)
…山に行きたくてしょぅがなくなっちゃぅんで仕事手につかなくなることもシバシバですが(^o^;)
♂まこ♀
2008/03/12 12:40
三年位前から裏夏油会御一行様の領収書結構あります。
ちば
2008/03/12 14:11
その領収書を書いている人は『裏』ということで何だろう?と思っているのでしょうね。
JO
2008/03/12 16:22
前回の山頂部のシュカブラ帯は本気でヤバかったォ滑落したらマジ死亡してたかも
STONE RIVER
2008/03/12 18:30
前回はマイナス5〜7度位だったものなー。
ちば
2008/03/12 19:03
はぃf^_^;質問です。シュカラブ帯ってのはどんな地形(状態??)のコトを言ぅんですかね(^_^;)?
♂まこ♀
2008/03/12 19:58
ハイマツや雪面そのものが樹氷化した物。滑るのにはかなりの障害になる、ハイシーズンの栗駒山頂部でよく見かける。
ちば
2008/03/12 20:03
裏ってエッチな感じ。
おやじ
2008/03/12 21:07
赤倉滑走禁止区域・・
画でもびびったので、自分もクロサワさんと同じでドン引きだろうなぁ。
どみ
2008/03/13 10:48
引きまくってください。
ちば
2008/03/13 14:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    八甲田日報(二日目、赤倉登頂編) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる