裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥海日報(祓川より七高山へ)

<<   作成日時 : 2007/05/01 10:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

画像
昨日は鳥海山ツアーにつき4時に起床。
うらうらとコンビニで買い物しつつ集合場所のインターに着くとしばらくしておやじさんタカハシ君と続々集合、ストーンリバーさんは15分程遅れての到着、すでに慣例化している?
画像
ストーンリバーさん到着後早速おやじさん車に荷物を積み込み5時20分に一関を発、須川越えが時間帯通行止めで出来ないため栗駒町から鳴子に抜け国道108号にて鬼首→秋の宮→→湯沢と抜け由利本荘市の一部になった鳥海町に8時頃侵入、
画像
途中トイレに寄った菜ランド(産直)から見える鳥海に一気にテンションが上がる一行。
画像
そして8時50分やっとこさ祓川駐車場に到着、上部駐車場はほぼ満車だったがなんとか停めて早速準備、9時20分に意気揚々と竜ガ原に足を踏み入れた。
画像
竜ガ原を過ぎると最初の急登タッチラ坂となる。ここで今日卸したてのフィーゲルを使っているストーンリバーさんに異変、全くシールが雪面に噛まず滑落してしまう?何故かはわからなかったがとにかく悪戦苦闘。結局外してタッチラ坂をパスしたが急登になるとシールが効かなくなるのが延々と続いた......。
画像
そして七ツ釜手前の急登でなんとフィーゲルのビィンディングが破損?取れてしまう!
これには一行もたまげたがなんとか持ち寄りの工具で分解修理して事なきを得た?とりあえずメーカークレームとしてノーライト社へこのフィーゲルは送り返される事であろう......。
画像
その後ハプニングを切り抜けた一行は11時20分に七ツ釜避難小屋に到着、大休憩とした。
大休憩中、氷の薬師以降の厳しさと高度障害への対応を説明しいざ大雪路へ。大雪路はかなり登りやすい雪渓で皆楽勝気分、筆者も小休憩中フィーゲルでテレマークなんぞして遊んでました。
画像
そんな楽勝気分も9合目の氷の薬師に入ると一変、まさに無限地獄のような急登が続く。更に悪い事にかなり強い西風がいきなり襲って来る。大雪路までは生命力に溢れていた一行もこれにはトーンダウン、それでもなんとか氷の薬師を抜けた一行に更なる苦難舎利坂が襲いかかる。
画像
風も更に強くなり雪面はクラスト、筆者のフィーゲルもだいぶ怪しくなってきたのでアイゼンに交換、サイドステップで高度を稼ぎながら後続に「あと200メートル!」「あと100メートル!」と声をかけるも皆息も絶え絶え、死に絶える寸前の部族のようだ.......。
画像
しかし15時丁度に筆者が七高山山頂稜線に立ったのを見た一行は最後の力を振り絞り15時20分に七高山山頂に到着!
画像
画像
恐るべき絶景を見ながら大休憩、滑走体力の回復を待つ裏夏油会一行でしたー。
トップ写真は恐るべき舎利坂の破壊力の前に死に絶えようとしている裏夏油会員達........。
風がクセモンでしたねー。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
皆さんお疲れ様でした。大変さは十分に分かりますw
カズアキ
2007/05/01 11:06
本当に氷の薬師から先はなんかの苦行なのかと思うよ。そんでも今年はフィーゲルの分かなり楽でした。(自分だけだが)
ちば
2007/05/01 11:13
お疲れ様でした。苦行無くして最高の滑走感は無いのですね。しかし絶景だ!来年は是非ともお供します。
F2ライダー
2007/05/01 12:08
年に一回は苦行を!
ちば
2007/05/01 12:11
荒行でしたがあんなに素晴らしい景色と多彩なバーン、すんごい滑走感に超越した域に達した満足感たっぷりですv(^-^)v 山頂の大パノラマは疲れ果てた体を一気に回復させてくれましたよ('-^*)/そしてあの長んが〜い滑走距離p(^-^)qたまりませんでした!また来年も行きたいッス(*^-^)b
タカハシ
2007/05/01 17:58
鳥海山、オソルベシ!まさに苦行!!
STONE RIVER
2007/05/01 18:00
来年は雪上車の事も調べとかんと。双眼鏡で見た限りはかなり高い所まで運んでいたようだ。
しかも猿倉口からだから滑走距離も更に長いしなー。
ちば
2007/05/01 18:05
お疲れ〜。
8合目までは楽勝ムードだったんだけどね〜。あの風がくせもんだったね。
俺的には、もう少し体力(足回りの筋肉)を強化しないと、長〜い滑走も苦行になりそうです。
おやじ
2007/05/01 22:22
そんでも今回は足つり無しですね。やっぱトラバースが効くのだべね。
ちば
2007/05/02 01:20
お疲れさまです。去年、確か8合目位までしか行けなかったのでうらやますぃ〜です。
年に一回は苦行を!素晴らしいお言葉です・・
どみ
2007/05/02 10:24
8合目だと大雪路ですね。ここから先が鳥海の本領発揮、皆死にます。
ちば
2007/05/02 10:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    鳥海日報(祓川より七高山へ) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる