裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏夏油日報(春の表層祭りその2、ツボ足ロングツアー編)

<<   作成日時 : 2007/04/03 18:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

画像

ドームでストーンリバーさんと合流した筆者はとりあえず一休み、そろそろ雪も滑らなくなる時間なので久しぶりにロングツアールートのマイナス4観光を提案、スノーシューの持ち合わせがなかったので久しぶりにツボ足行脚となる事が決定し一ゴン乗車。
頂上台地に上がると霧氷が取れ始めており雪質の悪化を示唆している。
とりあえずスタート地点でストーンリバーさんと雪庇撮影したが筆者が雪庇位置に誘導しきれずボツ企画に。その後連絡路、マイナス林間と滑りは良かったがマイナス3稜線にて遂にブレーキングスノーに捕まる。
画像
筆者とストーンリバーさんはストラクチャーが割と深いからか板のコントロールを失う程では無かったがほとんどストラクチャーが入って無いように見える黒沢君のゲンテンはビタッ!と張り付いて見るも恐ろしい状況........。ツリーの狭い所はかなり厳しいかったはずだがとりあえず観光名所であるマイナス5スタート地点を経由してマイナス3雪庇群に到達。休む事無くそのままマイナス4スタート地点へツボ足ハイクしながら観光。ほどなくマイナス4スタート地点に到達し休憩。秘境ならではの静けさを楽しみ、しばししてマイナス4稜線を滑走開始。
画像
とりあえず北斜面のオープンを滑り繋いでみるとなかなか良い滑りの雪だったがやはり超低速の表層雪崩が発生、
画像
またもや滑走面台無しだったので二番手のストーンリバーさんを荒れて無いフェイスに誘導したところクラックがあったらしく大騒ぎ、なんとか回避してオープンフェイスを滑走すると背後からの超低速表層雪崩が筆者の雪崩のデブリと合体!超巨大超低速雪崩となって筆者の脇を川のように流れていく.......。いくら超低速でもこれに当たったら押し流されそうだ.......などと思っていると黒沢君がスタート、先行の二人と違い全く板が走らず発生した表層雪崩より僅かに早い程度か?まあなんとか逃げ切りトラバースしてワイドボウルに到着。筆者以外は初見なので板を外して斜面をインスペクション。雪質が保持されていそうな北斜面方面からの侵入を画策しとりあえず南側雪庇群から筆者がドロップイン、雪はべったりだったがそれなりの滑走感でまあいいか?後続は筆者が発生させた超低速表層雪崩に大喜び?
その後ストーンリバーさんもネバネバ表層雪崩ライド(関連裏夏油動画)をメイクし最後の黒沢君となったが
画像
黒沢君の板の走らなさ最高値に達しており超低速雪崩と同じ早さ?なんとか雪崩より早くボトムに降り立ち難を逃れ、一行は夏油温泉線へ滑り降りた。
画像
夏油温泉線にはスキーのラッセル跡がありその上を歩けばツボ足でも全く沈まなかったがハイクバックルートの杉山にかかると膝下のラッセルになり結構難儀。それでも稜線の展望地にかかるとほとんど沈まなくなり楽々観光トレッキングに移行。14時20分頃にA1に合流、ドームに帰還し活動終了。帰宅の途につくのでした。
トップ写真はハイクバックルート展望地よりマイナス系全景。
まん丸山もクラック酷いー。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
裏ツアーもそろそろ終わりが見えてきたよーですねぇ。今季中の鷲ヶ森、雪庇斜面、S字前等のリベンジは来季持ち越しかな。今日は栗駒探索日和ですかね。
F2ライダー
2007/04/04 08:01
裏は沢抜けが早くて今季はもう終了でしょう。去年は4月10日過ぎてもパウダーライドしてたのにー.......。
とりあえず今日は栗駒行ってみますよ。
ちば
2007/04/04 08:20
ちばさん、そして皆さん、今シーズンもありがとうございました。残りのシーズンは、ゲレンデで不整地の練習に励みます。
来シーズンこそ、ベストライドをたたき出したいなと思う今日この頃です。
JO
2007/04/04 09:58
まだ夏油にも自分は出没してみますよー
色々やり残しもあるので
ちば
2007/04/04 10:24
なんか夏油は雪降っているらしいですよ。
JO
2007/04/04 14:23
栗駒も山頂直下で猛吹雪になりホワイトアウトで終了。
雪は走りが最後まで続いて良かったですね
ちば
2007/04/04 14:54
今朝はドゾウ沢もピカピカ見えたのに山の天気は読めないっすね。
JOさん バックパックに負けない滑りが出来るようお互い頑張りましょう(笑)
F2ライダー
2007/04/04 16:07
今回は前回より視界が開けるのが早くて結構楽しめました。
レストハウスの屋根にスラッシュかましたりとか。

バックパックは慣れの他に軽量化とかパッキング時の重心などでかなり楽になりますー。
ちば
2007/04/04 16:29
F2ライダーさん:
 バックバック・・・バランスが崩れるのと、歩いているとき本当足に来ますよね。来シーズンまで、もっと鍛えないとなぁ。
JO
2007/04/04 16:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    裏夏油日報(春の表層祭りその2、ツボ足ロングツアー編) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる