裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 栗駒日報(イワカガミ平ゲートオープン!)

<<   作成日時 : 2007/04/20 18:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
今日はイワカガミ平線ゲートが10時に開くと言うことで8時50分に自宅を発、途中道路工事で足止めを食いながらもなんとか9時40分に憩いの村着。ゲート前にはどこから情報を掴んだのか5台ほどの民間車。先頭に道路管理維持車がおりゲート前で簡単なセレモニーをやる模様。筆者も車を降りチョイと神事に参加、その後ほどなく10時になり遂にゲートオープン、
画像
車列は順調に高度を上げたが一番高い雪の壁に来た所何故か先頭の道路管理維持車が停止、どうも観光ガイドもつとめているらしい.......。
画像
一番高い雪壁で写真撮影をすました一行はほどなくイワカガミ平駐車場に到着、時間は10時10分、歩くと40分位かかるのにねー。
そそくさと準備をしフィーゲル履いて10時20分にイワカガミ平を出発。雪は昨日と打って変わってシャクシャクの春雪。滑りがいいかどうかはわからなかったが途中ですれ違った山スキーの夫婦は板が走ってるように見えた、ゲートオープンするのを知らなくて憩いの村から登って来た模様、情報が無いと憤慨気味だ。
画像
その後、標高1500メーター付近で小休憩し今日はどこ滑るか思案。結果山頂から少し西にあるシュートを攻めるべか?となりハイク再開。
画像
11時20分に山頂に入り須川温泉などを眺めながら山頂を西に進む。するといつものごとく威圧的な栗駒山頂シュート(名称不明)が現れ筆者を少し萎縮させた。
画像
雪庇にある程度近づいて滑走ラインを探るが凄いスティープさだ!クリフバンドもあるし転けたら死んでもおかしくは無い。とりあえず最も安全そうな滑走ラインを策定し、シュート西端の小ピークより稜線で助走、シュート中央付近の雪庇からエアインしてみる。着地した瞬間そのスティープさが感じとれたが新雪がやや張り付いて少し無念.....。
画像
御室まで滑る気は毛頭無いのでクリフ越えた辺りから山頂南斜面をロングトラバース、東斜面に出たがそのまま滑るのはもったいないので1500メーター付近まで登り返してみる。1500メーター付近に辿り着き東斜面を見ながら休憩していると新湯沢源頭付近から東栗駒斜面にハイクして接続可能な感じ。そんではとりあえず行ってみるべかと東斜面を新湯沢源頭に向けて攻撃開始。東斜面は昨日と違いシャリシャリでイイ感じ。
画像
ロングターンでぶっ飛ばし新湯沢源頭に到達。フィーゲルに履き替え東栗駒のブッシュ帯をハイクアップし東栗駒斜面ピークに接続。
画像
昨日は走りの良かった斜面故かなり期待してドロップインしたが新雪、古雪どちらも滑らず死亡。
画像
イワカガミ平近くの新湯沢を滑って渡り駐車場に12時に
帰還、のんびり昼食を採りイワカガミ平を後にするのでした。
トップ写真はゲート開きを待つ人々。
しかしイワカガミ平からのハイクは楽だ.........。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
開通万歳\(^_^)/ これで山頂までなんとか行けそうです(*^-^)b でも行く頃まで雪あるかなぁ(^_^;)
タカハシ
2007/04/20 21:24
GW前半なら持ちそうな気がするなー。
今日の開通の模様は東北放送で流されたみたいです。
ちば
2007/04/20 23:59
聞きましたよ〜。おめでとー。
おやじ
2007/04/21 21:19
話の伝わりが早いですなー
ちば
2007/04/21 23:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    栗駒日報(イワカガミ平ゲートオープン!) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる