裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 参考資料、先シーズンの鷲ヶ森ツアー

<<   作成日時 : 2007/03/01 16:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
前回のルート調査に比べて天地の差がある今回のツアー。参加者はハードアタッカー改めボーンクラッシャーさんとカズアキ君。参加予定だったストーンリバーさんは時間までに来れず参加見送り。
とりあえず1ゴンに乗ったのが10時半。横岳山頂で11時丁度。そして横岳から丸子峠へ一気に滑りこんで行く。一回登りを挟み丸子峠到着11時20分。
丸子峠からの登りで一番気をつけたいのはクラック帯なのだが今年は異常に激しいようだ。ボードを橋がわりにしたりしてクラック帯を無事抜ける。
その後最後の難関であるアイス帯を慎重に抜け12時30分頃山頂到着。
画像
景色はいいがチト寒いので昼食をここでは取らずライディングの準備へ。
前回の調査で北側のフェィスは滑走不能とわかった為、フェィス中央からの滑走となった。ファーストトラックは写真撮影の為に筆者がもらったのだが物凄い斜度と微妙なパウダーにより気が狂わんばかりの滑走感である。叫びっぱなし。
画像
そして二番手にボーンクラッシャーさんが来た。やはり叫びっぱなし。最後尾のカズアキ君も叫びっぱなし。
あまりに良いので登り返すかと言う案がでるが帰りの体力が心配になりナクナク撤収開始。
画像
撤収を開始し一路丸子峠へと思ったが見晴らしの良い稜線でランチタイム、大休憩とする。筆者は相変わらずカップラーメンである。
その後13時50分頃丸子峠に到着し最後の登りに取り掛かる。三つ山を登らなければイケないのがなんとも…。
再び横岳山頂に立ったのは14時30分。皆安堵。コースに戻り人の多さと固さに驚く。14時50分ドームに帰還した。
トップ写真は鷲ヶ森をバックにボーンクラッシャーさんとカズアキ君。良い雪だった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
俺はいつか復活する。
来シーズン辺りに。
凄いぞ俺の脳内妄想は!
板一式買い、ブーツも買い
全部揃えた時参戦する。
山は逃げん。待っとれ!



ボーンクラッシャー
2007/03/03 02:15
来季は多雪か?
ちば
2007/03/03 03:13
復活祭をぜひ盛大に開催しましょうヾ(。◕ฺ∀◕ฺ)ノ♫♬ オレはボーンクラッシャーさんにあこがれてアルペン一式買ったんですから.。;・+ヾ(♥◕ฺ∀◕ฺ)ノ゚:。・+
タカハシ
2007/03/03 07:54
↑顔文字入れたら文字化けしてしまいました・・・・
タカハシ
2007/03/03 07:55
未対応なんだろう。
復活祭は鷲ヶ森大斜面しかないな。
ちば
2007/03/03 08:14
今日はなかなかガスってるっぽいですね(>_<)
タカハシ
2007/03/03 08:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    参考資料、先シーズンの鷲ヶ森ツアー 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる