裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏夏油日報(ストームチェイサーその2編)

<<   作成日時 : 2007/03/24 17:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
アップ滑走を済ませドームに帰還するとkimさんは帰宅体制。単独となった筆者はどこ滑るか迷ったがロングルートのAマイナス4に決定。一ゴンに乗車しふとA3.5?辺りを見ると北面にクラック、いつもの場所だがちょいと寂しい気持ち、春なんですねー。
画像
などと思いながら頂上台地に上がるとさっきより激しい寒さとホワイトアウト、真冬です!
準備をして連絡路に滑り込むと前のラインは消えかかっており夏油マジックの凄まじさを感じる。
画像
マイナス林間もほぼ面ツルで快適滑走、そのままマイナス3への稜線に滑り込むとパックされた新雪でとても軽快。
画像
稜線を順調に滑り抜け最鞍部雪庇群に到達した筆者は
画像
フィーゲルに履き替えマイナス4スタート地点までフィーゲルウォーク。程なくスタート地点に達した筆者はしばし周辺観光を楽しむ。
画像
送電線下は結構長い距離滑れて楽しいが今日は止めよう......。
画像
周辺観光を終え準備をし少々のオープンフェイスを滑っていくと知らぬ間に北斜面のオープンフェイスに接続。通常は稜線をダウンヒルするマイナス4であるが今日は北斜面を滑ってトラバースで稜線に再び接続してみた。
画像
そのまま稜線を滑り進むとマイナス4最後のお楽しみワイドボウルが現れたがさすがに今日はまくり雪の激しい攻撃にあって良くないよう。それでも北側は少しマシなようなので北側よりライドオン。滑走ラインが割と狭く広い斜面なのにショートターンする羽目になったが面白かったのでまあいいか?
画像
その後は夏油温泉線に繋がる杉林を慎重に滑走し車道に13時到着。休まずフィーゲルに履き替えサクサク前進。
画像
前回より使用の杉山ルートでハイクバックし13時30分A1最終コーナーに到着。
画像
一時ドームに帰還後、最後に一本S字バンク前をいただき滑走終了。
画像
久しぶりに夏油高原温泉のゲートをくぐるのでした。
トップ写真はマイナス4スタート地点より夏油ボウル方面。良い雪でした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
雨……雨上がりのザラメだと快適な事もあるんだが…。
カズアキ
2007/03/25 00:31
さすがに気温高すぎるなー。やっぱり月曜日が良さそうだ。
ちば
2007/03/25 01:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    裏夏油日報(ストームチェイサーその2編) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる