裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏夏油日報(Aマイナス2ツアーいい天気編)

<<   作成日時 : 2007/02/17 19:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
今日は冬晴れの中一関を8時50分発。昨日までの雪降りでかなりの悪路を予想したが路面に雪はあまり無く10時に駐車場着。
画像
準備をしてドームにたどり着くとタカハシ君、ストーンリバーさん、カンノ君などのなどの週末キャラに発見されコースにパフりが無い事、大会によりコース規制が激しい事、菊池さん休み等の情報を得る。
その後カズアキ君がC6から帰還したので状況を聞いてみたがあまり良くないとの事でツアー方面はマイナス系に決定、カズアキ君の回復を待ったが思ったよりお疲れだったので筆者、カンノ君、タカハシ君、ストーンリバーさんでパーティーを組みゴンドラ乗車、頂上台地にとりつきハイクしてみるとツボ足なのに全く沈まない。かなり風に叩かれたようで北側は完全にクラストしている、この感じだと多分鷲ヶ森までツボ足で行けるだろう。
画像
その後マイナス系のスタート地点で一休みし連絡路に滑り込む。連絡路はかなり滑りやすくなり今回は皆スムーズに通過。
その後マイナス林間に進むとスキーチームのラインを二本発見、なかなか裏競争率も上がってきたかな?
画像
とりあえずラインが重ならないようにしながらナカナカいい雪質のマイナス林間を滑り抜けマイナス2稜線に出ると期待していた程ブッシュが減っていなくガッカリ?まあ前回より全然マシなんですが..........。
画像
画像
それでも慎重に上部のブッシュを抜け進むと割とオープンになり快適。
その後雪庇斜面稜線に進みスキーチームがどこを滑ったか確認すると下部斜面を滑っているようなので上部斜面を選択し滑走準備。とりあえず筆者が最初の滑走者になり雪庇からドロップしたが雪崩させると後続に悪いのでソロソロとドロップイン、しかし強烈な斜度と北斜面特有の軽パウにより発狂、一気に滑り切りボトム対岸で後続を待つ。二番手はカンノ君が来たが(関連裏夏油動画)これも発狂系のキレた滑りを見せ三番手のタカハシ君も期待させたが少々ウィンタースティックパワーに負けていたようだ。(関連裏夏油動画)
画像
画像
画像
画像
最後尾スタートとなったストーンリバーさんはかなりキレた滑りを見せ雪煙を撒き散らしていた。
画像
その後小雪庇でセッション後ハイクバックルートに入り、A1に合流。パーク流しつつ一時ドームに帰還した。
トップ写真は小雪庇でのカンノスラッシュ。
天気良すぎて顔痛し..........。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
今日もありがとうございました。凸を下りるにつれ気圧の関係?で痛みが増し家に着いた頃には左足首はゾウの足首のようになってました(T_T)とりあえずアイシングしてますが…今日のコンディションではウインタースティックの出る幕ではないことだけは実証されました(^_^;)
タカハシ
2007/02/17 20:09
まさに板に操られた滑り!
使い所の難しい板だな.......。
ちば
2007/02/18 00:56
あのウインタースティックは目立ちましたよ。
やっぱりパウダー気持ち良し!!
stone river
2007/02/20 21:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    裏夏油日報(Aマイナス2ツアーいい天気編) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる