裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏夏油日報(Aマイナス3ガイドツアー)

<<   作成日時 : 2007/02/12 17:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

画像
マイナス2ツアーからドームに帰還した一行はとりあえず昼食を採り次の行動について談議。あまりの混雑を見せるコースは捨ててやはりマイナス系を攻めようと話しているとストーンリバーさんが合流。ルートは観光と調査を兼ねて今季未踏のAマイナス3と決定。初心者講習のため菊池さんが離れ子守の為タカハシ君が離脱。代わりにストーンリバーさんとJOさんが参加となり一ゴンに乗車。
画像
再び頂上台地にとりつきスタート地点で一休みした後、連絡路を通過しマイナス林間の尾根ラインを通過、ルートマイナス3スタート地点に至った。ここから先は未踏査の為慎重に行くはずだったが思わぬ粉の感触にブレーキが外れかかる。
画像
なんとか自分を殺し慎重に滑り続け途中一回小休憩。その後雪付きが浅くなりカリカリでカズアキ君のエッジホールドが外れ大木にアタックしてしまったがバックパックによってなんとかセーフ。
画像
その後隠れクレバスを回避したりしながら夏油で最大規模の雪庇稜線に到達。板を外ししばし周辺観光や滑走ライン、夏油温泉キャンプ場へのルートであるマイナス5系のオープンフェイスなどを眺めて楽しむ。
画像
その後滑走準備に取りかかり、マイナス3滑走の肝である巨大雪庇からのエアはランディングの堅さから却下。雪庇終了地点の小雪庇からスタートしトラバース気味に滑走、夏油ボウル終点に合流する事とした。とりあえず筆者がリードの為ファーストラインを取る。少々固いベースの上に5センチ程の粉、今日のスキー場コンディションを考えたらこれはおそらくベストな滑走に違いない、デブリさえ避ければ上々の滑り心地。オープンフェイスを滑りきり夏油ボウル終点への連絡路で後続を待つがなかなか来ない、やはり見た目のスティープ感と微妙な出のブッシュがネックなようだ。
画像
しばらく待つと意を決したストーンリバーさんが小雪庇からエアインスタート。その後JOさん→キタミネ氏→カズアキ君の順で滑走、見た目より実際はハードでなかったようで皆充分楽しんだようだ。
その後夏油ボウル終点へのルートを滑走、ここがフワフワで楽しかったがこの頃から雪降りが激化し視界不良で谷地形がよく分からなくなり筆者が「谷地形が分かりづらいから慎重」になどと言っているとイキナリ谷地形に叩き落ちる筆者.......。後続はかなり驚いたらしく「大丈夫かー?」の大合唱だった.......。「大丈夫じゃないです」と筆者........。
その後体勢を建て直し安全なルートを指示して夏油ボウル終点に到着。一休み後ハイクバックルートへ滑走して向かう。途上の雪庇が発達してきたためエア大会を企画するが
画像
気合いの入りすぎたストーンリバーさんが何故か頭からランディングに刺さっていた.....。本当にこう言うのに縁がある人だ。
画像
その後皆無事に雪庇を越えハイクバックルートに至り
画像
A1に滑り込みドームに帰還、これにて今日のツアーは終了となり筆者は夏油高原温泉泊まりで明日のパウダーチャンスを待ちわびるのでした。
トップ写真はAマイナス3オープンフェイスでのカズアキ君。頭はJOさん。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
ゲレンデを思えばいい雪でしたねぇ!ストーンリバーさん・・・ナイスショットですw
カズアキ
2007/02/12 19:37
ついに裏夏油大賞の筆頭になってきましたね.........。
ちば
2007/02/12 20:11
裏夏油大賞筆頭…いや決定では?あの映像は奇跡ですって。携帯に保存しちゃいました(^^)/

昨日は初ルートに怖さ3割楽しさ6割疲れ1割…そして首が痛いです。昨日のバックドロップだな…きっと。
キタミネ
2007/02/12 21:30
うう.....
決定なのか?
ちば
2007/02/12 21:36
なぜかネタの宝庫です。まだシーズン半ば(雪少ないけど)。これからもネタ出していきます!!
stone river
2007/02/12 21:39
実はすごい体験の宝庫かも?
いわかがみ平のレストハウス屋根に立ってる写真なんかも実は命がけ。
ちば
2007/02/12 21:43
常に写真を意識して滑らないとね。(笑)
JO
2007/02/12 21:53
そう言うのはボーンクラッシャーさんが得意なんですよー。必ず真ん中に収まんの。
ちば
2007/02/12 21:56
いわかがみ平の件、本当に命がけ。栗駒にも何かがひそんでいる。
stone river
2007/02/12 21:58
あれは風強かったけど月山金姥の方がヤバかった。風で死にそうになったのは初めてだった。
ちば
2007/02/12 22:04
すごい強風でボードと踊っている人、初めて目撃してしまいました。一歩踏み出すのも大変でした。そして滑落。
stone river
2007/02/12 22:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    裏夏油日報(Aマイナス3ガイドツアー) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる