裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏夏油日報(三月のような雪質です.....)

<<   作成日時 : 2007/02/11 06:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像

昨日は8時50分に一関を発。昨日に引き続き小雨のパラつく天気だったが平泉からは雪に変わり少々の期待を起こさせた。しかしその後胆沢に入ると急に晴れ出し気温が上昇、なんじゃ?この天気は?
その後温泉線からスキー場への道に入るとC8フェイスが全層雪崩!この時期にこんな事になるのは初めて見た。駐車場に着くと三連休初日の割には混んで無く割と前列に駐車。
駐車場係のおんちゃんと会話しながらイソイソとドームに上がると菊池さん、ミホちゃんなどと合流。コースがシャバ雪な事、しかし新雪である事などの報告を受ける。とりあえず11時のストーンリバーさん合流時間までB1を二本回す事にしニゴンに乗車。滑り出し口には団体さんが多数おり集団滑走を仕掛ける為なかなか危険な状況だ。慎重に滑りニゴン乗り場に戻るとカズアキ君、JOさんなどと合流しニゴンにギュウギュウ詰めで乗車。
画像
もう一度B1を滑り菊池さんの側転転倒を見つつドームに帰還するとストーンリバーさんが合流。とりあえずマイナスやるべと言う事で一ゴン乗車、頂上台地へ筆者、菊池さん、ストーンリバーさんのパーティーでとりつく。
画像
頂上台地からは筆者→ストーンリバーさん→菊池さんの順で滑走、すっかり霧氷の落ちたブナの連絡路を抜けマイナス林間に到達。
画像
夜間の降雪が割とあったのか昨日のラインは消えていて滑走は快適だったが途中殿の菊池さんを待つと今日初使用であるポールのラッセルリングが片方無くなっている?
画像
これには菊池さんも驚いていたが次回に探す事にして滑走続行。
画像
マイナス2稜線にてブッシュでスラロームしつつ雪庇斜面に向かう。ここらあたりから前日のラインが目立つようになったため昨日滑走した下部雪庇斜面は捨てて手つかずの上部を選択。
画像
とりあえず筆者→ストーンリバーさん→菊池さんの順で滑ったが滑る度にデブリが激しく出る雪質で菊池さんはデブリの海を滑る事になってしまった.......。
その後スパインキッカーを飛びながらハイクバックルートに滑り込み大休憩をとっていると、にわかに雪降りが強くなり菊池さんが「先っぽ見つかんなくなるー!」と言うことで休憩を切り上げ急いでA1に合流、再び一ゴンで頂上台地に上がりマイナス林間に滑り込むとスタート直後で先っぽを発見し
画像
事なきを得たがこの後はストーンリバーさんがマイナス2稜線で骨盤をツリーにヒットさせたり(怪我無し)下部雪庇斜面で菊池さんが何故かツリーに向かってきたり(未遂)ハイクバックルートでストーンリバーさんがスノーホールに落ちたり(無傷)と危険がいっはいだった。(関連動画http://e.pic.to/8eig6)
危険を乗り越え一時ドームに帰還昼食を採っているとカズアキ君、俊爺さん、JOさんらと再び合流。カズアキ君にC6の状態を聞くとまだラインが開いてるようなので昼食後6人でC6滑走のためニゴンに乗車。C4からC6に連絡する最中菊池さんが「これが例の木だ!」カズアキ君が「多分これだ....」と大木を相手に話していた......。大木恐るべし。
その後C6スタート地点に着いたが谷筋は前日のラインが多かったので筆者はC6C7境界の尾根を推奨。みんな移動してきて筆者がファーストラインを切ったがパウダーバンクに当て込み気味にターンしようした瞬間、驚異の張り付き雪で板がバンクに沿わずそのまま突き刺さり爆死、三月末の雪のようだ........。
画像
それを見た後続は一斉に最初の地点に戻って行き谷筋上の尾根を滑走、その後トラバースしてC4に戻りクワッドに乗ろうとしたらクワッド故障で運休。しょうがないのでキャットにギュウギュウ詰めになりながらニゴンに運んでもらい激混みのB1を集団滑走。その後一ゴンに戻り最後にマイナスやって締めようと思ったが皆疲労の色が濃いので取りやめ、A4林間滑る事になり林間をどこまで行けるか大会の様相を呈したが途中でA7(外人ルート)ツアーに化けルートを唯一記憶している菊池さんのリードのもと外人ルートを滑走、かなり雪付きが良く結果的に外人ルートが今日一番の滑走感となった。滑走終了点からトラバースしつつA4に連絡するのは無理だったが少々ハイクアップして板を装着しA4に脱出。なんか菊池さんの姿が無いなと思ったらトラ
バースラインに沢の段差がありブッササリ状態。菊池さんは汗だくになりながら沢を乗り越えたが息も絶え絶え。その後皆ドームに帰還し今日の滑走を終了、談議モードに入るのでした。
写真はスノーホールに落っこちるストーンリバーさん。最近こう言うの縁があるね.........。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
あの大木には触れてはならん。
もはや御神木に昇格した。
あとで飾りを付けに行く。
ボーンクラッシャー
2007/02/11 10:22
神社建てよう。
ちば
2007/02/11 18:10
裏夏油には何かがひそんでいるのか。
stone river
2007/02/12 21:42
ものスゴい者がいるのはたしかです。
菊池さんとか
ちば
2007/02/12 21:47
いやstone riverさんに何かがついているとしか思えない。(笑)
JO
2007/02/12 21:50
そろそろ菊池師匠の雪庇ドロップの時期かな。
stone river
2007/02/12 22:02
今日の菊池さんも非常にナイスでしたよ。
JO
2007/02/12 22:05
ノーチェックで飛んだと思わせて実はチェックしていたとは.......。
その後の俺が最悪でした........。
ちば
2007/02/12 22:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    裏夏油日報(三月のような雪質です.....) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる