裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏夏油日報(C6ツアー編)

<<   作成日時 : 2007/02/04 09:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
試乗を終えドームに帰還するとストーンリバーさん到着前だったので焼きそば注文して腹にかきこむ。食べ終わった頃にストーンリバーさんが合流し裏行く?と言う話になったが筆者以外スノーシューの準備が無かったのでマイナス系は諦めライトな裏夏油C6を目指す。
とりあえずニゴンに乗車し頂上駅舎を降りるとさっきまでのガスがとれ良い天気。アップにCコースへの連絡路からB4?に滑り込んだが雪が軽く深く今日一番の滑走感。これはC6も最高なのでは?と思いながらクワッド乗車、C4雪庇を飛びながらC6入口に到着。以前よりずっと侵入しやすくなったがややラインはタイト。
画像
慎重にC6スタート地点にたどり着くと前回調査よりぐっとブッシュが減少、かなりマシになったようだ。とりあえず筆者がファーストラインとなったが滑ってみるとB4とは打って変わって風に叩かれたモナカ雪、重いが滑りにくい訳では無いので適当な所で停止して後続を待つ。
ストーンリバーさん→おやじさんの順で滑ったようだがオイシイ所手前でおやじさん停止しようとしてスタック!激しいジャグジー状態に陥り立ち上がるのに5分を要した。
画像
復帰後野獣のような呼吸音になったおやじさんはオイシイ所を無念のトラバース。
その後谷を滑って乗り越えC4へのトラバースラインに乗ったが少々下に出てしまい激重、激深(腿)をツボ足ラッセルで切り抜け再び滑り抜けようとしたがおやじさんがまたもスタックの刑にかかり死亡。俺の屍を越えていけ状態になったがとりあえず コースから近かったためなんとかツボ足でC4に合流、事なきを得た。その後はクワッドに乗りC2経由でニゴンに戻りゲン直しにB4を滑走。
画像
今度はストーンリバーさんが侵入口でビッグエアし過ぎて爆死したりしながらドームへ帰還。夏油高原温泉でスリーミーローラーDXダブルスをメイクするのでした。
トップ写真はB4で怒りを爆発させるおやじさん。
ジャグジー状態後はジャグジーに入ったが如く汗だくでありました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
だめだめ状態でしたね。
今度はリベンジしに行きます。
おやじ
2007/02/04 14:23
今度はスノーシュー持ってきといてくださいな。
ちば
2007/02/04 16:48
オッケー。履き方練習しないと…。
おやじ
2007/02/04 20:16
前回アタックよりかなりブッシュ減ってますね。いい感じ(^O^)おやじさん:ジャグジーでパウダーエステしたようですね。お肌ツルツルかな(笑)
F2ライダー
2007/02/04 21:08
おやじさん、久しぶりのセッション楽しかったね。また機会が合ったらぜひ。
STONE RIVER
2007/02/06 14:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    裏夏油日報(C6ツアー編) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる