裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏夏油日報(マイナス林間からマイナス2へ)

<<   作成日時 : 2007/01/22 19:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
丸子峠調査を終え12時40分にドームに帰還するとすでに全員集結。とりあえずA0滑りながらマイナスルートを伺う事になり一ゴン乗車。その後A0の上部から侵入すると雪がサンクラスト寸前の雪で激重!八幡平の雪崩から生還したばかりのカズアキ君はテンションが低いのか転倒を繰り返し菊池さんに珍しがられていた。
激重の雪をかき分けA0中盤にさしかかると滑走ラインが多くかなり滑りづらい。途中で停止し皆でマイナス方面を観察しているとS字バンク手前に三人ほどの人影?菊池さんが呼びかけたところハイクしてコースに戻るとの事。沢がまだ埋まってないのだろう。
観察してみた結果、沢を避けて稜線沿いのマイナス2を行けば何とかイケるかも?となり早速ベースに帰還。筆者、ストーンリバーさん、黒沢君、カズアキ君、菊池さんで調査隊が組まれ、一ゴン乗車。頂上台地にとりつきマイナス方面に滑り込むとイキナリ雪が激軽!かなり期待させるスタートだが滑りつなぐ事は出来ず少しハイクした後マイナス林間に突入。
画像
ここも異常に雪が良く雪崩で精神的ショックを受けていたカズアキ君が復活。他の方々もかなりハイテンションな滑走をしていたがマイナス林間を抜けマイナス2稜線に入るとブッシュが激しくなり慎重な滑走に切り替え。
画像
ラインはたまに木の葉も交えなければならないほどだったが松の木下からはオープンフェイスでなかなか快適。その後雪庇稜線にさしかかるとまたもやブッシュが激しく滑走ラインが複雑。ナントカ滑り抜け一枚目の北斜面に到達。ここから先はブッシュが激しく進めそうに無いためここにドロップする事を決定。
とりあえず筆者がファーストラインとなるドロップイン。ここの雪庇からのドロップインはとても心地良いが今回も裏切り無し。雪質もおそらく夏油では最上の軽さの斜面であるここは裏切らない、スプレーバシバシ!
谷に近づくと沢が一部ガッポリ開いているのが見え一時停止。その後ラインを見極め対岸に滑り込み後続にOKサインを出す。
画像
画像
画像
二番手に来たカズアキ君はエアドロップ後のブッシュに接触して三回転したが怪我なく復帰、転倒の怒りからか激しい滑りを見せていた。その後ストーンリバーさん(写真無し)
画像
黒沢君、
画像
菊池さんの順で滑走、皆大満足のようだったがここより先はまだ滑走ラインが取れず板を外しハイクバックルートまでハイク?する事になり南斜面をショートカット。再び板を履いてハイクバックルート手前の沢筋に滑り込みしばし休憩。沢筋は相変わらず段差が激しく滑り込んで対岸には上がれないので上流に迂回して突破。
画像
送電線下にて大休憩した後A1へ合流、調査は終了となった。
トップ写真はマイナス林間でいい気分の菊池さん。
参加メンバーはご苦労様でした。積雪があと1メートルは必要なようですね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
今期初のマイナス、お疲れ様でした。予想以上に雪が足りなかったなぁ…。気持ちが↓だとダメですね、散々な滑りだったw
カズアキ
2007/01/22 22:33
ケンさんの日記見たけどあれはかなりマズい状況やね。うーん........。
ちば
2007/01/22 22:41
奇跡です…としか言いようがない…
カズアキ
2007/01/22 23:28
1/20はすごい経験してしまいました!
こんな風にコメントできる事に感謝です。
しかし、この日は何処も不安定な状況だったみたいですね。
そちらのパーティも大事にいたらなくて良かったです。
ken
2007/01/23 14:03
うちらもだいぶ焦ったけど埋没とは比べもんにならないかも
ちば
2007/01/23 14:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    裏夏油日報(マイナス林間からマイナス2へ) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる