裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 第二次栗駒調査(栗駒に轟く絶叫編)

<<   作成日時 : 2007/01/05 19:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
今日は9時10分に一関を発、あまりに栗駒がクッキリ見える為、
画像
夏油ではなく栗駒の憩いの村を目指す。車道には行けども行けども雪が無い、
画像
耕英開拓地に入っても雪道にはならず結局憩いの村まで雪道らしい雪道には当たらなかった。去年とはエライ違いだ......。
憩いの村には10時10分に到着し10時20分ハイク開始。正月休みの間はかなりの人が入山したらしく、いわかがみ平への車道はラッセルだらけ、
画像
なかなか楽々ハイクとなったが最初の難所、直登ショートカットルートに入ると突如として体が燃え出す。汗かき過ぎると危険なのでここはかなりゆっくり突破、その後はブッシュをかき分けながらショートカットしてるラッセルを辿り、
画像
10時10分頃にいわかがみ平に到達したがこの時期にこんなに雪が少ない、いわかがみ平は初めて見たかも知れない。
画像
避難小屋のドアが開けっ放しになってたのにも少々驚く。マナー違反と言うか雪が入ってきてしまうだろうに。
いわかがみ平から山頂まではまだ新湯沢が埋まっていない為中央ルートを使ってみたが次第に新湯沢方面探検になっていき最終的にはいつもと変わらぬ新湯沢源頭付近に合流。
画像
そこから直登気味にハイクし山頂直下のオープンフェィスに13時丁度に到達。かなりブッシュの間をウロウロした為ここまで来るのに2時間40分も費やしていた。今までで一番時間かかってるような気もする......。
そこから少々登ると雪面が氷化し始めあまりスノーシューは意味をなさなくなったので回収しアイゼンに切り替えハイクを続行。
画像
途中南斜面に入り込んでみると割と柔らかく滑走に適した感じ、これは滑らにゃならんと意気ごんでズンズンハイク。結果山頂到着は13時30分。
画像
山頂からは鳥海山が綺麗に見えていてかなりの満足感。
画像
20分程山頂観光を楽しみ13時50分に滑走準備開始。のぞき込んで見る栗駒南斜面御沢フェィスはかなりの斜度で危険な感じがプンプンする。一応パックの状態はチェックして大丈夫と判断したが雪崩ればかなりの規模の雪崩が背後から襲って来る事になる。
とりあえずライン取りと東斜面へのトラバースルートの確認を何度か繰り返し、慎重にドロップインすると頭の中は真っ白になり久しぶりにどこかにトリップ、口からは何故か雄叫びがあがっている、絶叫だ。トラバースルートに近づいた所で振り返り御沢フェィスを見るとクッキリ自分のラインが残っており最高の満足感!
その後東斜面に入るとなかなか雪が柔らいトコもあってかなり快適。
画像
東斜面から中央ルート方面にブッシュをかき分けながらトラバースしていくと知らないうちに中央ルート登山道に合流?
画像
いわかがみ平まで登山道を滑って帰ったが緩いうえに狭く、ラインも入りまくってるためかなり後ろ足が痛くなった。所々に巨岩があるのも恐ろしい。
いわかがみ平到着後はまるでピステのような車道を滑走。所々にパウダーバンクや写真のようなアイテムもありなかなか楽しい。
画像
基本的に緩斜面だがスピードのノリが良いので登山道のような苦痛は無い。ガンガン飛ばしたが車道の距離はかなり長く憩いの村に帰還したのは14時30分、40分の滑走はかなり長く感じた。
トップ写真は栗駒御沢フェィス滑走後。
おもせがったよー!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
俺も真湯に浸かりに行った
が須川が綺麗で立ち止まり
写真を撮ってしまった。
ボーンクラッシャー
2007/01/06 05:58
むっ?昨日も休みだったのか?
御沢は最高だった。鷲ヶ森と同じ位の斜度でグリップする雪面。
しかし今日の寒波は不安定でふがいないな。
ちば
2007/01/06 06:08
昨日は気持ち良さそう…今日は雨か雪か?
カズアキ
2007/01/06 07:28
昨日は山に入ってたの俺一人のようで栗駒独占と言った感じでした。(ほんの一部しか滑ってないんだけど)
なんとなく今の時期なら御沢フェィスから中央登山道に抜けれそうな感じでしたー。
ちば
2007/01/06 08:22
イキタシ。おずげよこせ。ぷんぷん。
we
2007/01/07 08:52
今の状態じゃ悪天候の時の滑走ルートが取れなくてちょいと考え物だ。
もうちょっと調査が必要だなおずかいだすには。
ちば
2007/01/07 09:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    第二次栗駒調査(栗駒に轟く絶叫編) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる