裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS 栗駒日報その4(帰還編)

<<   作成日時 : 2006/09/05 09:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

御駒ヶ岳山頂付近で写真を撮りまくっているとすでに15時、下山を開始する。天狗平までの復路は何とも無かったが昭和湖までの下りはやはり手強かった。土止め階段の落差が結構あり足に疲労が溜まる。まあそんでも20分程で昭和湖に着き小休憩。その後は地獄谷→名残が原の復路を取り、名残が原手前で浴衣とタオル姿のおんちゃん達10数人とすれ違った。須川口ならではの光景だ。
そして16時見慣れた須川温泉に帰還。いつものごとく秋田県側の須川温泉、栗駒山荘で入浴。4時間の小旅行を締めくくった。
写真は栗駒山荘の浴室より。
鳥海は見えず。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
先日俺も、いわかがみ平から栗駒に登ってきました。久々の山で足がパンパン…下りはきつかった(^_^;)
紅葉の時期にまた行こうと思います。
カズアキ
2006/09/06 11:59
イワカガミ平から東栗駒コースをたどった山頂直下あたりが滑るのに適してるんだよなー。
そうそう御室の雪渓デカくないでしたか?
ちば
2006/09/06 14:30
あの雪渓はでかかったですねぇ〜。まさか栗駒にまだ雪があるとは(゚o゚)あれは毎年残ってるのかな?下山は東栗駒コースとも思ったですが、相方の足がやばかったんで止めました。東栗駒から春に滑ったドゾウ沢方面を見てみたかったが、また次回にです。
カズアキ
2006/09/06 14:53
御室雪渓はかなり遅くまで残るけどあんなに大きく残るのは久しぶりでは。
ドゾウ沢にも雪渓が2つばかり残ってます、こっちはもうすぐ消えそうですが。
ちば
2006/09/06 17:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    栗駒日報その4(帰還編) 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる