裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)

アクセスカウンタ

zoom RSS いわかがみ平ゲート本当にオープン!その2

<<   作成日時 : 2006/04/24 20:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

とりあえず雪原で一休みした後風を避ける為稜線沿いの最短ルートを取らず、山頂東斜面側に巻きながら登る。山頂東斜面に取り付くと風が収まりいい感じ。それでも山頂は荒れ狂ってるだろうなと思いながら山頂神社付近に到着。思っていたより風が弱く山頂観光を楽しむ。須川温泉の除雪の終了や秣岳の斜面なんかを確認した後登ってきた東斜面にドロップ。東斜面は稜線上を滑るとあまり良くないができる限りど真ん中を滑れば最高の滑走感を味わえる。今回もど真ん中をややトラバース気味に滑走。一人でかなり騒ぎながらすべりました。最高の滑走感!
その後ほどなく新湯沢に合流。ムリヤリトラバースして滑りつないだが合流点は板外して上がった方がいいみたいだ。その方が快適に滑れるような気がする。
合流点を過ぎると再び快適な滑走になり13時20分にいわかがみ平に到着。
写真は前回のツアー敗退地点付近から栗駒山頂と御駒ヶ岳。
新雪、黄砂面どちらも良く滑りとても満足できる滑りでした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱり痛み止めが必要みたいです( ̄▽ ̄)次に行く日取りが決まったら教えてくださいm(__)m
タカハシ
2006/04/25 13:02
とりあえず雨降らなければヤル予定で。
明日はやる気。
ちば
2006/04/25 13:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(on facebook) | 

編集後記


企画、ケー・ウェーブの過去を勝手にふり返る
はい、震災前のケー・ウェーブを勝手に動画でふり返ってみようと言うコーナーです。
動画は2009年のルーツスケートボードツアー
出演はカツ秋山、大森健太、鈴木茂一(敬称略)
古い動画で画質悪いですが震災前のケー・ウェーブの感じが懐かしいですね。
  • 裏夏油会報編集局
    (by mixi)

  • 裏夏油会報編集局
    (by youtube)
  • 裏夏油会報編集局
    (on twitter)
  • TweetsWind
    いわかがみ平ゲート本当にオープン!その2 裏夏油会報(パウダーとコンクリートを求めて)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる